来月はクリスマス

a0005487_15383934.jpg


月日の経つのは早いもので、来月はクリスマス、もう街は賑わい始めている。
猫屋敷では、まてちゃ 葡萄の蔓でリースを作り、聖夜を迎える習慣である。

その年に実をつけた葡萄の蔓だけに、12月に入ってやっと作業に入れるので、
毎年楽しみに待って下さる方へも、滑り込みセーフでお届けするのが精一杯。
全ての葉が枯れ落ちた蔓から鋏を入れないと、切り口から甘い水が滴り落ち、
そこから木が腐ってしまうので、慌しいのは百も承知で、師走まで我慢をする。

それだけ新鮮な蔓だけに、リースにすると香りが良くて、乾くにつれて音がする。
家に帰って暖房を点せば、ワインの香りや遠くかすかにはぜるような音とともに、
空気のゆらめきにのったオーナメントたちもわずかに踊って、楽しませてくれる。

今年の実は、天候と同様にバラつきが多く、ご近所にお分けできずに残念だが、
蔓のほうはリース作りのために、太いものから細いものまで、うまく揃ったので、
例年より多くのかたにお分けできそうである。もっとも まてちゃ 次第なのだが、
例年どおりであれば、送料は別途ご負担いただいて500円。いかがでしょうか?

いっぷく
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2004-11-07 15:40 | お祭り


<< クリスマスリースおわけします 少しは懲りたら? >>