父帰る (^^_ 。・


「父帰る」は文藝春秋の創設者であり小説家として著名な菊池寛の戯曲ですが、
フジ系列で2008年にOAされた単発ドラマ「チチ、カエル」のほうが好きです。

が、そこは猫屋敷、単に「父」といえば5匹の仔猫たちのパパ、レオ君のこと。
どこかの飼い猫らしいのに、週に何度か雄叫びとともに見回りにやってきます。

この頃は、ロン毛パツキンをサッパリまとめ、しばらく姿を見ない時期もあり、
きっとどこかでモテてるんだろうなあ、と母猫マオに語り掛けたりしてました。

マオは、生まれながらの家猫でないせいか狂おしく外に出たくなる日があって、
ちょっと不憫に思い、月に1度ほど天気のいい日に自由にお散歩させています。

外に出てしばらくすると久しぶりにレオ君が「ガロオォン」とやってきました。
マオもまんざらでもないようで、久々の元夫婦(?)の再会とあいなりました。

a0005487_775869.jpg

匂いを交換したあと、ひとしきりウフフアハハな追いかけっこをして父は旅へ。
が、マオはレオ君を追おうとしません。戯曲と違ってリアル女心はクールです。

a0005487_782276.jpg

[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2010-09-11 08:15 | 猫たちのこと


<< うちのNo.1(0^~^0) 猛暑あとわずか (^^_ 。・ >>