保険制度(0^~^0)

世の中に数々の保険制度があれど、高校時代の『あの』保険制度こそ、合理的で残酷だったと思い返す。
BGM Queen:SOMEBODY TO LOVE

隣のクラスに魚クンと呼ばれる男子が居た。(あの人気者のさかなクンとは別人)
気にもしなかったが、色白でビン底メガネをかけ、海苔が張り付いたようなべったりした髪型の奴だった。目が合うとニタニタ笑う奴だった。
隣のクラスの女子からは、嫌われてはいたが、ナニがどうなのか興味もなかった。

高校時代、体育の授業は隣のクラスと合同で男子・女子で行われた。あるとき、体育の授業が男女混合で行われることになった。
フォークダンスをやることになったのだ。
着替えていると、隣のクラスの女子から封筒が回ってきた。「100円入れてください」
封筒には「魚クン保険」と書かれている。
「何ですか?これわ?」

魚クンはひじょーーーーぉに勘違いな奴らしい。
魚クンはひじょーーーーぉに密な接触を女子に試みるらしい。
魚クンはひじょーーーーぉに脂体質らしい。

で、フォークダンスは、相手を好むと好まざるとに関わらず、手をつないで踊らざるを得ない状況を作る、過酷な競技なのだ。
運悪く、魚クンの相手に回ってしまった女子は、後日、
「○○さんは前から僕と手をつなぎたがっていた」
「◇◇さんは案外、××だ」などという、魚クンの勝手妄想噂話の餌にされてしまうのだ。それは誰が餌食にされても、かわいそうな話しだし、当人にしてみれば、不幸な事故に相当する。

しかも、あろうことか、魚クンには双子の弟が居て、別の高校に行っている。(世の中にあの顔が二つあるなんて!と憤慨されていた)
こいつが、また悪い奴らしくて、
「○○高校の兄から聞いたはなしだけど、××中学から行っている○○子は、案外派手で兄に気があるらしくて・・・」などとあることないこと、噂が流れるらしい。

保険の仕組みはこうだ。
クラスの席替えの前、もしくは今回のフォークダンスの授業の前、魚クンの餌食になる事故は予測される。
女子は自主的に「魚クン保険」と称して全員から100円を集金する。
不幸にも被害にあった女子は、魚クン保険から「見舞金」を受取るというのだ。
いや、そんなお金もらったって、嫌なもんは嫌なんだろうが、少なくとも、今回その難を逃れた他の女子全員からの、お悔やみの気持ちのお金である。

隣のクラスの仲のいい友達が追い掛け回されたことがある。家に帰ったら、「学校の友達だ」と称して、玄関で待っていたそうだ。
もっとも、話によると隣のクラスの女子の半分がこの被害に遭ったそうだ。
残りの半分?魚クンの好みは「女の子らしいかわいい子」。私は被害には遭わなかった。
これだけ嫌われてた魚クンだったが、本人は「学校中の女子の注目の的」と言ってのけたそうだ。I'm ok, I'm alright Ain't gonna face no defeat
Find me somebody to love
Can anybody find me somebody to love?


最近、「ゆびとま」みたら、魚クンはオーストラリアに住んでいると書いてあった。
彼には日本は合わなかったらしい。(0^~^0)
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2006-04-25 10:49 | 喜怒哀楽


<< 手描き猫(0^~^0) かば丸さま10年祭  (^^_... >>