TV-CM

今のTVのあり方を指して「TVはもうひとりの家族」という言葉があるらしいが、
阿呆らしいと思いつつも、居間に人がいる間ずっとTVはつけっぱなしである。

NHKの思い上がりや民放の低俗さについては、ここで論じるつもりはないし、
野球中継やモノローグしかネタのないFMラジオなどは言うに及ばずである。

話を元に戻すが、TVを見ていて不愉快に思うのは、何といってもCMである。
食事時に生理用品やゴキブリは見たくないし、深夜に墓や介護も不愉快だ。

そもそも秒単位でセリフもBGMも詰め込むCMは、UV値が高くて耳障りだし、
「この時間はこーゆー人が見てるでしょ」という決め付けが何ともいやらしい。

CMがスポンサーとの契約通りオンエアされているかをチェックする会社では、
CMの時だけ発生させている信号を利用しているという話を聞いたことがある。

できることなら、その信号を利用してCMの間だけ音量を下げられないものか。
ある局がCMの間だけ、CM中ではない他局をスキャンすることもできるだろう。

今のCMのあり方のまま、多チャンネル化や有料TV化を推し進めたところで、
番組の水準が上がるとも思えず、こんな「家族」は身内の恥でしかあるまい。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2004-09-09 10:59 | 喜怒哀楽


<< 武者修行(0^~^0) 彼岸花 >>