忙しい週末 答えは出ない(0^~^0)

猫の幸せ。

ご飯に不自由なく、自由を謳歌して、恋をして、にゃん生を全うする。昔からそう考えていた。

本当はご飯に不自由さえしなければ、人間と一緒に暮らすことなんか考えなくていいはずである。
人間と一緒に暮らすことを考えるがゆえに、自由も恋も制限されることがある。
それを手放すのは不幸なことかもしれない。

保護なんかしてもらわなくても、いいのかもしれない。

狂おしくケージから自由を願う子を見ていて、この子の本当の幸せって何だろう?と考えてしまう。

約束の2週間が過ぎた。
一応、ご飯やトイレの片付けくらいはさせてくれている。

マオの呼びかけにも応じているように見える。
a0005487_23262616.jpg







でも、ケージの隙間から前足を目いっぱい延ばし、ひっくり返ってそこいらのものを引き寄せようとする。
その小さな足で、爪で、自由を手繰り寄せようとしている。
朝に晩に盛られてくる缶詰ご飯より、風も雨もよけられる場所より、野山を駆け巡り、時には敵と対峙しながら猫らしく生きていきたいと願っているのかもしれない。

今日は夕飯後、ケージの側にひとしきり一緒に居た。
もう慣れたと思ったけれど、一度だけ威嚇と猫パンチを見舞われた。

何かに呼びかける声にいちいち応えてみた。マオと一緒にしばらく話してみた。
全ての顛末を話し、たくさんの人に助けられたこと、神社にお参りをしてお願いをした事、本当に君がミャオ君であったら、今頃おばあさんの傍で幸せにすごしていること。途中から涙が止まらなかった。
君と出会えたのは幸せだと私は言いたいけれど、君には不幸だったのかな?
「ニャオ」
そうか。そうか。

この子の幸せは何か。どうしたらいいのか。
「ニャオ」しか言わない。

答えは出ない。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-04-05 23:34 | 猫たちのこと


<< 忙しい週末 命名「フーコ」  ... echika池袋(0^~^0) >>