カテゴリ:かもん!別腹( 122 )

高麗川マロン 顛末記 (^^_ 。


2012年9月23日(日)朝。大雨の中をクルマで出掛けました。というのも、、、

農協のオバチャンに「今年は20日からだよ~」と教わったのに仕事で無理。
オバチャンいわく「今年はぜんぜんモノが入ってこないんだよね」だそうで。
今年のカラ梅雨と猛暑でウチの裏の栗も当時まだ青二才。無理もないです。

翌日行ってみると誰もおらず「21・22は休みます」の貼り紙がヒラヒラ。
クルマに戻りかけると、後から来たオジサンが貼り紙を見て苦笑しています。
「23日が勝負ですねぇ」と言うとオジサン「へへへへへっ」と照れ笑い。

さてさて勝負の23日。大雨のなか栗のために早起きしました。
販売開始の一時間前なのに長い行列ができ、駐車スペースももう限界です。

雨をよけて荷さばき所の屋根の下に並ぶと色々な人の会話が聞こえます。
「××さんが8時からって言ったけどもう8時過ぎたよね」
「そりゃアンタ××さんが8時に支度しに来るって意味じゃないの?」
「そういや○○さん今年は来んない(きんない:西埼玉の方言です)ねー」

責任者とおぼしき爺チャンが「出荷係どうしたぁーー!」と呼んで回るわ、
生産者の方のクルマが入れないわで大騒ぎ。威勢のいい祭りのようです。

結局8時半前に販売が始まったものの帰ろうとしたらクルマが出せない(汗)。
雨の中を車道へ出て他のクルマを整理して、今度は まてちゃ の誘導で離脱。

最後に、行ってみよーかなー、とおっしゃる方のためのポイントを4つほど。


■栗本来の味を楽しみましょう
 スーパーでは、薬剤入りの蒸気で虫や卵を殺しつつ日持ちする加工をした栗を
 正確に計量してから並べますが、栗本来の自然な風味は望めません。
 むしろ、虫がいたり重さが変わったり日持ちしないのが自然な姿です。

■「直売」であることをお忘れなく
 テントひと張りのスペースに係の人がスシ詰めで対応していますが、
 皆さん生産者の方で、自慢の栗を手塩に掛けて育てるのが本来の仕事です。
 どうしても「お客様」扱いしてほしい方は、ぜひ銀座千疋屋へどうぞ。

■子供さんが来るところではありません
 上に書いたようにクルマの出入りや荷さばき所など危険だらけですし、
 暑い日にクルマで待たせても危険なので、連れて来ないのが一番です。
 長時間並ぶこともありますし、近くにトイレやコンビニもありません。
 ちなみに、県条例により停車中はエンジン停止が義務です。

■栗をどう調理するか考えておきましょう
 係の人に長々相談したり、栗の前で悩んだりすると、後ろが迷惑します。
 インターネットでも品種や特徴や調理法が見つかるので調べてみて下さい。
 その上で、行列に並んだどうしで情報交換するのも楽しいと思います。


生産者の爺チャンが行列を見て「ありがたいこって」と嬉しそうでした。
その気持ちを大切に受けて「こっちこそありがと」と感謝したいです。

今年も立派で美味しい栗をありがとう。
くれぐれもトラブルや事故で開催中止、なんてことがありませんように。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-10-03 11:43 | かもん!別腹 | Comments(4)

特産 高麗川マロン (0^〜^0)

今年も買ってきました。
地元の特産 高麗川マロンです。
a0005487_11125561.jpg



これは国見という種類でサイズは4L


a0005487_11131990.jpg

大きいものを量ったら、54gありました。

で、現在のお姿。
渋皮煮です。


a0005487_11133965.jpg


今年もごちそうさまです。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-09-29 11:14 | かもん!別腹 | Comments(4)

故郷の味  (^^_ 。


子供の頃、家族で帰省するたびに桜島を望む海水浴場へ連行されました。

当時80歳代だった婆ちゃんがカエル泳ぎの手本を見せては、
若い頃は皆ここから桜島までの1里を泳いだものだ、とオイラを叱りました。

ごほうびは近くにある島津家ゆかりの名勝庭園の名物「ぢゃんぼ」でしたが、
溺れて海水でピリピリしている舌には旨いかどうかわかりませんでした。

先日帰省したとき「気分転換に」と地元在住の従弟が庭園へ案内してくれて、
以前すべての店を食べ比べて決めたという、甲乙つけがたい「ぢゃんぼ餅」ベスト2を
我々二人が見学している間に買ってきてくれていました。


a0005487_1348516.jpg

上の桐原家両棒餅店のほうは「みたらし団子」に近い味で、ウマいっす。
子供の頃とは違って味覚も磨かれましたし、なんたって溺れてませんから(汗)。

「ぢゃんぼ」はスワヒリ語の jumbo でなく「両棒」の中国語読み「りゃんぼー」で、
武士の脇差しになぞらえて餅に挿した2本の棒に因んだ呼び名だとか。

a0005487_1357541.jpg

こちらの平田屋は、中華丼の餡のような味で、これもウマウマっす。

どちらも餅そのものは3センチほどの食べやすい一口サイズなので、
一気にベスト2を平らげた我々はそれでも物足りず、コンビニへ行きましたとさ。

いまだにオイラはカナヅチですが、「ぢゃんぼ餅」の詳しいお話は こちら で。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-06-03 14:06 | かもん!別腹 | Comments(2)

3月のバレンタイン (^^_ 。

a0005487_1355493.jpg


春が来る前に食べてしまおうと、チョコレートフォンデュをやってみました。
具は、お約束の リンゴ バナナ そして まてちゃ特製おからクッキー。

そして、最後に試してハマったのは「歌舞伎揚げ」。不思議にオイシイです。
あ、最後の最後には、容器の底に残ったチョコレートをペロペロ舐めました。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-03-08 13:14 | かもん!別腹 | Comments(4)

バレンタン 改め バレンタイン (^^_ 。

a0005487_19361140.jpg

客先のお姉さんに戴きました。営業でも義理でも本気でもありません。
気兼ねのない友チョコです。男にとっては何歳になっても嬉しいもの。

a0005487_19362624.jpg

おしかったです。さすがオイラよりお姉さん。バラしたらマズいかな。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-02-23 19:37 | かもん!別腹 | Comments(3)

1月のクリスマス(0^〜^0)

クリスマスのケーキはフルーツたっぷりのケーキでした。

店頭でケーキを選ぶとき、声を低くして、店員さんが、
「実は・・・私もこれを予約しました」と、おすすめしてくれただけあって、フルーツたくさんでとてもおいしいケーキでした。

ケーキ予約のときに、カフェでの「コーヒー、紅茶、フルーツジュース引換券」なるものを1枚もらいました。


今日は残業がなかったので、いっぷくと一緒に高野フルーツパーラーのカフェに行ってみました。

店内のメニューはさすが。一番のおすすめはあまおうイチゴのパフェ。
私の注文はすぐに決まりました。
イチゴパフェ。
特大のイチゴとイチゴのシャーベット、イチゴのムースとジュレ、イチゴソース・・・さすがにおいしさをよくご存じで。

a0005487_21345672.jpg

いっぷくは、引換券を使うことにしました。

「おいらは、コーヒーかなんか頼むよ」というのを、
「だめよ。ここは絶対にフルーツジュース。おいしいに決まってるもん」という会話を聞いて、店員さんが笑っていたとか。

でも、フルーツジュースはコーヒー、紅茶の倍の値段がします。当り前か。
「じゃぁ、フルーツジュースは何になるかと聞いて、適当に選ぼう」ということにしました。

ところが。
聞くと、フルーツジュースはメニューに書いてあるもの、どれでも選べるというのです。

「じゃ、絶対、マスクメロン」

だって、マスクメロンジュースの値段はコーヒーの倍の値段。

a0005487_2264020.jpg


見えますか?
イチゴパフェの向こうのメロンジュース。
私も味見しましたが、妥協のない濃厚なメロンジュースにメロンシャーベット。添えてあるメロンはとろりと甘い芳香の高級品。絶品でした。

それにしても、クリスマスケーキの値段から、この引換券でこのジュースをサービスして、こんなにお得でいいんですか?

クリスマスが二度やってきたような甘い時間でした。


帰途についても、イチゴとメロンの息が甘く、幸せな気持ちになりました。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-01-17 21:35 | かもん!別腹 | Comments(4)

来年も並ぼう (^^_ 。・

9月下旬のこと。
客先からの帰りに急に催したので市役所の駐車場にクルマを停めました。

無事に用を済ませてほっとして、ふと思い出したのが
まてちゃ から聞いた「市役所の裏で栗を売っている」という話です。

あたりを散策して、それらしい場所を見つけたものの誰もいません。
「10月×日まで入荷はありません」の張り紙が風に吹かれていました。

先週末の朝、仕事でクタクタな まてちゃ を励ましつつ行ってみると、
すでに数十人の女性が並んでいました。それも元気なオバサンばかりです。

クルマを停める前に まてちゃ もその列に並びました。
あとから まてちゃ のところへ行くと、皆さん楽しそうに話しています。
4回も並んだとおっしゃる可愛らしいオバサンとも友達になりました。

で、ついに手に入れました。
a0005487_941911.jpg


前の記事の栗はホームセンターで偶然手に入ったので品種はわかりません。
ですが、今回手に入れた「筑波」のほうが小ぶりな感じがします。

オバサンたちが「もう利平はないの?」と盛んに言っていたので、
もしかすると前回のは利平だったのかもしれません。
栗の種類に詳しいページは →こちら

オイラが居眠りしている間に まてちゃ が調理してくれました。
前回よりも柔らかくしっとりしていて味が濃い感じがします。

鬼皮をむいて渋皮をていねいに取って、と手間が大変そうですが、
また来年も並んで、たくさん作ってもらうことにします。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2011-10-08 09:13 | かもん!別腹 | Comments(2)

大人の栗の渋皮煮

やっと秋ですね。

栗ですね。

で。

とびきり大粒の栗が手に入ったので渋皮煮をば、作りましたです。


a0005487_1804331.jpg


最近は、栗ハサミなどという便利なものがあるので、爪が痛くなったり、指先が茶色になったりせずに、渋皮煮ができます。
渋皮の「おけけ」の部分は、いっぷくと一緒にむしりました。
心なしか、いっぷく氏の表情が残念そうだったのは、気のせいだったでしょうか?

「大人の栗の渋皮煮」
甘すぎず、ほんの少し香り付けに醤油をたらしたのがコツです。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2011-09-25 18:03 | かもん!別腹 | Comments(2)

絶滅危惧種タヌキケーキ(0^~^0)

GWに実家に帰ったとき、急に、昔食べたケーキを思い出しました。
”タヌキケーキ”。

私が幼い頃、カメラが好きだった父や兄が駅前のカメラ屋さんであれこれ物色するのに待たされると、隣のケーキ屋さんで、いつもケーキを買ってもらっていました。
中でも、”タヌキケーキ”は、大好物でした。


確か、駅前のバス通りかその一本先の道沿いにあったはず・・・。
急に降り出した雨の中、ケーキ屋さんを訪ねて、あちこち歩きました。
あの頃、ライバルだった不二家はまだ駅前にあるのに、そのケーキ屋さんは見つかりません。

駅前の古そうな古本屋さんにいっぷくが聞いてくれましたが、
「古い話だね」とのこと。

なんとか携帯電話で検索して、ケーキ屋さんが移転していると知りました。
雨は土砂降りです。
いっぷくの持つ折りたたみ傘一本では、もう濡れるのは免れません。
でも、せっかく探し始めたし、いっぷくは楽しみにしているし、引き返すわけにはいきません。

昔通った小学校やら、遊んだ交通公園やらを横目にさんざん歩き回り、びしょ濡れになりながら、
やっとタヌキケーキに再会できました。

a0005487_22214845.jpg



「昔、カメラ屋さんの横にありましたよね?」と、私。
「そう。先代のころはカメラ屋さん、靴屋さんの横に並んでいたよ」と、店長さん。
お目当てのタヌキとおすすめのフルーツケーキと、確か絶品だった焼き菓子を買って帰宅しました。

おうちでいただくと。
タヌキはきちんとしたロールケーキにコーヒークリームで、見た目以上においしい。
フルーツケーキも丁寧なおいしさ。クリームの扱いが上手い。

おいしいねー。
がんぱった甲斐があったねー。

実家に帰る楽しみがまた一つ増えました。



ところで。
私の記憶が確かならば、昔食べた”タヌキケーキ”はこんなヤツだったはずです。
もちろん、クリームはバタークリームでした。a0005487_1325152.gif

あとでネットで調べたら、”絶滅危惧種タヌキケーキ”とありました。
そう言われてみれば、最近見かけないですね。
でも、上の”タヌキケーキ”はまだまだいけます。

次に会うのが楽しみです。・・・・・って食べちゃうんですけどね。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2011-05-06 13:40 | かもん!別腹 | Comments(4)

バレンタインって何?(0^~^0)

「2月14日ってバレンタインって言うんでしょ?」

殿君、顔変よ。

a0005487_2383786.jpg




「何か良い事あるんでしょ。」

うん。良い事あるけど、君には・・・・・。

a0005487_2311579.jpg



「ねぇ」
関係ないと思うよ。

a0005487_23121050.jpg


「ねぇ、ねぇ、それ何?」

ん。チョコレートケーキだよ
a0005487_23142366.jpg


レシピだよ
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2011-02-15 23:27 | かもん!別腹 | Comments(0)