腎不全 経過:(0^~^0)

腎不全が発覚してから、ネットでいくつものサイトを回った。
闘病記が書かれているサイトでは、涙を流し、学術的情報には、頷いたり、励まされたりした。

私もオルカの今回の経過をここに記すこととする。後に誰かがこの記事を眼にしたとき、同じように、何かの役に立てればいいかなと思う。と、同時に次に同じような事態に陥ったときに、記した数値が参考になるかもしれない。

最初に書いておくが、オルカも完治しているわけではないし、全ての猫に同様の結果が出るわけではない。記載する数値はあくまでも参考値として取り扱って欲しい。





1/4**入院時**腎不全と診断される。静脈からの点滴が始まる**
 赤血球容積比(高いと脱水、低いと貧血) 25.9% →(許容範囲)
 尿素窒素(高いと腎障害、低いと肝疾患) >140 ↑(測定限界値超)
 クレアチニン(高いと腎疾患、尿路閉塞) 7.9 ↑

1/5**入院中**数値が少し下がる
 尿素窒素  126.2↑(測定範囲までは下がるが基準値は32.8)
 クレアチニン 6.9↑(少し下がるも基準値は1.8)

1/6**数値が悪化。食餌も全くとらず。これでは家に帰せないと言われる**

1/7**相変わらず食べない**

1/8**自宅輸液を前提に翌日休診なので、一時帰宅(実質退院)
   輸液パック、抗生物質、活性炭剤、栄養猫缶**
 尿素窒素  61.7↑(良くないが輸液でなんとかなるかもしれない範囲)
 クレアチニン 4.0↑

1/10**貧血対策に造血剤が処方されるが、嘔吐を誘発。夜中の緊急診療を受ける
    インターフェロン注射、
    造血剤注射、活性炭剤
    夜中に吐き気止めを注射、以降、造血剤を止める**
 赤血球容積比 17.5↓(貧血傾向)
 尿素窒素 63.0↑(自宅輸液するも劇的な改善はなし)
 クレアチニン 3.3↑(やや改善)

1/13**まだ予断を許さないが、やや食欲も出る**
 赤血球容積比 19↓(許容範囲は24から)
 尿素窒素 41.3↑
 クレアチニン 2.5↑

1/17**造血剤の注射とインターフェロンのみ注射**


自宅輸液パックは以下のとおりです。
毎回60ml 朝、晩、計 1日2回(シリンジの目盛は60mlまであります)

輸液ソルラクト500mlバッグ 1,500円
翼状針 100円
50mlシリンジ 150円
18G注射針 10円(輸液移し替え用)

輸液手順
a0005487_11214726.jpg

【輸液セット一式】
1.輸液をバッグからシリンジに18G注射針を使って移し替えます。
(液が冷たいとオルカが震えるので、ぬるま湯を張ったボールでほんの少しバッグごと暖めました)
2.18G注射針を翼状針に付け替えます。
3.アルコールで猫のクビ後ろ、肩の上あたりの皮膚を消毒し、つまみあげます。
4.針を刺します。
(かわいそうですが、ぐっと刺さないと液が漏れるので、翼のところまでしっかり刺します)
5.負担のないように一定の圧でゆっくり液を注入します。
(60mlを5分くらいかけて・・・と言われましたが多分、3分くらいでいれてました)
6.終わったら、そっと針を抜き、アルコールで拭きます。

オルカは当初、嫌がって少し動きましたが、比較的静かに輸液を受けていました。
輸液は食卓のテーブルの上に毛布を敷き、バスタオルで猫の身体をくるんで、肩と前足を押さえる人と、針を刺して輸液を行う人の2人がかりで行いました。

人の協力もそうですが、猫の協力も必要です。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-01-20 11:22 | 猫たちのこと | Comments(2)
Commented by peteandfluffy at 2007-01-23 01:08
難しい数値なので私にはどういうことかわかりませんが、同じ病気のペットを持つ飼い主の方にはきっと役立つことでしょう。
こういう記事のアップで、少しでも不安を解消してあげられるといいですね
Commented by まてちゃ at 2007-01-24 05:49 x
☆peteandfluffyさん、そうですね。
病名を告げられてから、はじめてネットで調べた次第です。
猫の腎臓病の闘病記は案外少ないようです。よそ様の闘病記が私の不安を解消したように、ここの数字が誰かの役に立ってくれればと思いました。
やっぱり、人も猫も健康が一番ですね。


<< My Favorite Thi... 動物病院からの帰還:(0^~^0) >>