無線のキホン その1  (^^_ 。・


無線機とは、無線通信機の略で、電波を利用して通信等を行なう機械を意味します。

電波は電磁波の一部であり、電波法で周波数3テラヘルツ以下と定められています。

電磁波は、荒っぽくいえば電気と磁気とが相互に作用して空間を伝わる波のことで、
電磁波の波の細かさを周波数(単位はヘルツです)波の高さを振幅と呼んでいます。

ちなみに、日常よく知られている電磁波の呼び名を周波数の高いほうから並べると、
ガンマ線・エックス線・紫外線・可視光線・赤外線・電波・電磁界などがあります。

さらに、電波の中でも周波数によって呼び名がついていて、高いほうから並べると、

a0005487_14215973.gif

といったような呼び方をしています。ただし上記の呼び方はあくまで一つの例です。

以上の説明でお気付きだとは思いますが、周波数の高い電波は光と性質が似ていて、
直進性や反射性が高く、アンテナ等が小さくてすむ代わりに高度な技術を要します。

アンテナの長さは、送信受信とも周波数(厳密には波長です)と密に関係していて、
波長を2の倍数で割った長さの金属棒や電線で構成されている場合がほとんどです。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-12-12 14:24 | 航空無線


<< 無線のキホン その2 (^^_ 。・ 8匹目?(0^~^0) >>