春到来  (^^_ 。・

朝遅いかわりに夜遅くなる予定の いっぷく は、普段どおり家を出て戸締りを確かめた。
午後から雨になるという予報だったので傘を心に留めていたが、施錠の確認は怠らない。
慣習とは恐ろしいもので、ネクタイを下げて表通りに出ると、身が引き締まる思いがする。

一瞬のうちに頭の中で今日の予定と忘れ物の点検を済ませ駅へ急ごうとしたその瞬間。
なんじゃこりゃあぁっ!? 傘を持って出たはずが、手に握っていたのはなんと「靴べら」。
ご近所と顔を合わせなかったことに安堵しつつ、こっそり家に戻ったのはいうまでもない。

そういえば数日前。出がけに手袋をバッグに放り込んで慌しく電車に乗った まてちゃ 。
つり革につかまるにあたって、手袋を取り出しながら手先を手袋にいれようとしたところで、
親指を入れるところがなくなったのに気付き、怪訝に思いつつ見ると「靴下」だったそうだ。
しかもご丁寧に、洗濯に出そうとしてわざわざよけてあった、いわゆる「昨日の友」である。

冬の間じゅう心の中を占めた色々な不安の結論が出つつある。ふたりとも気が緩んだか。
それとも足元から人生を見直せという神の啓示なのか。いづれにしても、春は近いようだ。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2006-02-27 08:11 | 喜怒哀楽


<< オルカスマイルまでの18マイル... 夢バトン  (^^_ 。・ >>