猫ケージを自作 その1  (^^_ 。


梅雨で洗濯も窓明け換気もできないのに大和クン(元♂)のバカ尿が絶好調です。
天然木の香りが自慢の家だったので家中しみ込んで動物園並みの強烈さ。

人間の頭痛はロキソニンで我慢できても、他の兄弟に目のカタキにされてしまい
姫ちゃんに至っては大和がそばを通っただけでもれなく猫パンチを見舞います。

昔買ったケージに隔離してみたところ7kg越えな大和にはさすがに狭すぎます。
シッポを除いても面積の半分を占領してしまうので小さなトイレも入れられません。

そこで、獣医さんにあるケージやネットショップの高級品を検討してみたところ
どうしても横に幅広くて縦は背が低いケージしかありませんでした。

まずケージをどこに置くか、そこから議論した末に廊下のドン突き↓に決まって
色々相談した結果、このスペースに猫ケージを自作することにしました。

a0005487_10492449.jpg


ここなら奥行き92cm×横幅73cm、高さは2メートル以上あるので
以前のケージと比べると、床面積で2倍、さらに3階建てにしても余裕たっぷりです。

問題は いっぷく が立ったまま新聞が余裕で読めるサイズの木製構造体。
箪笥や棺ぐらいデカい上に分厚くて硬い材木を精密に加工するのはかなり厄介です。

そこで まてちゃ が思いついたのは、ガーデニング用のラティスでした。
百葉箱のようなルーバー構造なので一枚板より軽くて柔らかく、風通しも抜群です。

a0005487_11173888.jpg


さらに、サイズもピッタリなので図面を確認しながら間違えないように購入しました。

・180cm×90cm ¥2,480 2枚 正面から見て左右の壁
・180cm×60cm ¥1,980 1枚 正面から見てドン突きの壁
・ 60cm×90cm ¥1,580 1枚 天井

え?床がないじゃん!。 とお思いでしょうが、床部分には既製品の台車が入ります。

・ 60cm×45cm ¥1,980 1台

a0005487_11274073.jpg


それと、ケージの金網というか鉄格子にはメッシュネット↓を使います。

・ 60cm×45cm ¥248 4枚

a0005487_1132338.jpg


また、バカ尿やトイレ砂を撒き散らしてもいいように下半分の内側にプラ段を貼ります。
プラ段(プラスチック段ボール)とは、よく引越し屋さんが玄関の壁や家具の角に貼るアレです。

・ 90cm×90cm ¥358 4枚

あとは小物(次回以降に書きます)をアレコレ揃えて帰りまし、、、あれっ? こ、、困った。
6尺物のラティスがウチのセダンに乗りません。仕方なく軽トラを借りて運びました。

a0005487_11571238.jpg


さて、いよいよ組み立てです。 次記事へ続きます。




[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2014-07-17 22:28 | 猫ケージ自作


<< 猫ケージを自作 その2  (^... 映画 リンカーン 秘密の書 (... >>