陽だまりのぶっちさん(0^~^0)

日向ぼっこが嬉しいこの季節。
2階の床は国産・桜材の白。丈夫で足ざわりのいい優しい素材の上で猫がくつろぐ。
絵になるねー。

あら、ぶっちさんじゃない。
a0005487_1513163.jpg


決して頭の悪い子じゃないけれど、一年前来たばかりのころは愛情の独り占めがしたくて、オルカに散々いぢわるをした。
まだ子猫だったマオがうちに居つくときも、不機嫌でずいぶん威嚇をしまくった。
今もちびちび達が視界に入るともう不機嫌でシャーシャー怒る。
もっとも・・ちびちび達も一番重い子でもう2kgに達し、骨も筋肉も一人前になりつつある。
いつまでも叩かれている子達でもない。反撃に出たら、大人の猫だってただじゃすまない。
家の中の特等席もちびちび達が進出している。家中でもう、『子猫だから』手が届かない場所はなくなった。

さぁ、どうする?ぶっちさん。もう高飛車な態度をとっても通用しなくなるよ。
あたしは大丈夫。
a0005487_1534128.jpg
チビになんか負けないもん!
a0005487_1545486.jpg


・・・顔力で勝つおつもりですか?
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-10-13 02:06 | 猫たちのこと | Comments(0)


<< 秋祭り(0^~^0) 奇譚その2 菜箸が伸びる話  ... >>