それは吹雪じゃないから(0^~^0)

週末から東北へ出かけてきた。
大寒の最中だし、この時期の東北へは久しぶり。
何より、関東に住んでいる身にとっては、雪の東北道なんて、目の前に立ちはだかる「難関」以外の何者でもない。

いっぷくには事前にチェーン装着訓練をやってもらい、出発前から、道路状況の情報をウォッチしていた。予想では、雪が降るとしたら、福島の山間部。ここは雪・あるいは道路の凍結が見込まれる。
「どうか、雪にみまわれませんように」「事故を起こしませんように」祈りに似た願いだった。

さて、吹雪とはwikiによるとこう書かれていた。

吹雪(ふぶき)は、降雪中の雪や積雪した雪が強風によって空中に舞い上げられて視界が損なわれている気象状態のこと。


ところで、今回の旅行は、友人夫妻が同伴していた。
別のところに住んでいるのと、別の場所も回るので、私達より先に出発し、逐一、高速の道路状況を報告してくれていた。ありがたいことです。




私達より1時間早く、「魔の福島越え」をしていた友人から、携帯電話にメールが入った。
「福島飯坂から先、吹雪!」
え?吹雪??をぉー!チェーン装着訓練の甲斐があった。吹雪だなんて、通行止めになるかもしれない。でも、途中のSAでそんな情報は見なかったゾイ。
慎重ないっぷくがハンドルを握って福島に入ると確かに雪。
あーー、来たか。と思い、吹雪になるのだろうか?と恐る恐る行程を進めていったが、一向に吹雪いてこない。
確かに雪なんだが。あー。雪だったね。だけど、そんなにひどくはなかった。そのうち、蔵王を過ぎ、雪の地帯から離れていった。
吹雪は時間差で逃げてきたのだろうか???その後も気象情報を見るも「福島吹雪」の情報は得られないままだった。

さて、目的地で日程をこなし、翌日、帰宅することになった。
高速道路で遠出するときは、たいてい、私が先にハンドルを握り、後半の行程をいっぷくがハンドルを握ることとしている。

10時30分に松島を出発し、「魔の福島」を過ぎ、昼過ぎにいっぷくと運転を交代する。
と、
今度は一時間遅れて出発した友人からメール
「福島、吹雪です!」
???

福島は確かに雪だったが、雪でした。吹雪じゃないです。
そりゃ、高速で走っているから、雪は横に流れるかもしれない。でも、道路脇にちょっと積もっていただけだし、路面は濡れていたが、吹雪じゃーない。視界が損なわれるほど降っていなかったし、雪はそこまで舞っていない。

あれは、雪。ただの降雪。私が走った時間からは気温が上がるばかりだし、それから急に吹雪いて、目の前真っ白!だったとは思えない。

・・・これは、あれですわ。うちも雪を見慣れていないけれど、友人夫妻も同じ。
おまけに、友人の奥さんは感激屋さんなんです。

雪凄い!フロントに叩きつける雪!(高速で走ってりゃ、そりゃ、そーだわ)!雪!メールで知らせなきゃ!吹雪よ!これは!!!!!


なんだろーなー。
だよね?いっぷく。などと、二人で納得することとした。そして、改めて、吹雪ってさー、高速道で吹雪きなら、交通規制がかかることを教えてあげようか?とも思った。

でも、やめておいた。せっかくの感激屋さんだから、まぁ、にぎやかにやってもらうこととした。
きっと、明日は仕事場で、「吹雪だったのよーーー!」と騒ぐのだろうと思って。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-01-27 17:27 | 喜怒哀楽


<< ご馳走  (^^_ 。・ あたちの野望(0^~^0) >>