カテゴリ:喜怒哀楽( 186 )

扇風機の前の夏休み(0^~^0)

GWはいっぷくが体調不良とかで近場の湖で過ごしただけだった。
夏こそは旅行のひとつも行きたいもんだと思っていたが、それはダメらしい。

昔はリゾート地で外国人になるのが好きだった。色々なハプニングが楽しかった。
夏休みはどっかに行くものだった。

今日も眠れなくて扇風機の前でぼぉーーーーーーーーーっとするんだろうと思う。これが私の休みっちゃ休みだ(苦笑)

あなたの夏休みは?
a0005487_17353910.jpg

[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2004-07-29 17:30 | 喜怒哀楽

東京盆地

猛暑の名所といえば、京都、甲府、関東で言えば熊谷あたりだろうか。
TVによれば、海側にビル群が建ったために、東京も盆地化したらしい。

体温でいえば、38度で頓服薬、40度だと救急車を呼ぶ温度であるが、
一日中30度を下回らず日中は体温以上が当然となればこれは異常。

いっぷく が子供の頃、30度を超えると母がアイスクリームをくれた。
なので、気温計の下端の赤いガラス玉を熱したのがバレては叱られた。

風呂あがりにテンカフン(添加粉でなく天花粉と書くとは後年知ったが)
をはたいてもらい、蚊帳を吊った寝床の影に、ちょっと怯えながら眠る、
などという昔ながらの手段では、たちまち熱中症まちがいなしである。

せめて、水と電力だけは、取り上げないでいただきたいものだと思う。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2004-07-21 08:26 | 喜怒哀楽

パジェロ = 火の車

車で走っていて、対向車がキャンターだと思わずブレーキを踏んでしまうし、
前を走っている車がパジェロだと、火を噴きそうで、つい車間を空けてしまう。

大金で買った三菱車が不良品で、他人や自らの命を危機に晒すとなれば、
PL法以前の問題であり、消費者や加害者・被害者の怒りはいかばかりか。

三菱製全車種をいったん運行停止にして、補償も含めて保証させるべきで、
大企業の顔色に敏感な行政の怠慢が、日本中の道路を恐怖に陥れている。

いっぷく
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2004-07-17 22:45 | 喜怒哀楽

国家って何?


イラクで人質になった3人の家族のもとに、自業自得だと中傷が集中しているそうだ。
数日前に外務省の誰かが自己責任などと発言し、メディアの論調も賛同したせいか。

しかしチョット待て。テロとの戦いであるからには民間人が巻き込まれることは解るが、
他国の国民が人質にとられたとしたら日本人はどう思うか。ザマーミロと思うだろうか。

日本国国家を守るための組織が現地に駐留しているのに、他国の情報が頼りという、
政府の対応の不甲斐なさが露呈する中で、担当省庁の自己責任発言は責任放棄だ。
むしろ、賛同するメディアの無節操さを見るに世論操作を行ったのではと疑ってしまう。

ほんの数ヶ月前、メディアは「世界に一つの花」が再び大ヒットしているともてはやし、
紅白のトリに据え、日本の音楽文化が平和へのメッセージソングを生んだと称えた。
そのメディアがザマーミロを助長し正当化して、日本国民を見殺しにしようとしている。

いっぷく
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2004-04-14 10:14 | 喜怒哀楽

アルコール


掃除にアルコールが必要になったので、「まてちゃ」と近所の薬局へ出掛けた。
昔アルコールを買うには署名捺印が必要だったりしたが、今はいらないらしい。
薬局といってもドラッグストアと名乗り、コーラやカップ麺まで売っていたりする。

商品を補充していたバイト風のお嬢ちゃんに聞くと、アルコール類は無いという。
諦めて帰ろうとすると、商品棚にちゃんとアルコールが並んでいるではないか。
良かったと思う「いっぷく」だったが、「まてちゃ」は笑顔でバイト嬢と話している。

怪訝そうな顔をしていた「いっぷく」へ「まてちゃ」が苦笑しながら説明するには、
バイト嬢、何をどう勘違いしたのか「アルコール→酒」と連想してしまったらしい。

ココは食品店じゃなくて薬局だろうが!と憤懣やるかたない「いっぷく」だったが、
人相風体から薬でなく酒にしか縁がなさそうに見えるか?神のみぞ知るである。

いっぷく
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2004-04-11 14:44 | 喜怒哀楽

確定申告

「いっぷく」は、去年会社を飛び出してしまったので、確定申告に行ってきた。

などといっても、個人事業主の皆さんと違って、経験もなければ経費もない。
書店に並んでいた「らくらく確定申告」といった類の本も買って読んでみたが、
郵送しっ放しというのも不安だし、モノは試し、何事も経験、というお気楽さ。

2月16日から3月15日まで税務署で受付けています、と言われたところで、
まだ締切りまで日もあるし平日なら空いてるハズ、とタカをくくっていた。が。

税務署が近づくにつれて、「税務署はこちらです」「○○税務署臨時駐車場」
などと書いた立て看板が立ち並び、示された方向へと向かう人と車の群れ。
駐車場待ちの大渋滞を横目にしつつ会場に着くと、なんとすでに200人待ち。

諦めて萎えたオバサンやキレてハスに構えたオジサン、と待つことウン時間、
1人の係官を4人で囲む席に着くと、係官の胸には「国税庁」の名札がキラリ。

係官お疲れの様子で「えー、150万から65万引くと35万ですから、んー。」
とおっしゃるので「え。85万。。」と言うと「どうりで少ないと思った」との返事が。
あれこれ確認しつつ記入を進めてゆくと「まぁ、税金は掛かんないでしょう」と。

しかし、タッチパネル・コーナーとやらで機械で印刷してもらい、結果を見ると、
思わず「えーっ!?こんなに取られるのー!?」と声が出てしまうような金額。

そのまま提出窓口へ押し出されて書類を提出すると、係のおニイさんいわく、
「納付は○階になります」「え。。そんなにお金用意してないんですけど。。」
「じゃコレで15日までに金融機関から納付して下さい」「え。」「はい次の方」

↑は「いっぷく」の場合であって、税は「取られる」ものではなく「納める」もの。
確定申告慣れしておられる皆さんは、毎年欠かさず、慌てず騒がず粛々と、
正しく納税しておられることと尊敬申し上げます。えー?ホンマかいなー?。

いっぷく
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2004-03-02 19:44 | 喜怒哀楽