オレも休むからオマエも休め(0^~^0)

白状すると、9月から病院通い。今は週に一度のペースで通っている。
当初は、仕事も休み、家事もせず、毎日病院に通い、家でウダウダしていた。
夏は目が回るほど忙しかったので、いっぷくに家事をやってもらい
「これは神様がくれた秋休み」などと言って休んでいた。
実際、休む以外何もできず、ちょっと内職をして、TVを見て、とにかく食べて、太った(笑)

さて、題名の言葉は、10年以上前、客先の保健センターのH先生のお言葉。

オレも休むからオマエも休め
これは、GW後に、
「システムが立ちあがらぁーーーん!!どないなっとんのや!ちと、来ぃや!!」というお電話の下、新幹線に飛び乗って大阪まで呼ばれた私は、部屋の隅を見て呆然と立ち尽くした。

UPS(無停電電源装置)のコンセントが抜かれている・・・・。

※H先生の口調はダウンタウンの浜ちゃん風。
私  「え?H先生、これ、どうして抜けてるんですか?」
H先生「あ?これは、GWで長い休みになるやろ?センターが休みや。俺も休むから、お前も休めや・・・っと、そこらの電源皆抜いたんや」
私  「・・先生、UPSの電源は抜いちゃいけません」
H先生「ほんまか?なら、いつ休むんや?え?休まない?めっちゃ、気の毒やなー。身体壊れるでー」

H先生は人情派の大阪のおっちゃんなので、きっと、自分が休んでいる間、働くコンピュータが気の毒だったに違いない・・・たとえ、機械でも、休まないと、壊れると思ってた。本当はとってもいい人だ。
そこに悪意はない・・・と思いたい。

さてさて、いつものように前置きが長くなってしまったが、かように、休みというものは大切である。
時々休もう。で、自分が休めるときは、周りの人も休めるように、気を使える人間であろう。
自分が休めないからって、休む奴をうらやむようにはなるまい。
神様は必ず、どこかで休みをくださる。本当の休暇かもしれないし、急な病かもしれない、転職でいやおうなしかもしれない。甘んじて受け止めよう。

だから、休めるときは、休もう。電源を抜かれたUPSやコンピュータのように。身体壊れちゃうかもしれないから。

歳をとって、やっと言えるようになった。お休みをありがとう。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-12-07 13:48 | 喜怒哀楽


<< きょうびの女医さんは美人揃い(... 世代交代(0^~^0) >>