忙しい週末 その結末  (^^_ 。・

1Km離れた木工所の近くで見かけたという件のあと、パッタリと情報が途絶えてしまった。
木工所の付近にも行ってみたが、直線で1Kmでも山3つと川1本を越えなければならない。

ここ一週間の二人の会話といえば「どうしたらいい?」「どうしたい?」の繰り返しだった。
拉致問題に比べればと意を改めてみたり、捜索範囲を見直そうかと迷ったりする日が続いた。

3連休直前の木曜朝10時。蕎麦屋のご主人から裏の笹薮へ向かう姿を見たと電話が入った。
まだ居所を変えていないことにホッとし、元気だと聞いて喜び、ご主人の善意にも涙ぐんだ。

金曜。翌朝5時半からその笹薮を捜索。夜。ご主人に詳しい情報を聞くと間違いはなさそう。
幸いなことにその日、妊娠疑惑のあるA子ちゃんは避妊手術をしたために外出禁止だという。

土曜。昼間のうちに笹薮を改めて徹底的に捜索。倒木や蔦の絡まる獣道だが笹を漕いで進む。
やがて手頃な隠れ場所を見つけた。蕎麦屋さんに近くても人目に触れない小さな空間である。
今まで何度となくそうしてきたように、ポリポリの餌を特徴ある形に小さく積み上げておく。

夜になってオリを置いた。周囲に当家の使用済みトイレ砂を撒き、オリには旧家の土を撒く。
土地の所有者が地元にいないことは確認済みだが、いちおう蕎麦屋さんの了解はいただいた。
心の中いっぱいに「こわい思いをさせてごめんね」と謝りつつも再会の瞬間に期待を寄せる。

念のために申し添えると、オリなどこの世から消えてなくなっちまえ、と我々は憤っている。
しかし、ミャオ君を確保しうる数々の手段の中では、かなり可能性が高いことも事実であり、
我々が躊躇すれば状況が悪化するのも事実。なりふりに構って取り逃がしてはならないのだ。



日曜朝5時半。夢見の話をしながらオリに近づくと黒い背中が。振り向くと白黒の猫である。
半ば逃げ腰だが座っている。念のため「ミャオ君?」と訊ねてみると、当然だが返事はない。

撤収して帰路についたものの、ミャオ君なのかどうかの確信がなく違うような気もしていた。
すぐに旧家のお嫁さんと面通しをしてもはっきりせず、ご当主がじっと見て「違う」と言う。

四足に白足袋を履き、きれいな鉢割れの白黒の猫だが、鼻が黒くないのが気にはなっていた。
ご当主が「代わりに飼うか」と笑うところへお嫁さんが「家につくまで大変」と止めに入る。

どちらかといえば、ミャオ君よりも亡くなったオルカに似てはいるが、ひと回り小さく若い。
今のところは落ち着いているので、とにかく冷静に相談しようとコーヒーを挽いて話し合う。

ミャオ君失踪と同時に姿を見せたそっくりな子。積み重ねてきた情報の信憑性が崩れ去った。
N氏は本当にここで逃がしたのか?元気なまま?本当だとすればミャオ君はどこにいるのか?

今までの努力が水泡に帰しただけでなく他の子をさらって来てしまった。N氏と同罪である。
ノラなのは間違いないのだが、当家で飼うか故郷に帰すか、まずケガを治して考えることに。

掛かりつけの獣医さんに見せて相談するが、事実を伏せて、N氏の仕業を説明するしかない。
獣医さんは激怒しながら「パニックというよりショック状態に近い」と2本注射してくれた。

大和が使っていたケージを2階の収納の中に組み立て、餌と水とトイレをしつらえて閉めた。
じっとしてはいるが怯えた目をしていて、近づけば逃げようとして奥の格子を登ろうとする。

昼から自治会の集まりに出席してN氏と話した。その後2匹掛かって捨てた、と笑って言う。
何とか冷静を保ちながら普段どおりに振舞ったが、いつまで耐えられるか甚だ疑問ではある。

我々としては正義のつもりで頑張ったし、ご近所と気持ちよく付き合えるようにと願ったが、
その結果、多くの人々の善意に応えられず、獣医さんに嘘をつき、小さな命を危機に陥れた。

性別もわからない、そっくりな子。ごめんね。ひどいことをしちゃったね。こわかったよね。
ミャオ君。お婆さんも心配していたけど、結局助けてあげられなかったよ。元気にしてる?。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-03-23 11:09 | 不思議なフーコ | Comments(3)
Commented by nollipolly at 2009-03-23 15:29 x
ことは意外な方向に進展していってますね、この子猫、どうしましょう?
っていうか、もしかして.....飼う?(^ ^;)
Commented by paji11 at 2009-03-23 22:27
うーん・・・
N氏には困りましたねぇ。
良い対処法も思いつかないし・・・

とりあえずノラなら・・・飼う??(^ ^;)
Commented by nekoyasiki_ippuku at 2009-03-24 16:52

>のりぽりさん

そっくりな子は年度明けまで当家に留め置いて、
ケガの治癒・感染症検査・避妊去勢の予定です。


>ちぇきさん

人間や他の猫たちと共存可能な子かどうか、まだ判断できません。
懐いてくれれば検討の余地もあるのですが。。


  (^^_ 。・


<< 白いタンポポ  (^^_ 。・ 大和 復活  (^^_ 。・ >>