カテゴリ:メディア( 67 )

すごくビミョーな幼稚園  (^^_ 。

ドイツに 猫の形をした幼稚園 があるそうです。
建築デザインとしてはユニークなのでしょうけれど何かすごくビミョーです。

この「革新的発明と製品情報」というブログ自体すごくビミョーですが楽しいです。トップページ からお入りください。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2015-06-06 08:22 | メディア | Comments(2)

映画 ダーリンは外国人 (^^_ 。


借りていたDVDを返しに行って、ついまた借りてきてしまいました。

マンガのほうは何度か見たことがあって愉快そうだと思ったのですが
この映画を見てマンガのほうまで嫌いになってしまいました。

マンガ家志望の売れないイラストレーターがアメリカ人のダーリンと出会い
意気投合して同棲を始め、姉の結婚・父の急死を経てマンガとして家デビューします。

ところが忙しすぎてコミュニケーションがとれなくなってしまい
ダーリンのご両親に挨拶しに行こうとして、、、というハッピーエンドなお話しです。

一貫しているのは「日本のこと知らなくてバカなんだぜ」という見下した感じと
物事のケジメや外国への理解のない自己中な主人公です。

特に印象に残ったのは、忙しい主人公のために家事をこなすダーリンに対して
衣類についている洗濯方法の表示マークを知らないのか、と怒るシーン。

アンタさー、アンタが外国に行っていきなり洗濯してうまくできるの?
ダーリンは日本語ペラペラだけどアンタ英語を勉強しようともしないじゃん。

まてちゃ いわく「ハッピーエンドなのにこんなに不愉快な映画は初めて」だそうで。
夏の夜更けを楽しく過ごそうというアイデアは、もろくも崩れ去ったのでした。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2014-07-30 09:47 | メディア | Comments(0)

映画 リンカーン 秘密の書 (^^_ 。


ツ●ヤでCDを借りるついでに借りてきました。

タイトルのとおり、第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンが主人公です。
が、、、、実は彼のもう一つの顔が、なんとヴァンパイア・ハンターという荒唐無稽な設定。

少年時代に母をヴァンパイアに殺され(史実では毒草を食べた牛の乳を誤飲したとか)
昼は法律を学びつつ夜は復讐のためにヴァンパイアを次々と殺します。

それを快く思わないヴァンパイアは、大統領に就任した彼の息子をも殺してしまいます。
史実では4人の息子のうち3人を亡くし、子孫も1985年に断絶してしまいましたが
こういうのって設定そのものが名誉毀損にはならないんでしょうかねー。

最悪なのは、アメリカ合衆国(北軍)と、合衆国を脱退したアメリカ連合国軍(南軍)の
いわゆる南北戦争で、奴隷解放に反対していた南軍をヴァンパイアが支援するという話。

血を飲むための食材だった奴隷が自由になるとヴァンパイアが生きて(?)ゆけないために
南軍兵士の姿で北軍に押し寄せるヴァンパイアたち。それを銀の弾丸でなぎたおす北軍。

これ、アメリカ人特に南部の人が見たら何て言うんでしょうねー。
日本に置き換えれば、豊臣を支援した鬼たちが徳川に滅ぼされる、という感じでしょうか。

戦闘シーンにちょっとマトリックスみたいなテイストもありましたが、
あのティム・バートン制作だけにツッコミどころ満点、グチャグチャドロドロもあります。

まあ、ギャグ映画として見るなら100点満点で3点。
100円出して借りて来るのはちょっともったいないかも。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2014-07-06 10:03 | メディア | Comments(0)

横山秀夫サスペンス 沈黙のアリバイ あらすじ (^^_ 。


なぜか↑このキーワードで検索して来られる方が急増しているようです。
記事 には大したことは書いておらずガッカリしてお帰りのようですが。

リンク切れになってしまった「あらすじ」は ココ で読むことができます。

それにしても、8年近く昔の大したことのない記事がどうしていま??
ま、、、まさか まてちゃ が歌う「タイガー&ドラゴン」が大人気とか?
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2013-02-19 15:09 | メディア | Comments(0)

続・クリスマスがやって来る  (^^_ 。・


クリスマスがやって来る の記事に書いた秋月電子 のFMトランスミッター・キットですが、
TV台の中に置いたものの、TV台は時々猫が中に入り込んで遊んだり暴れたりします。

このまま放っておけばいづれ 被害甚大 の記事の二の舞になるのは間違いないので、
キチンとしたケースに入れることにしました。用意したものは

021-002-033E プラスチックケース ¥220 (マルツパーツ館)
BNC-BR トーコネ BNC型ナット止め式パネルレセプタクル ¥504 (マルツパーツ館)
ナベコネジ φ3.5mm 35mm 4本

秋月でも基板取付型のBNCコネクタを買いましたが今回は使わず、
新たにケース貫通型のBNCレセプタクルを買ってしまいました。


まずは図面をおこします。だいたいのところ↓こんな感じでしょうか。

a0005487_1628750.jpg

a0005487_16284429.jpg

そして図面通りにケースを加工していきます。

a0005487_16302776.jpg


ここでひとつ問題が。このケースは基板を差し込んで固定するためのヒダヒダがあります。

a0005487_16324675.jpg


電源やオーディオのコネクタ差し込み口を加工する時にジャマなので、
電気ドリルにグラインダ(のようなもの)を取り付けて一気に削ってしまいます。

アンテナを取り付ける場所にBNCレセプタクル用のφ10mmの穴を開けて
基板との間の配線さえハンダ付けすれば、あとは組み立てて完成です。

a0005487_16394350.jpg


暗闇だとLEDの緑色のバックライトが何ともオーディオっぽい感じです。
窓がまっすぐでなくグダグダなのはご愛嬌、そのうちヤスリで仕上げますからー。

a0005487_16422995.jpg


、、、などと書くと順調に仕上げたように聞こえますが、実は途中で危機一髪。
幸いジャンパー対応で救われたものの集中力不足な連続事故でした。ダメだなあ。。

基板にハンダ付けした仮アンテナを短く切ってレセプタクルにハンダ付けしたら、
ワッシャを通すのを忘れたりして基板を振り回してしまい、パターンが剥がれました。

貫通型のレセプタクルなんか何度も配線したことかあるハズなのに、
何度もひっくり返しては配線し直して、うまくいったのは5回目(汗) 情けないっす~。

それと LCD延長基板キット を買っておけば、ケースの選択肢が広がったかも。。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2013-01-19 17:01 | メディア | Comments(2)

子供の遊び (^^_ 。


アネア大陸の東部に位置するエストバキア連邦は、
西部に隣接するエメリア共和国への侵攻を企て、
2015年、エメリア共和国の首都グレースメリアを急襲します。

その際、国民的シンボルの王様橋が落とされ、、、、
というのは、2007年発売のXbox用ゲーム「エースコンバット6」のお話。

a0005487_11393387.jpg



そして 2012年9月、リンゴ王国が母国のシンボルである金門橋をこんな姿に。
iPhone だか イヤホンだか知りませんが、今年は開通75周年の記念すべき年。
子供の遊びじゃないんだぞ!!と言いたいです。。

a0005487_11453851.jpg

[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-10-02 11:47 | メディア | Comments(0)

ひきこもり夫婦 その2 (^^_ 。


全国的にはお盆休みなのに仕事へ出掛けている まてちゃ からメールが届きました。
著作権法はじめ計5科目に合格したご褒美にケーキが食べたいそうです。はいはい。

著作権には保護期間というものがあって、例えば映画の場合は70年だそうです。
70年を過ぎると誰も権利が主張できないので こんな 映画の楽しみ方もOKです。

この間借りたDVDの中にも古い映画が何本かありまして。



(1)モンパルナスの灯 (1958年)

二枚目ジェラール・フィリップが画家モジリアニの青年期~最期を演じ、
アヌーク・エーメが恋人のジャンヌ・エビュテルヌ役を演じた、銀幕の美男美女の恋物語です。

まてちゃ の知り合いの老婦人が「ロマンチック」と評したのですが、
存命中まったく不遇だったモジ君のダメっぷりが素晴らしく実に「不愉快」です。


(2)第三の男 (1949年)

アメリカの売れない小説家だった主人公は親友の死に疑問を抱き、
事故現場に居合わせた男が2人ではなく3人だったことを突き止めます。

ところが、その「第三の男」を目撃した証人が何者かに殺害され、
主人公はその犯人として警察に追われる身となってしまいます。

第二次世界大戦直後の四分割統治下のウィーンを見ることができるのと、
アントン・カラスによるツィタ(チター)の有名なテーマ曲が聞けます。
ただ、明るく楽しげな曲調と裏腹に陰鬱で嫌な後味の残るストーリーです。

場面場面の時間配分が不自然で、若きオーソン・ウェルズも醜いし、
光と影の効果による撮影技法も当時は画期的だったのでしょうけれど
これでもかと多用しすぎたために作品全体を通じたメリハリに欠けます。


(3)天井桟敷の人々 (1945年)

19世紀パリを舞台に、ジャン=ルイ・バロー演じる無言劇役者バチストと
美女・ガランスの恋、そして二人を取り巻く男たちの数年間を描いています。

中学か高校かの頃に見た時は、下層階級の民間活力に圧倒されましたが、
今見ると「あっそーなの?ふーん?」程度の印象しか残りません。


(4)ひまわり (1970年)

マルチェロ・マストロヤンニ&ソフィア・ローレンが演じるイタリアの夫婦。
出会ってすぐに結婚した二人を第二次世界大戦が引き裂いてしまいます。

ソビエトの雪原に倒れたとの情報を得た若妻は、ついに夫を捜し当てますが、
幸せに暮らす一家を見た妻は夫を一目見て逃げるようにイタリアに帰ります。
それを追いかけてイタリアに戻ったソビエト国籍の夫は。。。。

ヘンリー・マンシーニの甘く切ないテーマ曲と一面のひまわり畑が有名で、
西欧と非友好的だったソビエトでのシーンには建設中の原発が映っています。

気付いたのは 米倉涼子 が、この映画での ソフィア・ローレン に似てること。
あと、マルチェロ・マストロヤンニ演じる苦悩する夫って、、、だらしのねぇ奴。

この映画を反戦映画と評する人もいますが、公開された1970年は大阪万博の年、
こんな小さな不幸を描かずとも、もっと自由にストレートに反戦できたはずです。
あちこちで「戦争を知らない子供たち」って歌ってたでしょ?

身内の年寄りによると、ソ連兵と朝鮮人に追い回されて九死に一生を得たり、
シベリアに抑留されたりしたそうなので、元気で良かったね!とオイラには思えます。



・・・・・お盆休みというより「明日は終戦記念日」な流れでスミマセン
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-08-13 19:18 | メディア | Comments(2)

ひきこもり夫婦 (^^_ 。



梅雨寒だったのにこの猛暑、その上雨が降りません。
そのせいか今年は野菜の育ちが悪く、柿も牡丹も花が咲きません。

しかもブッチの具合が芳しくなく、丸一日家をあけるワケにもいきません。
こんな休日は、いっそ引きこもり!とDVDを借りて見ました。


(1)空飛ぶペンギン

「マスク」でお馴染みのジム・キャリーの最新作なので期待していたのに、
仕事一途なサラリーマンが元妻&子供たちとの絆を取り戻す話でした。

なんだまたかよー。子供&小動物、笑い&涙&ハッピーエンド。
手を変え品を変え、原作のストーリーを捻じ曲げてもこの程度なのか?。

「エース・ベンチュラ」2作と「マスク」でのジム・キャリーはイイけど、
「マスク2」には出てこないし、他の出演作も光るものがなかったし。

唯一の救いは、この時期に涼しげな映像を見られることですかねー。



(2)This is It

巷の話題はロンドン・オリンピック。

こちらはロンドン公演直前に亡くなったマイケル・ジャクソンの記録映像。
もちろん映画館でも見たしDVDも見たけど、ブルーレイを借りてきました。

もう言うことないです。特典映像で見たステージ衣装の数々も最高でした。
いったい何度言ったかわかりませんが、実現してほしかったです。

ロンドン・ロンドン・ロンドン
愉快なロンドン 楽しいロンドン ロンドン・ロンドン
ロンド~ン・グル~プ~♪ って違うか(汗)


(3)ステキな金縛り

夏といえば怪談、なのですがオイラ怖いのは大の苦手です。
もうちっょとソフトじゃないと、と思って借りたコメディです。

そのうちCX系で放送するでしょうから内容は書きませんが、
西田敏行あっての作品なので、ぜひ「ゲロッパ」と一緒に借りて見てね。


(4)おとなのけんか

最後に書くからには今回のベストです。実に面白いです。
ロマン・ポランスキー監督&ジョディ・フォスター他共演ですから。

オープニングロールの後ろでは、
男の子たちが口論になったらしく一人が棒で他の子を叩きます。

そしてジョディ・フォスターのアップ。それを囲む3人の大人。
ここでピンと。この人えーと誰だっけ? まてちゃ が思いだしました。

クエンティン・タランティーノ監督「イングロリアス・バスターズ」で
SS将校を演じたオジサン。こりゃあタダで済むはずがありません。

場面はほとんど叩かれた子の家、セリフも双方の両親のものだけ。
まるで舞台芝居、と思ったら戯曲を監督が脚本化したものだそうで。

なんかこう、、、気持ちがモヤモヤしてスッキリしない夜にイチオシです。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-08-08 13:56 | メディア | Comments(4)

レンタルDVD その2 (^^_ 。


来週末、まてちゃ の高校の同窓会があります。
卒業から××年、女子の皆さんはどんな話題が多いんでしょうね。

オイラの高校では、やはり髪の毛とガンマGPTや孫の自慢話、
あと、高校時代の趣味を定年後また続けるか?という話題でした。

前回の同窓会では、名刺を交換しながら仕事の話をしたり、
男女で「じつはあの頃スキでした」みたいな話ばかりでしたが。。

クラスメートやバイト仲間の思い出は、自分だけの思い込みが多くて、
再会して話をよくよく聞くととんでもない勘違いだったりします。


さて、タイトルにローカルな地名が入っている映画を借りました。
以前見た「下妻物語」で、どれだけ田舎かのセリフが笑えたからです。

今回借りたのは「大洗にも星はふるなり」
大洗に旅したことがあったので、深くは考えずに借りてきました。


海の家のバイト仲間だったカワイコちゃんから主人公に手紙が届きます。
クリスマスなのに夏のまま残った海の家で彼女を待つ主人公(山本裕典)。

ところが次々と現れたバイト仲間全員が彼女の手紙をもらっていました。
ひとりひとりが自分こそが本命だと思っていて、思い出話を告白します。
やがてテンションはあがりまくり、あわや乱闘に。。

そこへ海の家の撤去命令を携えて現れた弁護士(安田顕)が、
よせばいいのに彼らの妄想を理路整然と論破していきます。
そして弁護士も、会ったこともない彼女が好きだと言いはじめて。。

バイト仲間のひとり、ナルシー男(山田孝之)が論破されて、
ズタボロな情けない男に変身?する演技がなかなかのものでした。


感想を書きますと、テンポはいいはずなのに何となくダレます。
登場人物が少なく舞台も屋内がほとんどなので芝居向きかもしれません。
スピンアウト作品もあったので両方みて評価を決めたいと思います。

「オレなんか栃木から3時間かけて来たんだぞ」というセリフ、
今となっては北関東自動車道が開通しているので、あっという間です。


今となっては、とか、今だから言うけど、とか。
同窓会の常套句ですが、人生振り返ればあっという間なのかもしれませんね。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2011-11-19 08:40 | メディア | Comments(2)

レンタルDVD その1 (^^_ 。


最近あまりにTVがつまらないのでツ○ヤの会員になりました。

もちろんUSENも聴いているのですが、
クリスマス前に二人でちょっといい映画も見たいと思ったのです。

今回たまたま借りたのは「シュガー&スパイス 風味絶佳」

横田基地にほど近い東福生のガソリンスタンドを舞台にした
柳楽優弥 と 沢尻エリカ のバッドエンドなラブストーリーですが、
感想を一言で言うならば「別に」。

柳楽優弥の祖母という設定の 夏木マリ の強烈なキャラ以外、
何の印象も残らない上に時間の無駄としかいいようがありません。

東福生という場所柄、アメリカ人とおぼしき外国人がいたり、
英語の看板が並んでいたりするのですが、だからどうということもなく、
背景に聞こえるエンジン音で機種を当てる楽しみしかありません。

2階にある古いHDD&DVDレコーダーに
なぜかラスト5分だけ録画されていたので借りてみたのですが、
ラスト5分を見れば充分です。

夏木マリの「昔から言うことだけど女の子はシュガー&スパイス」
優しくするだけではダメ、というセリフがタイトルらしいです。

これもナンセンス。好きな子に優しくしたいのは当然です。
「釣った魚に餌はやらない」でなく「釣ったんなら餌あげようね」
でないと、魚は弱って死んでしまいますから。

ちなみにサブタイトルの風味絶佳(ふうみぜっか)は
クリスマスパーティの翌日、主人公が祖母からもらった
グリコキャラメルの箱に書かれた宣伝文句でした。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2011-11-13 11:40 | メディア | Comments(2)