西へ / 第7日め (2/2) (^^_ 。


寄り道を終えて、ようやく薩摩半島の最南端にある長崎鼻に到着しました。
山側の龍宮神社には立ち寄らずに海側のパーキングガーデンに入ります。

a0005487_1556505.jpg

なぜか駐車場のレストランは休業中なので、入場料を払ってから園内のレストランへ。
レストランといっても海の家の売店風で、たらふく喰うようなメニューはありません。

a0005487_15565258.jpg

オウムがたくさんいて何やらショーとかをやっているそうです。エミューもいます。

a0005487_1557921.jpg

エミュー(手前)と、ダチョウだかレアだか。園内はちょっと廃墟みたいです。

a0005487_1557999.jpg

パーキングガーデンの出口から灯台の入り口へ向かう途中にあった看板。うーむ。

a0005487_15572516.jpg

灯台よりも先へ行ってみます。 左側の山は、薩摩富士と呼ばれる「開聞岳」です。
気温が20度を超えていたので、久しぶりの波音と潮風が気持ち良かったぁー。

a0005487_15572546.jpg

さらにクルマを走らせると、いよいよ まてちゃ が楽しみにしている砂風呂です。

a0005487_15574026.jpg

建物の中にある窓口で入浴料を払って、脱衣所で浴衣に着替えて海岸で待ちます。
順番がきたらスタッフが砂に埋めてくれて10~15分もすると汗ビッショリです。

もう限界だと思ったら自力で砂から這い出して、建物の中のフツーの風呂で砂を流し、
着て来た服を着たあと、テキトーにロビーで合流してから帰るのですが。。

a0005487_1557399.jpg

まてちゃ がなかなか出てきません。あとで聞くと30分以上も寝ていたそうです。
というわけで衝撃の入浴シーン。まぁオンナっぷりが上がったのなら良しとしますか。

a0005487_15575588.jpg

お婆ちゃんやママと一緒に来ていた女の子が「みんな死んでるの?」とグズっていた、
という話を後で まてちゃ から聞きました。そりゃあ寝てればそう思うと思うよー。

a0005487_15575429.jpg

途中で「げたんは」を買いました。「げたんは」とは「下駄の歯」が訛ったものです。
黒砂糖まみれの蒸しパンのようなお菓子で、安いし美味しいので気に入っています。


→第8日め(最終日)に続く
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2013-03-27 16:02 | 九州とか | Comments(5)
Commented by milknyan1 at 2013-03-27 20:52
まてちゃさん気持ちよかった???
30分はすごい!
砂風呂興味あります〜〜。げたんは美味しそう♪
Commented by north-dragon at 2013-03-27 20:55
こんばんは~ 
シリーズ圧巻ですね^^ この前から見てますが~
↓記事の庭の 隼ですよねー
たしか、何か映画の時に再生されたやつじゃなかったかなー
ここは館内にマニアックな当時の戦闘機が結構あるでしょー
手紙とか見たら 涙が止まらなくなりますね。
前に会社の旅行で長崎か福岡 どっちかでこんな感じのところ見学したんですが
特攻に行く息子、兄さん、弟、婚約者なんかにあてた手紙を読んで
涙が止まらなかった記憶があります。
本当にこんなことしたんだろうか ほんとうに国の為って喜んで行ったのだろうかって 疑問に思いますね。
さて
うははw まあ、ブログのとおりですw 我が家
可愛いのが てんちゃんの許可が出たらアップしますね^^w
Commented by north-dragon at 2013-03-27 20:56
そうそう! 忘れた^^
女の子が「みんな死んでるの?」 で爆笑しましたw
Commented by nekoyasiki_ippuku at 2013-03-27 22:09
☆north@dragonさん、昨今、つい、「やっておしまい!」と言いたい事件があるのですが、実際、戦争というものは悲惨なものです。
若者が自分のせいで後輩が亡くなったと言って、今度は自分が逝く番だから、少額ながら貯金をこの後輩のご遺族に送ってくれと住所を書いた手紙。書きたいことは他にもたくさんあっただろうに、親御さんも知りたいことは他にもあっただろうに・・と思ったら、涙が止まりませんでした。
こんなことは二度とあってはいけません。

見ていたプラモは航空艇です。よくできていました。

てんちゃんにはとにかく、元気で健康な御子さんを産んでほしいものです。
Commented by nekoyasiki_ippuku at 2013-03-28 06:14
☆みるく母さん、砂風呂は気持ちよかったですよー。
のしのしと乗せられる砂はまるでマッサージのようです。
みるく母さんのエステマッサージには遠くおよびませんが、さざ波の子守唄で、つい、寝てしまいました。
女の子の発言は正確には、
「みんな死んじゃったの?」です。だから、怖いので自分は足だけにしておくとのことでした。子供の想像力はすごいですね。


<< 西へ / 第8日め (^^_ 。 西へ / 第7日め (1/2)... >>