見えない敵再び(0^~^0)

オルカの調子が悪い。
a0005487_179433.jpgもうかれこれ10日になる。最初は後ろ足から。麻痺したようにヨタヨタ歩くようになった。ずっと同じ姿勢で寝ていたせいだとか、運動不足なのだろうとか、太り過ぎなんだろうと楽観していたが、明らかにおかしな歩き方をする。
最初に診療所に連れていったのは、9日の朝。炎症止めのサプリメントを処方してもらう。
治療方針はその際に聞いてはいたが、当初から、診療所で医師が触ると元気なのだ。
こちらの主訴と所見の差に医師も首をかしげる。サプリメントを嫌々呑むも効果はない。





改めて10日にいっぷくと診療所を訪れる。そのときには、X線を4方向から撮影。血液採取で生体検査を行う。白血球も正常。血糖値も正常。猫エイズも白。検査の範囲で異常は認められない。触診も全く痛がる様子がない。
痛み止めの筋肉注射をしてもらう。すると帰宅するなり驚くように効果が現れ、元気に飛び回る。そんなに元気でいいのか?天気もよかった。
その後、やはり調子が悪く、ブルドッグがヨタヨタ歩くような姿だ。13日には、階段を一段づつ上る有様だった。14日には、再度痛み止めの錠剤を処方してもらう。14日には、診療所でピンシャン歩いてみせ、そのまま帰宅後も元気に飛び回り、薬も注射も未だなのに、お日様の下、走り回った。念のため1錠痛み止めを呑ませておいたが、今朝まで絶好調だった。昨夜などはじゃれて回った。
まるでお日様のパワーをもらったかのように、陽が照っている日は元気だ。
今朝は朝からずっと寝ていた。機嫌はいいのだが、また足が麻痺しているようだ。元気で鉄砲玉のように飛び回る子のそんな様を見るのは辛い。原因は全く不明。打つ手も見当たらない。昨日の時点では好転すると思ったのだが、それは単に願いだったのかもしれない。状況は全く打破できないでいる。

神様お願い。どうか、オルカに不幸の手を伸ばさないでください。小虎や、みるく、帰ってこないマーブル。もう充分です。オルカにまでもしもの事があったなら、もう私は立っていることができません。
見えない敵に再度立ち向かう勇気をください。まてちゃ
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2005-10-16 17:11 | 猫たちのこと


<< ねこねこにゅーす3題 良かった探し(0^~^0) >>