きょうびの女医さんは美人揃い(0^~^0)

変に気を持たせて心配をおかけすると申し訳ないので、ご報告。

9月に火傷を負ってしまいました。
歳も歳なので、回復にちょっと時間がかかっています。
部位は右腕から脇。
おかげ当初はいっぷくに家事全てを頼み、上げ膳据え膳の生活をしていました。ありがと。楽ちんでした。(笑)
今は家事もできるし、仕事もほぼ復帰しています。

病院に駆け込んだのは夜。いっぷくが手を尽くして最善の選択をしてくれた。
迷わず三次救急の医療機関へ車を走らせてくれた。
診てくれたのは若い女医さん。当初外科当直と聞いていたが、後日、皮膚科とわかり安心した。

とびきりの美人。

翌日、改めて診察を受ける。
今度は違う女医さん。

これもとびきりの美人。しかも10頭身ぐらいのモデル体型。(絶対、雑誌読者モデルとかやったはず)

その後も私の傷の処置をするのはとびきりの美人ばかり続く。
今時のドラマに出演しても引け目をとらない。
一番背の低い女医さんは松雪泰子似。

大学病院なので皮膚科だけで10人以上の医師が居るようだが、
女医さんは皆、若くて美人ばかり。いつから医師試験に「容姿」がポイントされるようになったのだろう?・・・・

「今日の先生もものすごくきれいだよね」
「とびきりの美人だ」
いつも通院に同行してくれるいっぷくとヒソヒソ噂しあう。

きっと、優秀な医師にとびきりの美女がお嫁さんにいらして、優秀な遺伝子と眉目秀麗な遺伝子の両方を持っているにちがいない。

天は二物でも三物でも与えるらしい。

ただ、気の毒だなーと思うのは、私の火傷でさえ、けっこう傷としては何なのだが、皮膚科なので、もっと、あれ・・な患部を診ることとなる。
夏は水虫とか、タムシとか。当然、男性患者も多いし。
医師も大変な職業だ。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-12-08 19:13 | 喜怒哀楽


<< まてちゃ危機一髪  (^^_ 。・ オレも休むからオマエも休め(0... >>