腎不全 発覚:(0^~^0)

年末に、外で他所の子とやりあったとき、オルカは左の後肢の肉球に傷をつけてしまった。すぐに見たが、腫れがひけば、治るだろうと思い、そのままにしておいた。
すぐに病院に行ったり、薬に頼って治療するのは、あまりオルカのためによくないと判断した。
少しは自分の身体の中から治癒する力を使わなくてはいけないと思った。

日がたつうちに、傷は膿んでしまい、かさぶたをしきりに舐めるオルカの食が細くなっていった。
お正月には、以前、病院からもらった抗生剤を投与すると、少し食欲が戻り、食べたような気がした。
ただ、以前のように、コタツの中には入らなくなり、北側の窓辺にひとり丸くなっていた。
そんな状態であるにもかかわらず、外に出たいよーーーは、相変わらずで、外に出ては傷の外側に泥を付け、お水大好き、お風呂のお湯大好き、ぐび飲みをやり、元気に振舞っているようにも見えた。


ここ、3日ばかり、ほとんどご飯を食べない・・・・・・・オルカ。
あわてて年始の動物病院に連れていく。
a0005487_1457444.jpg

去年からの右後肢の麻痺、左後肢の傷、食欲不振。
検査の結果は、尿素窒素(BUN)値が測定限界を超え、クレアチンも高スコアをマーク、脱水の症状もある。
腎不全
思いもかけない結果だった。13歳で腎不全になったカバ丸様の場合と違い、オルカはまだ4歳。発症には早すぎる。
オルカとミルクを保護した4年前を振り返る。本当にあのとき、オルカとミルクを助けたと思ったのは、幻だったのか、無力だったのかと、悔やむ気持ちがまた沸き起こる。

正月早々、厳しい話題で申し訳ないが、オルカは即、入院となった。
皆様にはまた、ご心配をおかけしますが、時々、状態をご報告します。

[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-01-04 15:00 | 猫たちのこと | Comments(5)
Commented by rucolaperla at 2007-01-04 17:40
あぁ、入院とはショックですね。
まてちゃさんもいっぷくさんも、さぞかし心配なことでしょう。
そしてオルカちゃんもどんなに淋しい思いをしているのかと思うと、胸が痛いです。。
どうか一日も早くオルカちゃんの食欲がもどって元気になるよう、
心からお祈りしております。
がんばれ!オルカちゃん!!
Commented by nekoyasiki_ippuku at 2007-01-04 19:29
☆rucolaperlaさん、まてちゃです。
さっき、面会に行ってきました。
必死でいっぷくにしがみ付いて帰ろうとするオルカに目頭が熱くなりました。正月早々、湿っぽい話題でごめんなさい。
Commented by paji11 at 2007-01-04 23:55
緊急入院ですか。
心配事が出来てしまいましたね。

早く退院できるよう祈ってます。
Commented by peteandfluffy at 2007-01-05 11:35
オルカちゃん、それは大変なことになってしまいましたね
傷はやっぱりこわいですね
早く治るといいのですが.....回復をお祈りしています
Commented by まてちゃ at 2007-01-20 08:44 x
みなさん、応援ありがとうございます。オルカは無事退院し、回復しつつあります。
☆rucolaperlaさん、ありがとうございます。戻りつつあります。外出せ攻撃もするようになりました。猫が病気だと、猫屋敷は大変な騒ぎになります。家族ですからねー。

☆paji11さん、退院しました。自宅療養中です。このまま深窓のお坊ちゃま猫になることを希望しています。

☆peteandfluffyさん、ちょっとのストレスがまずいようです。身体が小さい分、ダメージが大きいですね。これから寒くなる季節には充分、気をつけてやるようにします。
応援ありがとうございます。


<< 動物病院からの帰還:(0^~^0) あけましておめでとうございます >>