スイッチ・オン (^^_ 。


目の前に海が見える某ホテルでのこと。
同じ部屋に連泊していた我々は、ヘトヘトで外出先から帰ってきました。

ロビーには大きなスーツケースを引きずったグループが、
通路のど真ん中にあちこち陣取っていました。

「行儀の悪い団体さんだねー」
と話しながら部屋に戻り、さすがに疲れたから休もうとした夜更けのことです。



隣の部屋をノックする音がしてオヤジの大声が聞こえました。
やがて廊下を走りまわる複数の子供とオバサンの大声。

子供たちの嬌声が隣の部屋を ドンドン 叩き、
ドアを ガン と閉めるなり、これまた複数のオヤジが応じます。

家具の移動を始めたらしく壁越しに ズドーン ズドーン という振動。
子供の声の移動とともにバルコニーの引き戸が グワラ グワラ ズドン

さすがの まてちゃ も我慢できずにフロントへ電話しました。
それから15分ほどして。。。いっこうに騒ぎはおさまりません。

どうやら隣の部屋を宴会場にしつらえたようで、大騒ぎしながら
自販機へ缶ビールを買いに行ったり他の家族も出たり入ったり。

時計を見ると23時半をまわっています。
まてちゃ の困り顔に、とうとう「嫌なオヤジ・スイッチ」が入りました。



とても眠そうに、わざと不機嫌な低い声でフロントへ電話しました。

「先ほども家内がお願いしたのですが、隣の部屋がどうにも喧しくて。」
「はい。大変申し訳ございません。」

「間違いなく注意していただけたんですよね?」
「はい、先ほどすぐに。」

「じゃあアレですか?この部屋は とか出るんですか?」
「いえ、そのようなことはございません。」

「であればこの部屋へ来て音を確認していただけませんかね?」

フロント・スタッフのお姉さん一瞬黙ったあと

「ご提案ですが、お休みになられるだけでしたら他の部屋をご用意致します。
 今のお部屋もお使いいただいて構いませんのでお荷物もそのままで結構です。」




すぐにスタッフのお姉さんがやってきました。
上の階へ案内してもらう道すがら訊ねてみると、外国人の団体だそうで。

お姉さんが呼んだエレベータが来て、そこから降りてきたのは
仏頂面のK国人のオバサンと頭の悪そうなガキ2人。

ドアが閉まるなり、わざと泣きそうな顔でお姉さんが
「ご注意申し上げても聞いてただけなくて。配慮が足りずに申し訳ございません。」

今度の部屋は広くてベッドも大きくてナイスです。
お姉さんに礼を言うと今度はわざと嬉しそうにニッコリしました。



「ルームキーはチェックアウトの際までにお返しいたたければ結構ですので。」
と頭を下げて帰って行きました。チェックアウトは翌々日なんだけどなぁ。。。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2013-04-09 10:44 | 九州とか


<< 花と嵐 (^^_ 。 少し休んだら?  (^^_ 。 >>