悪夢 (^^_ 。・



目覚めるとオイラは外国人になっていて、日本語がまったく解らなかった。
なにやら騒がしい町の中で寝ていたらしく、頭は痛いし目はかすんでいた。
ようやく立ち上がって歩き始めると、向こうから女性がふたりやってくる。

恥ずかしそうにオイラに何か言いながら、小さな機械?を手渡してくれた。
「有難う」のつもりで頭を下げると、ニコニコしながらオイラを見ている。
手を振って立ち去ろうとすると、ふたりは狂ったように唐突に怒り出した。

状況が理解できず、オイラはゴタゴタに巻き込まれたと感じて逃げ出した。
ふたりのわめき声を聞いた周りの人々も、鬼のような顔で追いかけてくる。

また目覚めると、オイラは日本人にもどって、なぜかカメラを持っていた。
2倍ぐらい酷くなった頭痛に悶えながらも、さっきのできごとを思い出す。
そうだ。ふたりはこう言ったのだった。「シャッター押してくれません?」
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-04-13 22:30 | 喜怒哀楽 | Comments(2)
Commented by paji11 at 2008-04-13 23:10
この間韓国の人と思われる人にシャッター押してくださいと頼まれました。
片言の日本語でw
僕も頭を下げて立ち去れば良かったかなぁww
Commented by nekoyasiki_ippuku at 2008-04-13 23:50

>ちぇきさん

「これは夢なんだ」と言い聞かせれば、
人生に恐いものなんて無いですよね。

(^^_ 。・


<< そういうのって上野じゃなかった... スキン変えました  (^^_ 。・ >>