ドン引き君

ねこまるさんのブログの「Oクン事件の覚書」がここ数日のマイ・ブームである。
次回の大事件を最後の数行で予告する、ねこまるさんの語り口にハマって、
読んでは続きを楽しみにするのだが、次回は次回でさらなる事件の予感が。。

どうにも興味深いのが、昔出会ったロクデナシと「Oクン」との類似点である。
不愉快な思いを余儀なくされたねこまるさんには大変申し訳なく思うのだが、
こういうログデナシはウヨウヨしている。こいつらを「ドン引き君」と名付けよう。


ドン引き君は、独りでいることが多く人懐っこそうなので、警戒を怠ってしまう。
独りでいる=友達がいない、人懐っこそう=下心を隠し慣れている、のである。

ドン引き君は、積極的にアプローチしてきて目に留めてもらおうと必死になる。
一般人はコレで心を許してしまうが、必死=異常なだけで頑張ってはいない。

ドン引き君は、好きな事には異常に詳しく、一瞬すごい奴だと錯覚してしまう。
プロでもないのに詳しい=異常なやり方で情報を入手する、ということである。

ドン引き君は、あなたとの関係を、他人の目の前で極端に誇張して自慢する。
普通なら大胆な告白に見えるが、俺の獲物に手を出すな、というPRである。

ドン引き君は、他の人の目の前でも臆することなくイニシアティブを発揮する。
頼りになりそうなどと思ってはいけない。獲物を巣に持ち帰る準備なのである。

ドン引き君は、ヒマな時いつも一緒にいて、常にあなたに話しかけて離さない。
携帯のメモリーをひとつづつ消すように、あなたを徐々に隔離するためである。

ドン引き君は、あなたより興味深い対象を発見すると、過去の記憶がなくなる。
今までの義理や付き合いという日本語を持たない彼らは、犬畜生未満である。

ドン引き君は、新しい対象にアプローチし始めると、あなたを蹴落としにかかる。
口笛のようにホラを吹いては、他人の目の前であなたを誹謗中傷しはじめる。

ドン引き君は、足が早い。ベスト・ポジションを奪取するためと、あとは逃げ足。
携帯解約から転職・引越し、偽装入院や自殺未遂まで、手慣れたものである。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2005-02-03 22:16 | 喜怒哀楽


<< ババ抜き 応援の心得(0^~^0) >>