オルカ3連休にがんばる(0^~^0)

オルカのビッコ足はこのところの寒さで芳しくない。
3連休の初日、土曜にかかりつけの診療所に行くこととした。ところがいつもの事なのだが、診療所に着くと、ガゼン元気になり、「いゃぁーーー!」を身体いっぱいで表現する。

症状として、どんなに「後ろ足を着くとき辛そうで・・・」と説明しても、目の前には力いっぱい足をつっぱらかる猫がいる。
「テーブルにも乗れない」なんて話しは
「思いっきり検査台に飛び乗っていました」なんて言葉でかき消される。
大学病院を紹介してもらい、念のため、ステロイド系の痛み止め注射と点滴注射、炎症抑える飲み薬をもらう。これらの薬は前回、てきめんに効いた薬である。

a0005487_1652147.jpg【優しいミルクに舐めてもらっているオルカ 2003撮影】
土・日・月と穏やかな日差しの中を元気になったオルカが庭いっぱい走りまわる。愛想も見せてくれる。餌もねだる。紐にもジャンプしてじゃれる。陽だまりのベランダへ飛び出す。あんまり元気なんで、治ったかと勘違いするほどだ。

でも、休み明け、案の定、また足を引きずる。がんばっちゃったね。せっかくの休みだし、みんなが家にいたんで嬉しかったんだね。ありがとうね。無理しなくていいから。ゆっくり治そう。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2006-01-10 17:08 | 猫たちのこと


<< トリビアの泉  (^^_ 。・ 忙中閑あり  (^^_ 。・ >>