カテゴリ:喜怒哀楽( 186 )

銀行見聞記 その2 (^^_ 。


前回に続いて「格好より本音」なクチの悪い課長です。
「8ケタの電卓なんか銀行に持って来るな」とか
「小遣いは女房にもらうんじゃなく麻雀で稼げ」とか
文字だと凶悪なことをニコニコ楽しそうに言います。

ただ、一部の職業の方と同様に目だけは鋭かったです。
一瞬で相手の強みや嘘を見抜いてしまいそうな感じのする
警察官とか○○○とか、そういった方とよく似た目でした。

お客様なので敬語を使うと「時間のロスだ」と怒ったり
「○なの×なの?どーしたいの?」と書類を投げたり
それでもニコニコ笑顔を絶やさず本当に楽しそうでした。

たまたま課長と二人きりで昼食に行った時のことです。
前々から不思議に思っていたことを質問してみました。
まだ当時はなかったコンビニATMに関することです。

どこの馬の骨ともわからん知識のないバイトなんかに
お客様の大切なお金を扱わせるわけないでしょ。
機械は正しいかもしれないけど合わなかったらどうすんの。

その数年後コンビニATMが一気に普及しました。
ところが必ずしも機械が正しいとは限りません。
滅多にあることではないものの、とんでもないことをします。
このお話はまた次回書くことにして。。

学業成績さえ良ければ銀行員になれるとは限らないようで
例えば某人気ドラマの主人公の奥さんは元銀行員。
一瞬しか放映されなくても実家はかなりの資産家のようでした。

実際に女子行員の皆さんは、裕福な実家から毎日通勤していて
JRの新しい駅から1里四方は○○ちゃんのパパの土地
などという、スーパーお嬢サマがいたりしました。
銀行員としての責任を負うだけの資格、ということでしょうか。

今年の夏にアルバイト店員の非常識写真が話題になりました。
さすがにコンビニATMは警備会社が厳重に管理しているので
投稿ネタとして使われることはない、と思いたいところです。
某国向けATMみたいに自爆装置が必要になると物騒ですから。

それと、都市伝説だと思っていた、名字でなく名前の表記。
確かに金・富・宝・夢などという字はあまり見かけませんでした。
まあ、こちらはキラキラ・ネームな子たちが就職する頃には
すっかり事情も変わっているでしょうけれど。

士農工商の上に金融がくる、といわれたのがバブル時代でした。
そのようなカースト制度が大して長続きしなかったのは
良かったのか悪かったのか、神のみぞ知る、ですね。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2013-10-03 00:12 | 喜怒哀楽

銀行見聞記 その1 (^^_ 。


某ドラマの大ヒットで銀行員という職業が注目されていますね。
昔々、仕事で数年ほど政府系の某銀行へ通ったことがあります。
それもドラマと同じく本店の融資に関係した部署でしたが、
もうその銀行もなくなっているので思い出話ということで。。

我々業者と行員半々の混成チーム長は一流国立大出の課長で
「××銀行」と同じ名前の「××不動産」という会社が販売した
高級分譲地にお住まいの、細身で鋭い感じの男性でした。

朝8時から夜11時まで机を並べて仕事をしていて
IDカードの色以外は大体のところ平等に扱ってもらえたし
家族より長く一緒にいるせいか皆すぐに仲良くなりました。

そしてある日「格好より本音」が身上の課長が愚痴ったのは
奥さん同士が元同期だという左隣の家のダンナはまだ支店勤務で
ダンナ同士が大学から同期の右隣の家は奥さんが出て行ってしまい
休日に家にいても落ち着かないという、超がつく職住接近なお話。

当時の大企業では当たり前のことでしたが、行員の皆さんは
エレベーターホール脇の行員用ATMでお金をおろしたり
本店の地下にあるクリーニング屋さんや床屋さんへ行ったり
仮眠室やシャワー室で休憩してもノー・プロブレムでした。

とはいえ、夜11時には一旦ぜんぶの照明が切れたり
朝6時には全員が建物の外に出されたりしていました。
今思えば警備の都合というかセキュリティ対策だったようですが、
当時はこんな怪談がまことしやかに囁かれていました。

朝当番の女子行員が出勤したところ居室の照明が点けっぱなし。
とある机が散らかっているので不審に思って近づいてみると
そこには冷たくなった同僚の遺体が。。。

当時の企業戦士はそういう存在だったので不思議ではありませんが
今のご時世なら過労死は大問題ですよね。
しかもクチの悪い課長が言うには「中途半端に倒れるなら死ね」

この課長、次回も炸裂します。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2013-10-01 11:33 | 喜怒哀楽

目前で見た危機一髪 (^^_ 。


埼玉に越してからクルマの運転を全面的に任せてもらえるようになりました。
素晴らしく広い道なのに交通量がほとんどない、とあるバス停の近くでのことです。

二人で気持ち良くドライブしていて制限速度ピッタリのバスに追い付いちゃいました。
やがてバス停で止まり、ウチが待っていると後ろのヨソのクルマも止まりました。

乗客を降ろしたバスが発車したので、ルームミラー&ドアミラーで後方確認すると
背の高い1BOXがバカみたく飛んで来ていたものの、ウチはバスのあとに続きました。

数メートル走って再びバスが停車し、ウチもヨソも再び停車しました。
そのとたん、さっきの1BOXがノーブレーキのまま追い越して行く。。。

a0005487_12484191.png

右がわ一人めの横断者をやり過ごすように少し速度を落として横断歩道につっこみます。
が、左がわバスの陰から二人めの横断者が。驚いて立ちすくむ制服姿の女子高生。

バカはさらにブレーキを踏んだものの結局一度も停止しないまま走り去りました。
ウチもヨソもセダンだったのでバスのウインカーが見えないハズもないのに。。

追い越し禁止区間で赤信号を無視、前方不注意などなど点数はけっこう高そうですね。
前がブレーキ踏んだら反射的に右に出て抜く。ほんっっとに運転マナー最悪な県です。



P.S.後学のために何点かわかれば教えてください。速度超過は約20Km/hほどです。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2013-06-13 13:19 | 喜怒哀楽

木のハナシ (^^_ 。


きょうは憲法記念日。第96条改正が議論されていますが実にナンセンス。

どこを変えなければならないか よりも どこでも変えられるように を先に議論するのは、
家に例えるなら、どのドアの鍵を開けるかを考えずに家中の鍵を取り外すようなものです。

憲法で男女平等を謳うキッカケを作ってくれた「ベアテさん」に恥ずかしくないのか
などと思ってしまいます。もし興味があれば「ベアテ」でググってみてくださいね。

法律を木に例えるなら憲法は根っこです。立って歩こうとでも言うのでしょうか。
というわけでもないのですが、以前 まてちゃ と見にきた大きな木を撮影してきました。

a0005487_19315676.jpg

建物の背後に見える木が、埼玉県指定天然記念物「上谷の大楠」です。
手すりを頼りに建物の脇を登っていくと、頭上に広大な空間が広がります。

a0005487_19363659.jpg

立体感のない小さな写真だと伝わらないのが残念でなりませんが、
まるで映画「アバター」の世界に迷い込んだような不思議な生命力に圧倒されます。

a0005487_19404986.jpg

立て札に書いてある「大きな身体をしていますが繊細」ってオイラのこと?
あー、オイラ植物じゃなくて食欲だったっけ。

ちなみに、何と言っても齢千年を越える生き物だけに何とも清々しく神々しい感覚が。
根元近くにお社がしつらえてあるのもごくごく当たり前に思えます。

a0005487_19471645.jpg

まてちゃ と来た後に、パワースポットとしてNHKやTV埼玉で取り上げられたせいか、
以前は何もなかった場所に駐車場(8台)ができていました。

この駐車場は手前が低い斜面なので、手前側のドアを開けると一気に全開に、
反対側のドアは重くて開かないくせにちょっと油断すると勝手に閉まります。

a0005487_19493712.jpg


さてTVといえば、、、TVの上によじ登るせいで大穴が開いた壁のこと。
ついに壁材を貫通してしまい、大穴の中央の小さな暗黒から微かな気流がっっ。

穴をパテ埋めして壁紙を貼り直すか、DIYな金網を取り付けるか、色々相談した結果、
木製のパンチ・ボードがツメに優しいということで取り付けてみました。

a0005487_19574138.jpg

今まで足掛かりにしていた大穴が無いとコンセントを足掛かりにするのは明白なので、
ちょっと工夫して、TVなどの取説や有線放送のプログラムを置いておく場所に。

子供の頃に流行ったハンガー・ボードみたいですが、ツメに優しいって誰のツメ!?
こーゆーハナシのまとめかたをツメが甘いと言います。ちゃんちゃん。


次回は・・・・・今年2度めの鹿児島旅行の記事です。といっても記事2つくらいかなー。。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2013-05-03 20:18 | 喜怒哀楽

少し休んだら?  (^^_ 。


文字通り、我々の台所を支えてくれた「日立ジャー式電気がま」です。
( RZ-D10MT 色:ライトピンク 直接加熱式 100V/600W 甲種電気用品許可番号:81-14135)

たまに まてちゃ が「お水の量まちがえたかな?」と首をかしげるという
「開けてびっくり玉手箱」な状態がここ数日続いてしまいました。

a0005487_758463.png

このところ仕事が忙しい まてちゃ と向かい合って食卓を囲む時間は、
オイラにとって掛け替えのない大切な時間なので主食がトホホでは困ります。

それに何と言ってもお百姓さんとお米屋さん、それと神様に申し訳ない。
ということで新しい炊飯ジャーを見にスーパー隣の某電器店へ行ってみました。

電気炊飯器には炊飯方式が2種類あって
石川五右衛門にちなむ五右衛門風呂のように下から加熱するマイコン式と、竈風に加熱するIH式。

竈といえば、たまに中で猫が寝ていて火がつけられず、米が炊けなかったとか。
カマドにいるネコなのでカマネコと呼んだそうです。 あっ、関係ないかー。。

当然IH式のほうが炊き上がりは美味しいけど消費電力がマイコン式の約2倍だそうで。
それに正面から見て奥のほうに内釜があるタイプはどう考えても使いづらそう。

高級な機種は超音波で米を立たせるとか釜の中を真空にするとか色々スゴいけど、
お財布と相談しながら色々考えた末に買ってきたのがコレです。

a0005487_911735.png


さっそく炊いてみとさすがにウマいです。それに長時間保温してもベチャつきません。
ただ、何もかも理想どおりとまではいきません。あえて欠点を挙げるとすれば、、、、


(欠点1) あちちちち、とフタを閉める時についボタンを押してしまいそう。

(欠点2) いつも炊飯器の上に乗る大和クン。もう少し高さが欲しいようです。

(欠点3) タイマー予約したのに誰かが乗って取り消しちゃうかもしれません。


隣の国で戦争が始まりそうなので、まずは美味しくしっかり食べておかなくては(太)
古いほうの炊飯器は、いまハヤりの「炊飯器で調理」用にしまっておくことにします。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2013-04-02 22:28 | 喜怒哀楽

服はうちー (^^_ 。・


引き続いて「チョコレート展」です。
まてちゃ が撮ったチョコレート作品(?)の写真を一挙公開。

まずは国立科学博物館入り口に屋外展示されているD51のミニチュア↓。後ろ半分が超寸づまり。

a0005487_17135456.png

同じく科博のシンボル、屋外展示のシロナガスクジラのミニチュア。
屋外展示物は実物大なので長さ30mありますが↓こちらは60センチほど。これはお見事です。

a0005487_17141378.png

なんとなくヘン顔なパンダ↓。

a0005487_17142567.png

顔がデカすぎるトリケラトプス↓。

a0005487_17143315.png

シッポが短かすぎるティラノザウルス↓。

a0005487_17144978.png

腹ビレの数が違うシーラカンス↓。

a0005487_17145545.png

みな手作りだけあってちょっとミョーなのがグッときました。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2013-02-05 17:46 | 喜怒哀楽

お庭そとー  (^^_ 。・


きょうは春分。庭にまいた福豆を食べに来た雀の群れに黒山の猫だかりな暖かさです。
さてさて、けさフジTV系列の「めざましテレビ」に大塚キャスターが出ていました。

2011年11月にリンパ性白血病で降板してから1年3ヶ月ぶり。
ロンブー淳の不祥事で3月末に打ち切られる「知りたがり!」の後継番組でキャスター復帰だとか。

20年もの間「5時55分」の顔を務めた大塚さん。
病気が病気だけに完治でなく寛解だそうですが、再びオジサンの星として輝いてほしいものです。

a0005487_11435948.png

おっと。これ↑は映画「チャーリーとチョコレート工場」のウンパルンパでした。
映画「夢のチョコレート工場」のウンパルンパよりもコッチのほうが似ています。

以前にも書いたと思うのですが、大人であり子供のようでもある不思議さがソックリです。
けさの大塚さんの笑顔は↓コッチです。

a0005487_1225011.png

ウンパルンパと関係なく、週末 まてちゃ が「チョコレート展」を見に行くと言うので、
上野公園で待ち合わせて、くっついて行くことにしました。二人だと割引きもあるし。

a0005487_12262034.png

入場券↑もなんとなく板チョコみたいなデザインです。
チョコでできた博物館のシンボルD51とクジラがお出迎えしてくれました。

a0005487_12291913.jpg

さて、展示室に入るなりホンモノのカカオの木↑が植えてあります。
さらにそのむこうにはチョコでできたパンダがっっ。見えますか?

a0005487_12323863.jpg

写真の右がわに写っているカカオの実の中のツブツブがカカオ豆なんですねー。
想像していたよりも実が大きいのはちょっと意外でした。

これを熟成させて乾燥して粉末にして、という工程のパネルや模型を見たあと、
有名国内メーカーの懐かしいパッケージやTVCMのブースへと続きます。

とはいうものの、懐かしすぎてオイラの記憶にありません。
途中には↓こんな写真撮影コーナーもあります。

a0005487_12442689.jpg

鏡よ鏡~世界で一番チョコが食べたいのはだ~れ?
一部を除けば基本的に撮影OKだそうで、カメラ持ってくれば良かったねー。

最後に、チョコで出来たパンダや恐竜を見てから特設売店へ。
特設限定ショップはちょっとだけで、三越伊勢丹の売店がほとんど。

a0005487_12532957.jpg

このサイズで一万円超えのカレボーブランドのチョコもありました。
バンホーテン、フライ、カイエ、ネスレ、リンツ、ハーシー、みんな人の名前だったんですねー。

試食やチョコレート・ファウンテンなどはなく子供さんにはツマンナイでしょうが、
しっかり腹減りましたし、若い女性の比率はナルホドでした。

そーかぁ。黒猫の名前にショコラとかノワールとか洒落てますね。
雀を見ながら寝ちまったウチの愚連隊には似合いませんが。。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2013-02-04 13:04 | 喜怒哀楽

年の瀬の猫屋敷(0^〜^0)

今年もミルク母さんから心づくしの玉手箱が届きました。


a0005487_18184955.jpg


大好物のオンパレードと髪留めや、学生(放送大の学生)の必需品のポストイット、素敵なカードを頂戴しました。本当にありがとうございます。
早速昨日、味見をさせていただいて、堪能しております。



さて。

年の瀬の猫屋敷では、猫が自由に過ごしております。
いや、いつも自由なのですけれどね。

その1。
a0005487_1821249.jpg


殿君と黒い誰かその1です。
殿君の寝顔はいつも笑っているようで、心がなごみます。

その2。
a0005487_18195978.jpg


マオです。手前は黒い誰かその2。
マオはこういう『ごめん寝』で寝ます。誰もじゃましないでって感じです。わかります。わかります。


その3。
a0005487_18241029.jpg


いっぷくの脱ぎっぱなしの香ばしいシャツとその香ばしさが好きな黒い誰かその3です。大和君かもしれません。何がいいんでしょうね。やっぱり香り??

その4。
a0005487_18271048.jpg


窓越しの姫ちゃんです。
大晦日だっていうのに案外寒くありません。
姫ちゃんもいっちょ前にガン飛ばしができるようになりました。ガン飛ばして「何よぉー」とやるのはぶっちさんの得意技ですが、こうして後継者ができました。見てくれてるかな?


さてさて、とにもかくにもこうして年の瀬を迎えることができました。
皆さまへの感謝とともに、また来年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-12-31 18:37 | 喜怒哀楽

バラのありか

『薔薇の名前』といえば、ウンベルト・エーコの名著です(哲学と宗教学の本だと思ってください)が、1つ前の記事をもう一度読んでみてください。

気になりませんか?

バラのありか・・・実はトイレです(ww

トイレですって??と思いますよね。

実は猫屋敷のトイレは普通より広いです。(ニャンコ用ではありません。念のため)

そして猫屋敷の家の中は勝手口以外は全て引き戸です。
そして、そして、「戸開け職人小次郎」が在籍しております。

トイレも引き戸なのですが、唯一、カギがかけられます。

猫屋敷のミニャさんのご飯はPHコントロールなので、ぶっちが療養食の腎臓ケアパウチとかA/D缶を食していると、ミニャさんが、わらわらと寄ってきて、落ち着いて食事ができませんでした。
そこで、ぶっちだけはVIPルームとも言えるトイレで、カギをかけて食事をさせていました。

うまく食べられなかったり、よだれが出てしまったときに、トイレットペーパーをすぐに使えるので、給仕係の私にも便利な空間でした。
ぶっちの体重回復を願って、何度も二人でおこもりし、励ましあった空間でした。

トイレに入ると、ぶっちとがんばった時間を思い出します。

つい、隅に目がいきます。

a0005487_8422797.jpg



いっぷくが私のお誕生日にくれたお花は、まだ元気に咲いてくれています。
結果的にミニャさんが手を出さない花の飾り場所としてトイレが選ばれたのです。


ぶっちが逝った後に、新潟旅行がありました。

手帳には、旅行と合わせて「ぶっち入院」「ぶっちおかえり」と記入してありました。

咲き誇るバラの花に、いっぷくの心遣いを見ながら、ぶっちとの思い出に浸る時もあります。


バラのありかは、悲しみと愛とを示しております。

ああ、本家『薔薇の名前』のように、『知らない』と結べたら格好良かったですね。
A(C)。エーカッコシーは私にはできないわ(笑)
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-12-09 08:55 | 喜怒哀楽

セブンスター Limited Editon (^^_ 。


コンビニで「セブンスターのソフトパック」と言ったらコレが出てきました。

a0005487_7463789.jpg


高校2年の時に初めて喫って以来、ずっとセブンスター派なのでビックリです。
いつもの白いパッケージでなく当時このパッケージで出会っていたら嫌だったかも。

ハタチになったら止めるから、という言い訳をして色々遊んだりもしました。

蛮カラというか骨太を気取って青いパッケージの「ハイライト」とか、
場末のインテリなイメージの「いこい」は五線譜と四分休符のデザインで、
気取った食事には赤いテーブルクロスに合わせて2代目の「チェリー」とか。

小学校の眼科の校医がソバージュ&ハイサンダルなハスキーボイスの女医さんでした。

三十路の行かず後家(おっとアブナイかな?)で大人な香りがプンプンでしたが、
要再検査で診察室を訪ねてみて納得。ペン立ても吸い殻入れもピースの青い空き缶。

あそこまで割り切れればある意味「人生怖いものなし」かもしれません。

ちなみに、ピースに浮気して1週間ほどしたら急に声が出なくなってしまったので、
もう絶対にやめると誓いました。タバコそのものではなく銘柄の浮気ですけどね。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-08-16 08:13 | 喜怒哀楽