西へ / 第7日め (1/2) (^^_ 。


鹿児島県に着いてから家々の生け垣や庭に見慣れない木が生えていました。
なにしろ無知なのでイチイなのかマキなのか見当もつかないまま。

市内から薩摩半島をクルマで南下して、南九州市の知覧町に来ました。
道の両側には例の木と石灯籠がずらり。イヌマキという木だそうです。

a0005487_13155536.jpg

「薩摩の小京都」と呼ばれるほど武家屋敷が数多く残る町なのですが、
武家屋敷は出水で見たから今回はパスだねー、ということで立ち寄ったのは。。

子供の頃に一度だけ親父と二人で来たことのある「知覧特攻平和会館」。
ガンコ親父の涙を初めて見た場所なので、供養も兼ねて来てみました。

a0005487_1316428.jpg

館内には、戦争当時の兵器や模型、軍服などが展示されているほか、
特攻隊員が身につけたものや家族への手紙や写真でいっぱいです。

「優秀なヤツほど早く死んで、残ったのはクズばっかりだ。」とか
「コイツもコイツとも仲がよかった。」と独り言のようにつぶやいてましたっけ。

a0005487_13161294.jpg

何かと鬱陶しい世の中ではありますが、戦争は人災の中でも最悪のもの、
絶対に誰にも引き金を引かせないでほしい、と改めて思ってしまいます。

辛気くさい いっぷく をよそに まてちゃ はというと、、、あーいたいた。
「ちょっと待って」とご執心なのは、、、、そーか、元プラモおたくだったっけ。

a0005487_13162161.jpg

さて、気分をガラリと変えて薩摩半島の最南端にある長崎鼻を目指します。
指宿市に入ると街路樹がソテツに。もし右側通行だったらまるでマイアミですね。

a0005487_13163049.jpg

途中で「西大山駅」の標識を見つけて鉄分が沸騰してしまい、独断で予定変更っっ。

a0005487_1316382.jpg

鹿児島中央駅から1250円、所要時間も鈍行だと90分ほどかかる無人駅です。

昔は↓こんなモノはなかったのですが、面白いので近くの店で絵ハガキを買いました。

a0005487_13171170.jpg

そもそも指宿枕崎線ときたら、ほとんど列車(電車じゃないです)はありません。

a0005487_13172861.jpg

鹿児島育ちで札幌に住む従兄にと絵ハガキを書いていると、なんと踏切の音がっっ。
まてちゃ に急かされつつ走っていってイイ画が撮れました。お約束な構図ですけどね。

a0005487_13173576.jpg

興奮冷めやらぬまま絵ハガキを投函しました。この日の札幌は氷点下だったそうです。

a0005487_13171994.jpg

と、ここまでは いっぷく のワガママに付き合わせてしまいましたが、
このあとで まてちゃ ったら。。。うひゃひゃっ。


→ゴメンなさい。まだ続きます。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2013-03-27 15:16 | 九州とか


<< 西へ / 第7日め (2/2)... 西へ / 第6日め (2/2)... >>