アネハせよ?!  (^^_ 。・

景気の回復 は幻である。経団連は賃上げを容認 したが、公務員ですら下がった のである。
株価が好水準なのは、他に魅力ある投資対象がなく資金運用が集中しているだけなのだ。

いっぷく も、仕事なので仕方なく、お客さまの次年度予算に使う人件費予測をしたりするが、
定年退職や新規採用を考慮し、考課表から異動の計画を立てて、号俸を決めたりするのだ。
ひとりひとりの人生やご家族を考えるとつらいのだが、客観性を保つために業者を使うのだ。

ここ数年は、総人件費を前年度並みに抑えろという、おエライさんのご方針に従っていたが、
人事院勧告に従って計算する原則なので、今年は5%の減給という結果になってしまった。

しかも、ここ数年の慣例となっていた、部長職以上は号俸を動かさない、というルールもあり、
某部長は支給額が2万円以上減り、毎年10月には厚生年金が上がり、来年は増税もある。
ここで具体的な数字は書けないが、来年1年間だと50万円以上減収になってしまう結果だ。

さすがにこのままではマズいのだが、おエライさんとともに某部長となぜか面談するハメに。
おエライさんニヤニヤしながらいわく、いいじゃないか、あと○年で●千万もらえるんだから。
某部長はひきつり笑いしながら、会社に入って3×年間で給料下がったのは初めてですよ。
おエライさん。でも いっぷく さんが計算したんだから間違いないでしょ?、確認したでしょ?。

頷いた某部長にちらりと見られたのはツラかったが、な・・なんでオイラのせいになるんだ?。
部長職以上の号俸を動かしても前年度並みですヨと報告しても、おエライさんはノーだった。
渋々納得した某部長に念を押した。偽装してませんからね。姉歯って呼ばないで下さいね。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2005-12-16 21:32 | 喜怒哀楽


<< これからクリスマスの支度(0^... 娘殺すにゃ刃物はいらぬ  (^... >>