選挙

いっぷく は、あまり政治や宗教についての考えは、ネットで書かないようにしている。
それらは、意識と同じように、家族も踏み込めない個人の領域だと考えているからだ。
ただ、どの政党どの候補者を支持しているかたも、この選挙の結果は予想外だろう。
身の回りの色々な人たちと話をしても、同じように首をひねっていて納得できずにいる。

開票前、新聞各社は自民大勝と予想したが、前の選挙と同様に外れると思っていた。
郵政民営化に賛成する候補者だけを公認するという運営手法は、あまりにも暴挙で、
国会とは何か、代議士とは、選挙権とは、と考えれば考えるほど納得できないのだ。

結果だけを冷静に捉えると、日本国民が政治に期待することとは郵政民営化らしい。
そして、そのためなら暴挙も正当化される。本当にそれが国民の総意なのだろうか?。
外交や国防、経済や健康という、国家としての課題は、杞憂にすぎないのだろうか?。

そもそも、話もしたことのない候補者が、大音量で名前を連呼し実のない演説をして、
いったいその候補者の何をどう評価して投票しろというのか、まったく理解できないし、
候補者の考えを知ろうと思っても、候補者のブログは、公示後は更新できないそうだ。

まてちゃ の推測によれば、台風と集中豪雨が自民に有利に働いたに違いないという。
財産も人生も一瞬で奪い去る大自然の猛威を目前にすれば、保守に走るのだそうだ。

言いたくはないが、この国はますます道を踏み外し、誤った方向へ心血を注いでいる。
日本国民でよかった、と思うのは、富士山を見た時と、コメントがついた時だけである。
「郵政民営化」ともうひとつ「改革」を公約に掲げた以上、良い方向への「改革」を望む。

いっぷく (^^_ 。・゜
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2005-09-12 17:29 | 喜怒哀楽


<< うひゃー! BE THE DREAM 邦題... >>