<   2005年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

三度目のステロイド注射(0^~^0)

少し前からみるくが首をプルプルするしぐさを始めた。虫がいたから、とか、何か気になるものがあったんだろうなんて、勝手な解釈をしていた。歯茎はすこぉし腫れていた。
決定的にステロイドの効き目が切れたと判断したのは金曜の晩。みるくが元気を無くし、全く喉を鳴らさなくなっていた。少しばかりの餌を食べるも、ウツウツと寝るばかり。
口を開けると、やっぱり歯茎が赤くなっている。前回のステロイドの効力は1ヶ月と聞いていた。投与からまだ3週間弱。納得いかないが、みるくが痛いだろうと思うと居ても立ってもいられない。診察時間前から、診療所に行き、医師に状態を告げる。

とにかく医師も効き目の切れに驚きつつも、この症状にカリシウィルスが原因にほぼ間違いないと言う。カリシウィルスのキャリアであることはどうやって決定するのか?と聞いてみた。「細胞診か骨髄液の検査」と返ってくる。・・・そこまでしなくてもいいか。痛い思いはなるべくさせたくない。前回の注射と同じ注射をするのは糖尿病・肝機能への副作用が心配されるという。今回は効果が短いほうのステロイドを注射をする。

続く・・・まてちゃ(0^~^0)
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2005-05-28 20:03 | 頑張れ!みるく | Comments(4)

ガム買ってー

a0005487_1991637.jpg


カネボウフーズのガム「カラフル・ル」の旧パッケージが半額でした。
たくさん食べてしまったのですが、残り少なくなったので、記念撮影。

手前はミニケースですが、左のボトルが初代、右のボトルがセピア、
それぞれ7種類の味があり、左の円は時計回りで4時半あたりから、

ストロベリー オレンジ レモン ライム ソーダ ブルーベリー グレープ

右の円は反時計回り7時半あたりから、こんな味↓が入っています。

カフェオレ ハニーレモン ウーロン ジンジャー アップルティー シナモン コーヒー

まてちゃ は色々組み合わせて遊びながら食べて笑っていましたが、
いっぷく は冒険する度胸がないので、同じ色を捜してから食べます。


いっぷく
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2005-05-28 19:08 | きゃわゆい | Comments(0)

プール依存症(0^~^0)

ほぼ毎週泳いでいる。
糖尿病患者だから、運動を習慣としないと、身体が立ち行かないーーーというのは、言い訳で、プール依存症状態である。(語源はイン・ザ・プールより)

続く・・・まてちゃ(0^~^0)
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2005-05-23 16:40 | 喜怒哀楽 | Comments(2)

アブないっ!

ちらっと見た文字の読み違えネタで、古くからあるのは「おこと教室」ですね。
あるお店で見かけた「「冬のツナサラ」は、ニンニクやトウガラシ入りなのでしょうか?。

よくスーパーで見るのに、声に出せなくて困るのが「パイパン」や「キムチチゲ鍋」、
a0005487_2131537.jpg

それから、えーと、女性立ち入り禁止コーナーでは「んこ鍋」や「おこめ券」ですね。
ぶり」と大きく筆字で書いた缶詰が、山と積まれているのも、ちょっとアレですねぇ。
a0005487_21293632.jpg

でも、これは。。。さすがにちょっと。そのまんまですし。
a0005487_22273690.jpg

いっぷく
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2005-05-21 22:51 | 喜怒哀楽 | Comments(3)

三種の毛玉(0^~^0)

抜け毛の季節も落ち着いてきたけれど、スキンシップや身体の状態のチェックのために、ブラッシングをしています。
これはある日の猫屋敷の毛玉状況。
a0005487_10543741.jpg

白はいわずとしれたみるく。グレイは白黒猫オルカ。・・・何と言うか何色だろ?薄茶系のはまーぶる嬢。この三種の毛が家の中を闊歩しています。んーーーーーーーーーーっと。さぁ、掃除機かけますよぉ!!
まてちゃ
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2005-05-21 10:51 | 猫たちのこと | Comments(2)

ビタミンC仲間(0^~^0)

口内炎にはビタミンCも効くようです。キャベツを食べて、症状が治まっているコもいます。サプリメントを与えるときは人間の1/3錠くらいで」
と医師が言うが、まさかキャベツは食べないだろう・・・猫なんだし。
ほうれん草におかかでも混ぜ込んで騙して食べさせようかと考えあぐねていたところに比較的やわらかいビタミンサプリメント発見。

a0005487_872249.jpg
1錠を半分程度に割った後、指先で角張ったところをくるくると丸めて1/3くらいの大きさに削って飲み易くしてしまう。みるくにポイっと与えた残りは人間が服用することとする。本来は猫は体内でビタミンCを生成するものだが、抵抗力が落ちているみるくは、より多くのビタミンCを要する。しばらくは「ビタミンC仲間」になろうねーー、みるちゃん!
口内炎に効くもう一方の雄Bだが、こちらはポークベーコンを食べてもらおうとしたが、あっさり断られてしまった。しばらくビタミンC仲間を続けよう。
まてちゃ
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2005-05-18 08:06 | 頑張れ!みるく | Comments(2)

みるく元気になる


効果が短いほうのステロイド注射と、毎夜の投薬に切りかえた みるく であるが、
60時間以上経ったのに、効果が少ないのか、予想以上に症状が進行したのか、
食餌も進まず、ほとんど起き上がることもなく、ウツウツと眠り続けるようになった。

まてちゃ が獣医ともう一度話がしたい、というので路上に駐車して診察を受けると、
いつも小声でにこやかな獣医は、まてちゃ の語気に微かに苛立ったらしいものの、
止むを得ず、投薬を中止して、効果が長いほうのステロイド注射をすることになった。

6時間後 みるく は起き上がって餌をねだり、12時間後には歯茎の腫れも薄れた。
24時間後は普段の みるく に戻って、まてちゃ にスリスリ甘えたり庭で走ったり、
痛くて飛び上がっていた歯茎にも、タッチさせてくれるようにまで回復したのである。

心底ほっとしているのだが、注射の効果は2週間だそうで、やがて消えてしまうのだ。
そして、だんだんと副作用に苦しむ上に、注射そのものが効かなくなってしまうのだ。
すっかり元に戻ったように見える みるく だが、カウント・ダウンは既に始まっている。

炎症が治まっているうちに、たくさん食べて体力をつけ、歯磨きの練習をしなくては。


いっぷく
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2005-05-17 20:10 | 頑張れ!みるく | Comments(1)

みるく獣医通い


みるく の息がどうも臭う、と まてちゃ が案じて みるく の口を覗こうとしたが、
みるく だって嫌なものは嫌、必死で抵抗する。どうも口内炎がひどく痛むらしい。
同じ症状で、歯石除去のために全身麻酔をかけて治療してからまだ3ヶ月である。
いっぷく が車庫入れに手こずっている間に診察が終わったので聞きそびれたが、
獣医が言うには、子猫の頃にひいた風邪が原因のある種のアレルギーとのこと。

一週間注射を続けてみて様子を見ましょう、ということなので獣医通いが始まった。
まてちゃ は今とても仕事を休めないので、当然ながら いっぷく の出番なのだ。
気配を察して逃げ回る みるく を無理やり籠に詰め込んで、車を走らせていると、
痛いし怖いし自由を奪われるしで、みるく は高いか細い声で啼き続けるのである。
信号待ちで歩行者に怪訝な顔で見られるし、何といっても可哀そうに思ってしまう。

だが症状は改善せず、ついに昨日インターフェロンからステロイド注射に切りかえた。
獣医の説明によれば、この注射はだんだんと効かなくなり注射する頻度も上がって、
効果の短い薬に副作用はないが、強い薬は糖尿病になったり腎臓を傷めるそうだ。
唯一救いなのは みるく が若くて体力があることだが、早い話が不治の病である。

みるく の母猫は街の猫なので、かなり幼い時期に みるく を追い払ったらしく、
ひと腹の中で最初に姿を見せたのが みるく であり、確かに風邪もひどかったが、
獣医を出てハンドルを握りつつ、もっと早く保護していれば、などと思わず考えると、
相変わらずの みるく の啼き声もあいまって、思わず目頭が熱くなってしまった。

街母から生まれた宿命と言ってしまえばそれまであるが、余りに神は残酷である。


いっぷく
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2005-05-13 12:42 | 頑張れ!みるく | Comments(2)

会社は誰のもの?


あのカネボウが、粉飾決算疑惑のために6月13日付で東証上場廃止だそうである。
化粧品や繊維製品や食品など女性に身近なイメージの強い一部上場企業であるが、
キャンギャルを起用した化粧品水着のCMで、男でも知らない人はいないだろう。

粉飾決算での廃止は、78年の不二サツシ工業や79年の大光相互銀行以来だが、
昨年12月17日に有価証券報告書虚偽記載で廃止された西武鉄道も記憶に新しい。
ホリエモン対TBSの騒動の時にも思ったことだが、会社って一体誰のものだろう?。

株式は全く解らないので大勘違いかも知れないが、欧米諸国では株主のものらしい。
経営者や商売を信頼して資金を貸してくれる株主に、配当を返すのは当然なのだが、
アメリカのように3ヶ月毎の業績で経営陣の首が問われるのは、違和感が拭えない。

かといって、古式ゆかしき日本企業は、株主と総会屋は黙れ、という雰囲気が強い。
じゃあ働いている社員のものなのか?それとも所在する地域のもの?お国のもの?。
色々と考えてみたのだが答えは見つからない、というよりも誰のものでもないようだ。
粉飾決算や有価証券云々をした当人は、会社は自分のものだと思ったのだろうか?。

日本では、個人の大金持ちはおらず大企業がお金を握っている、という話を聞いた。
そうだとすると、誰のものでもない大企業が、日本のお金を握っていることになる。
誰のものでもないお金であれば、盗んだり隠したり我が物にするのは当然のことで、
汗水たらして働く人や頑張って稼いでる人は金持ちになれない。そんな国は滅びる。

いっぷく
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2005-05-13 11:06 | 喜怒哀楽 | Comments(0)

GW後日談 の後日談

久々に遠乗りして、戦士の休息から目覚めても、まだ休みだもんね、と喜びも束の間、
どうも まてちゃ の加減がよろしくない。しかも「寝ていれば直る」の一点張りである。
夜になっても一向に芳しくないので、掛かり付けの病院へ閉店直前の滑り込みセーフ。

潮干狩りのあと行った、那珂湊の激安回転寿司の「何か」が最有力容疑者のようだが、
ほとんど同じモノを食べた いっぷく は何ともなく、医師の診断に対し懐疑的であった。
だが、深夜に まてちゃ に診断どおりの症状が現れるに至って、疑いは賞賛に変わり、
安堵の祝杯に酔いつつ、居間のホットカーペットで猫と雑魚寝した いっぷく であった。

ところが、である。朝になって元気を取り戻した まてちゃ に起こされると事態は一変、
酷い二日酔いか高熱を患ったかのように、頭がガンガングラグラし、足はフラフラである。
見事な「くびれ」が復活した まてちゃ にも目もくれず、丸一日寝たり起きたりしていた。

翌日、事態は見事に悪化した。吐き気がないため楽観していたが、ついに下痢である。
この後に及んで、ようやく まてちゃ と酷似している症状、と納得せざるを得なくなった。
まてちゃ の余った薬をもらって呑んでも、丸一日寝ていても、症状に何の変化もない。

やむなく、普段行かない大病院に行って、水っぽい女医の処方した薬を呑んでも同じ。
リンゲル注を一本キメたのに、水分調節がおかしくなり、鼻が完全に詰まってしまった。
三角形したヘビ皮の腕時計なんかチャラチャラいじってんじゃねえ!トリガラ厚化粧女!
などと、当人のいないところで罵倒してみても、猫の喧嘩のほうがはるかにマシである。

こうなったら意地でも食べて呑んで直したる。ちなみに まてちゃ はすっかり元気です。

いっぷく
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2005-05-08 01:23 | 喜怒哀楽 | Comments(2)