○○家人生ゲーム・特別編(0^~^0)

私の人生ゲーム」というのが、今度発売されたそうだ。

なんでも、ウェディングバージョンで夫婦になった二人がこれまで歩んできた道のりを独自のエピソードを交えて、これからの計画(出産、買物、家を建てるなど)も盛り込みカスタム・メイドするそうである。

実は、今から去ること、○十年前、すごくえげつないゲームがわが家にはあった。
名づけて「○○家人生ゲーム・特別編」
なんてことはない、(盆・正月・法事に親戚が寄合いをするので)従兄弟が大勢集まる家だったので、普通に人生ゲームをやっても楽しくないので、「特別編」を独自に作り、追加しただけのゲームだったが、・・・これがおもしろかった。
a0005487_1544694.jpg

ご覧のようにゲーム板の最終章・教会に近いところから、魔の特別編が始まる。
今までそれぞれのプレーヤーが培ってきた財産や子供や家族を鬼のように巻き上げ、借金を背負わせ、果ては破産まで追い込む地獄のようなコマが待っていた。

なんてことのないケント紙に手書きでルートが書き添えられ、ポスターカラーで色を塗り、コマには、
「投資した銀行が破綻。$500万失う」
「仲間内との賭けに負ける。財産の全てを各プレーヤーに配分する」
「子供が2人が誘拐され身代金$1,000万を支払う」
「殺人事件を起こす。家族と財産を没収。プレーは10回休み」
「難病にかかり、ゲームを棄権」と書かれていた。

確か、私が小学生だったころ、兄や従兄弟と作ったストーリーだ。
映画とかドラマの悲惨な場面を盛込みながら作った覚えがある。
大勢の親戚を見聞きしている間に、人生とはゲームのようなもの・・・などと悟ったわけではないが、人生ゲームのカスタム・メイドを楽しんでいた。

今、正にゲームから本番の真っ只中であったりするが、できれば特別編のような追加は無しでお願いしたい。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-01-10 15:06 | メディア


<< マイナスイオン(0^~^0) ピンクのお鼻は元気の印  (^... >>