そんなコト言えない  (^^_ 。・

新婚(!?)だからというワケではないが、男女とはなかなか難しいものらしい。
我々二人が傍目に夫婦円満そうに見えるからといって、悩みがないワケでもない。

もちろん国を憂いたり悲しい思いをしたり金欠を嘆いたりすることもあるのだが、
それはそれで共通の問題としてキチンと話し合い理解しあうように心掛けている。

話は今年のはじめに遡る。猫たちの憧れの的の「社長の椅子」が壊れてしまった。
猫屋敷を新築した時に、新たな家財と一緒に まてちゃ に買ってもらったのだ。

レバーを動かすと座面が高くなり、体重を掛けると沈んで、レバーで固定するが、
このレバーがバカになった上に、体重を支えているクッション部分が壊れたのだ。

結果、座面はとことんまで下がり、クッションも効かず、石のような座り心地に。
ニト○で特価だったので修理しても高くつく。まあ石の上にも3年などと言うし。

3月のある日。トイレに腰掛けて「さあゆけ!」と念じた瞬間に、激痛が走った。
現代かなづかいでは滅多にお目にかからないが「ち」に「゛」と書くアレである。
立ち上がると、顔から血の気が失せるのがわかり、振り向けば見事な花園である。

それ以来、トイレではノズルの達人の域に到達し、日に何度もシャワーを浴びた。
時にはTVCMでおなじみの・・を買い、やっとここしばらくは痛みも緩和した。

そして昨日。シャワーを浴びつつ思いついた。毛を剃れば衛生的で傷にいいかも。
ブログとはいえ人様には語れないようなアクロバティックな闘いは無事終わった。

ところがである。夕方になってからヒリヒリと痛むのだ。それもモノスゴく痛い。
このままでは眠れないかもと思い、我慢できずに まてちゃ にオネダリをした。

給料日前に大変申し訳ないのだが。使いかけのベビーパウダー、アレくれないか?
「どうしたの?」「いや、まあちょっと」怪訝そうに眉を顰めてじっと見ている。

きっと色々なことを想像しているに違いないが、どこまで真相を見抜いているか。
もしかすると真相以上のことまで想像して、感染症対策室に監禁してしまえとか、
バイオハザードの映画みたいに脳髄を撃とうとか、そこまで考えたかもしれない。

きっと、オイラの脇の下や股間から黄緑色をした宇宙生物が触手を伸ばしていて、
その先から悪臭ふんぷんたるドロドロした汁をピュッピュと放射していたりして。

永遠とも思える数秒が過ぎて「ちゃんと言わないと一緒にお風呂入らないからね」
そう言い残して風呂へ入ってしまった。かくして、わが人生最大の危機は去った。

ホッとしたやら何やらで、オイラは風呂にも入らず、そのまま眠ってしまったが、
正直に白状すべきなのか、これで良かったのか、書いてはみたもののあとが恐い。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-04-24 11:21 | 喜怒哀楽 | Comments(2)
Commented by paji11 at 2009-04-25 00:13
念じたら花園ですか・・・
面白おかしく書かれていますが、病院へ行かれたほうが良いかと。。。
Commented by nekoyasiki_ippuku at 2009-04-25 00:52

>ちぇきさん

アレは治ったのにカミソリ負けしたようです。
毎度ご心配いただいて申し訳ないです~。

  (^^_ 。・


<< 大政奉還  (^^_ 。・ 1階デビュー(0^~^0) >>