まてちゃ の大発見!  (^^_ 。・

a0005487_20424437.jpg

オルカは小康状態ながら元気に遊んでいるし、マーブルも音沙汰ないままである。
小虎子は相変わらず猫屋敷と隣家の庭をホームグラウンドにしていて元気である。
雨戸を開けたりして驚かせることもあるが、逆にメシ時と思って寄ってきたりもする。

exciteブログ使用率が 50% になり、 まてちゃ が記事を整理していて気付いた。
小虎子は↑こんな顔 そして、この前の「恋の季節」にやってきたのが コイツ だ。
そして、今は亡き謎多き小虎は こんな顔 だったが、少なくとも前の2匹は瓜二つ。

生まれて半年で子作りができ、1年で4回のお産ができ、1度に6匹も生まれる猫。
もし不遇の最期を遂げても、喧嘩で雑巾のようになっても、必ずどこかに血は残る。
今年失った小さな命たちも、この街のどこかで姿形を変えて生きているのだろうか。

そういえば、小虎子の上瞼から頬にかかる線は、クレオパトラ・ラインというらしい。
月刊「ねこのきもち」の2006年1月号に書いてあったので間違いないと思います。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2005-12-09 10:15 | 猫たちのこと


<< Herr Weiss aus ... レンジが好きだったもう一つの理... >>