ペルセウス流星群(0^~^0)

昨夜はいっぷくと二人で夜中に駐車場に立っていた。
ペルセウス流星群が極大になるというので、風呂上りに星を眺めることとした。


何年か前のしし座流星群のときは、街の灯りから逃げて、わざわざ車で出かけたのだが、今度は違う。
星のきれいな土地だ。W字のカシオペアを目安に北東の空を見上げる。
0時前から20分くらい外に居ただけで私は8個、いっぷくは6個流星を見つけることができた。
「流れ星に三回願いごとを言うんだっけか?」
「しあわせ・しあわせ・しあわせって??」
「ハピ・ハピ・ハッピーなら早口で言える」
「金・金・金って言おうか?」
などと軽口を叩いていたが、いざ、流れ星を見つけると、
「あ!あった!」
「すごい!見た?」
「あ、きれい!」
と言うばかりで、願いごとどころではなかった。
素敵な天体ショーを見た。

その後、オルカと二人で2階のベランダで夜空を見上げながらまどろんでいた。
オルカも遠慮して小さい声で「ニャ」しか言わない。

今夜も流星を見る気なのだが、もし、いっぷくが付き合ってくれないなら、オルカと見上げる約束をしている。

[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-08-13 13:18 | 田舎暮らし


<< 難しい~  (^^_ 。・ シゲちゃん伝説  (^^_ 。・ >>