小さな家族 (^^_ 。・


7月に入るやいなや、庭の右近桜にイラガの幼虫の大群を発見。
写真は控えるが、葉の裏の縁に沿って行儀良く並んでいたのだ。

昨年と同じように、葉ごと密閉容器に入れて殺虫剤を噴霧する。
数日続けると姿を消したが、その間にも日々大きくなってゆく。

板屋楓にも被害は及び、殺虫剤を噴霧するかどうか迷っていた。
ようやく実った畑の作物に付着してしまうと厄介だからである。

ところが、イラガと同時に心強い味方が今年もやってきたのだ。
まだ身体は小さいものの見事にそっくり返って闘志満々である。

a0005487_133858.jpg

7月下旬からはゴーヤ・ミニトマト・オクラが食卓を賑わせて、
きのうから鷹の爪も仲間入りして、残る心配は枝豆だけである。

旧宅の決まった場所に産卵していたのを植木ごと連れてきたが、
猫屋敷の健康を支える小さな仲間、家族といってもいいだろう。

昨年の秋のこと、生まれてすぐ獲物が見つかるようにと考えて、
卵を探しては木のそばへ移したが、上手く行ったとは思えない。

しかし、きのう生け垣を剪定していて木のそばに卵を見つけた。
立派な卵から大量に孵った痕跡があり、実に心強い限りである。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2010-08-02 16:43 | 田舎暮らし


<< 食後の楽しみ (0^~^0) 姫ちゃんの夢 (^^_ 。・ >>