忙しい週末 答えは出ない(0^~^0)

猫の幸せ。

ご飯に不自由なく、自由を謳歌して、恋をして、にゃん生を全うする。昔からそう考えていた。

本当はご飯に不自由さえしなければ、人間と一緒に暮らすことなんか考えなくていいはずである。
人間と一緒に暮らすことを考えるがゆえに、自由も恋も制限されることがある。
それを手放すのは不幸なことかもしれない。

保護なんかしてもらわなくても、いいのかもしれない。

狂おしくケージから自由を願う子を見ていて、この子の本当の幸せって何だろう?と考えてしまう。

約束の2週間が過ぎた。
一応、ご飯やトイレの片付けくらいはさせてくれている。

マオの呼びかけにも応じているように見える。
a0005487_23262616.jpg







でも、ケージの隙間から前足を目いっぱい延ばし、ひっくり返ってそこいらのものを引き寄せようとする。
その小さな足で、爪で、自由を手繰り寄せようとしている。
朝に晩に盛られてくる缶詰ご飯より、風も雨もよけられる場所より、野山を駆け巡り、時には敵と対峙しながら猫らしく生きていきたいと願っているのかもしれない。

今日は夕飯後、ケージの側にひとしきり一緒に居た。
もう慣れたと思ったけれど、一度だけ威嚇と猫パンチを見舞われた。

何かに呼びかける声にいちいち応えてみた。マオと一緒にしばらく話してみた。
全ての顛末を話し、たくさんの人に助けられたこと、神社にお参りをしてお願いをした事、本当に君がミャオ君であったら、今頃おばあさんの傍で幸せにすごしていること。途中から涙が止まらなかった。
君と出会えたのは幸せだと私は言いたいけれど、君には不幸だったのかな?
「ニャオ」
そうか。そうか。

この子の幸せは何か。どうしたらいいのか。
「ニャオ」しか言わない。

答えは出ない。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-04-05 23:34 | 猫たちのこと | Comments(7)
Commented by paji11 at 2009-04-06 22:26
いきなり環境が変わったから猫パンチもあるでしょう。
生い立ちもわからないのだから、どうしたものかと思いますよね。

とりあえず・・・ケージはお嫌いのようですね。
Commented by まてちゃ at 2009-04-07 00:59 x
☆paji11さん、重い話題におつきあいいただきありがとうございます。
かわいい猫の写真だけ並べて、明るい話題だけ提供していけばいいんですが、つい・つい・「どうにかできないか?」「助けられないか?」と動いてしまいます。
小さな命のために何かできるなんて、勘違いだと思うのですが、それでも手助けできないかと悶々としています。
この子は女の子かもしれません。
Commented by のりぽり at 2009-04-07 15:26 x
お気楽ブログを装っていますが、私も実はこのことを考えています。
うちの周りにも野良猫ちゃんたちがうろうろ。近所の老婦人がえさを与えているようで、ご飯には不自由していないようですが、寒い冬、アライグマやスカンク、最悪禿鷲などの敵対動物、いつかかるともわからない病気や感染症。それでも野良のニャン生の方が幸せなのか?
でも、国道にはねられた無惨なむくろを見るたびに、やっぱり保護できるものならしてやりたい、と思ってしまいます。
これはほんとに難しいです。でも......もしも望みがすこしでもあるなら、
私は助けてあげたい、と思ってしまいます。
失礼しました!
Commented by yukimomoko at 2009-04-07 19:45
コメントありがとうございました。
あちらにも書きましたが、その子は手術した後は元の場所に戻してあげて良いと思います。
飼い主のいない猫対策として、行政からも支持されているTNRという活動は、T(捕獲)N(手術)R(元の場所に戻す)を意味しています。
保護しなくてはいけない場合の猫は、その場所に戻したら生きていけないとか、命の危険(虐待や事故など)の可能性が高いとか、であって、人懐こい子は不憫なので余裕があれば保護しますが、余裕がないとそういう子も保護はあきらめます。なにしろたくさんいるのですから、何でもかんでも保護すれば良いというわけではないですからね^^;

無理な保護は逆に猫を不幸にしてしまうかもしれないので禁物です。
もしちゃんとした餌場もあり病気もなくおまけに人馴れしなさそうなら、躊躇せずリリース(元の場所に戻す)をして良いと思いますよ。

Commented by yukimomoko at 2009-04-07 19:49
もちろん、時間をかければ懐く可能性もありますから、まてちゃさんに余裕があれば保護しても良いと思います^^
Commented by まてちゃ at 2009-04-07 23:31 x
☆のりぽりさん、ハゲワシですか!猫も大変な環境で生きていかなきゃいけないんですね。この子が居た山間の村はハクビシンやら鹿、イノシシ、狐が出没します。ミャオ君が居なくなって2日目、猫の絶叫が聞こえたという人がいました。狐だろうと。
野良は過酷です。ですが、本来の生き方に近いのも確かです。
全ての猫が幸せに暮らせる世界はどこにあるのでしょう。
望みがあるのなら、何とかしたい。気持ちは同じなのですが。
Commented by まてちゃ at 2009-04-07 23:40 x
☆ゆきももこさん、TNRは行政からも支持されているのですね。
無理だったら、リリースの話は少し気が楽になりました。
ただ、一方でいったん係った以上、きっと嵐の晩や酷寒の朝に
「あの子はきちんとご飯を食べているだろうか?」と心苦しい思いもしやしないかとも。
なんとか上手くいかないものか、どうにかならないかと迷っています。
でも、リリースの選択肢もできてホッともしています。
アドバイスありがとうございます。


<< 忙しい週末 命名「フーコ」  ... echika池袋(0^~^0) >>