幸せになってください(0^~^0)

餌を食べられないオルカを抱えて混雑した診療所に出向く。

a0005487_1548891.jpg【賛否両論があるかもしれないが、がんばるオルカの食餌風景を公開。下肢をついていられない。こういう症例をご存知の方、いますか?】


犬連れの人が多い中、受付の待合に里親募集の子猫がゲージに入っていた。
犬ににおいを嗅がれ、大きな人間に見下ろされ、怖い思いをしているらしく、震えている。さかんに鳴いてみる。11月の下旬に保護された子だという。大きさは3ヶ月位。予防接種済み。トイレもきちんとできます。甘えん坊です・・・・。

オルカそっくり、ちびオルカー(:ちびノリダーと同じイントネーションで)だ。元気いっぱいの瞳と目を合わせる。オルカが元気なときなら、きっと素敵な弟になれるかもしれない。一瞬、親子か兄弟のような、オルカとちびオルカーの運動会は楽しいだろうなぁ、なんて想像をしてしまった。

ごめんなさい。一緒に暮らせない。オルカが元気になったら、また会いましょう。
無責任に言ってしまうけれど、幸せになってください。君なら、きっと幸せをその手でつかめるはずだから。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2006-01-31 15:48 | 喜怒哀楽 | Comments(6)
Commented by peteandfluffy at 2006-01-31 20:38
出合っても、助けてあげられないときもある...辛いですよね...
Commented by milknyan1 at 2006-01-31 23:50
うんうん。。。。


うん。うん。。。。。今はオルカちゃんの回復を先ず。ですね。
Commented by まてちゃ at 2006-02-01 00:57 x
きっと、幸せになってくれるはず。そう祈ってます。
peteandfluffyさん、子猫に色々声かける人や、通り過ぎる人のいる中で、ただただ、じっと見ている変なオバサンやっていました。
どういう状況で保護から、1月以上経っての「里親募集」だったのでしょう?診療所に来るまでは、保護宅で安心して暮らしていたのか?今どれだけ不安な気持ちでケージの中にいるのか?など等、思いをめぐらせていました。何より、自分勝手に「元気なのは幸せ」なんて思っていました。

ミルク母さん、心配かけっぱなしで、ごめんなさい。オルカは元々、みるくの後ろに隠れて、あんまり甘えない子でした。子犬みたいな、元気さと乱暴さが魅力でした。なるべく、ポジティブに考えようとは心がけるつもりです。
辛いのはオルカ自身なのですから。
Commented by sweet_milk_shake at 2006-02-03 18:02
症状を聞いていても、実際に写真を見ると胸が痛くなります・・・
辛いとか痛いとか本人が何も言えないだけに、もどかしくなりますね。
オルカちゃん自身が、自由が利かない自分の体にもどかしさを感じてるのだと思いますが。
里親募集中のニャン子も早くいい人に引き取られていくといいですね。
どうにもしてあげられない猫達が多すぎて、そんな場面に遭遇する度に辛いですが、その分も自分の猫を幸せにすることが努めだと思って納得するようにしています。
Commented by まてちゃ at 2006-02-04 14:49 x
sweet_milk_shakeさん
コメントありがとうございます。何とかしてあげられるか?なんて私にはとんでもない驕りです。実際、何もできない自分に腹が立ちます。
オルカとみるくも、3年前に『保護』したなんて、とんでもない思い込みです。オルカは3年前にひいていた『大風邪=カリシウィルス?』が残っているのかもしれません。みるくの口内炎発症のときもそう言われました。
骨髄液の採取でしか、その検証はできないと当時通っていた診療所で言われ、そこまでは・・・と言葉を濁しているうちにバルポウィルスにやられました。
今回、オルカに改めて、骨髄液採取の検査を執り行うこととなりました。
2匹とも、3年前の『大風邪』の呪縛から解き放たれていなかったようです。保護なんてできていなかった。何もしてあげていなかったんだと思うと悔しくて、無力な自分に腹が立ちます。

里親募集の子に手を差し出す資格もありません。
あたたかいコメントありがとうございました。
Commented by milknyan1 at 2006-02-09 19:55
まてちゃさん。。。。↑資格が無いなんて事は全く無いです!!
そんな風に思わないで。ね。


<< オルカ 大学をフケる  (^^... 四つ指ついてお見送り(0^~^0) >>