<   2006年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

餃子が食べたい(4)   (^^_ 。・

a0005487_2119223.jpg

餃子の皿には店の名前を書いた紙が入っていて、あれこれ食べ比べることができる。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2006-11-27 21:21 | とにかく!満腹 | Comments(4)

餃子が食べたい(3)   (^^_ 。・

メディアで何度も取り上げられたせいか、休日などはすさまじい混雑ぶりであるが、
もともと5種類しかないので、あれこれ迷わずにさっさと必要な枚数だけ食券を買う。
そして食券をカウンターへ持って行くと、下のようなポケベルもどきを受け取るのだ。
a0005487_20311017.jpg

飲食コーナーで座席を確保して待っていると、やがてコイツがピーピーと鳴り出して、
カウンターで餃子と引き換えるのだが、ふと思った。コイツのほうが餃子より高価だ。
餃子を頼むフリをしてコイツを持って行かれてしまったら大赤字なのに無用心かも。。


つづく・・・
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2006-11-27 21:04 | とにかく!満腹 | Comments(0)

餃子が食べたい(2)   (^^_ 。・

a0005487_2014163.jpg

飲食コーナーの片隅に、上の宇都宮餃子広場があって、右手奥で食券を購入する。
5店分のメニューは写真中央の白い看板の下だが、売り切れると下の写真のように。
a0005487_20102726.jpg

つづく・・・
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2006-11-27 20:13 | とにかく!満腹 | Comments(0)

餃子が食べたい(1)   (^^_ 。・

a0005487_1936468.jpg

まてちゃ の手料理の中でも、パスタ類やカレー、鳥のから揚げや餃子は逸品である。
だが、たまに名店といわれる店の料理を食べてみるのも、色々な意味で必要である。
少し前のこと、東北道の上河内(かみかわち)SAへ餃子を食べに行ってみることに。
a0005487_19362892.jpg

建物の入り口脇には上のような案内が貼ってあり、宇都宮餃子会の加盟店の中から、
週替わりで5店が出店して、売切れご免で餃子のみではあるが、食べることができる。


つづく・・・
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2006-11-27 19:46 | とにかく!満腹 | Comments(0)

バディユアマンボーイ:we will rock you(0^~^0)

お誕生日です。
忘れもしません。15年前、敬愛するフレディ・マーキュリーが亡くなりました。1ヶ月、左腕に喪章をつけて過ごしました。

15年たった今、私の誕生日は、没後15年記念とやらです。
「24日の金曜は休みます。誕生日なんです」と言った私に上司は
「そう、皆集まってお祝いしてくれるの?」と聞きました。

還暦や古希じゃありません。そんなことしませんって(^^;
でも、少なくとも新宿コマ劇場に集まった人たちは、フレディに思いをはせて、11月24日を過ごすことでしょう。

今年も行きます。we will rock you
そして歌います!踊ります!(当然、客席からですが)

映画も見てきます。(予定)
フレディ祭りでいこう(笑)ちなみに何歳になったかは秘密。永遠に歳を重ねないフレディのように。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2006-11-24 01:12 | お祭り | Comments(6)

のだめ   (^^_ 。・

フジ系列でOA中の「のだめカンタービレ」を毎週欠かさず録画している。
しょせんマンガと見下げつつも結構笑えるので食事時には最適なのだ。
暴力も死体もなく生理用品のCMもないし、身内贔屓の笑いでもないし。

登場人物の中に 上原美佐 が演じる 多賀谷彩子 という歌い手がいて、
彼女がステージの上に立って歌うシーンがあるが、違和感が拭えない。

まてちゃ と一緒によく行く店のひとつの トナカイ というオペラサロンで、
生のボーカリストの歌を幾度となく見るが、TVの出来はお粗末である。

クラシック曲を歌うという行為は、それほどナマやさしいものではない。
ソルフェージュやコールユーブンゲンなどを用いて行なう発声練習は、
筋肉の鍛錬であり、腹筋や咽喉はスポーツ選手の筋肉と同じなのだ。

ステージ上できらびやかな衣装をまとっても、体全体を楽器として使い、
筋肉に最大限に近い負荷を掛けているからには、かなり重労働である。
しかし、バレリーナの踊りと同じく、見かけの上では、つらさは見せない。

良いドラマだけに、歌い手と楽器弾きとの違いにも気付いて欲しかった。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2006-11-21 11:20 | メディア | Comments(1)

猫屋敷スペシャル:ごめんくださいの猫穴(0^~^0)

「台所の床下収納に、すのこにキャスター付けたの入れて、こう、紐ひっぱって、持ってきてもいい」
「それいいっすね。漬物とか入れて」
「いっそ、床を自由にアクセスできるようにする?」
「猫が入ったら喜びそう」
「どこかに猫の出入り口をつけてください」
「ドアを設けた家があったなー」
「床下から入るのもいい」
「ここにさ、出窓の収納を作るから、ここから出入りさせたら」
「あー、それいいなー」
「基礎の一部を外して、下から入って、こう・・ここから出てくる」

アイデアマンの大将と話していて、床下収納の話しから、新・猫屋敷には、オルカ専用(?)猫出入り口が付くこととなった。
我々はその猫の出入り口をいたく気に入っていた。

後日、別のスタッフと話しをすると
「リビングのど真ん中にそんな穴があったら、冷気が入ってきて、寒い、台所に作ったらどうか?」という話しになった。
「今なんか、開けっ放しですから、全く気になりません」といっぷくが応酬した。

その後、基礎打ちを見に行ったら、なんか、全部コンクリートで固めてある。
オルカの入り口はどうした??
慌てていっぷくに連絡をしてもらう。
いわく、忘れてないそうだ。本当かなーーーー??
基礎枠を外した後を見ると、写真のとおり。a0005487_0234672.jpg

現場監督と打ち合わせをすると
「いいアイデアでしょう?ちょうど水道屋さんが来ていて、15cmのパイプを切ってもらったんですよ」と自慢げ。いい出来の猫穴だ。
「猫、大きいんですか?でも15cmあれば入れるでしょう?」
いや、もう、大満足です。頭下がります。

「でも、家の中はどうするんですか?猫、ごめんください・・ガラガラなんて戸を開けて入ってくるわけないし。クスクス」とはオトボケ系設計士H氏。想像しているのか、笑いっぱなし。

「出窓の一番下を引き戸にしてもらいましょう。オルカが家の中に居るときは閉めておく。出るときは開けて出ていく」あー、今と一緒?開けっ放しじゃないだけか。

ま、いいっか。開けたら、閉めておけば、外から帰ってくるとき、自分で引き戸を開けてくるか・・・。
ごめんください・・・ガラガラ って。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2006-11-20 22:44 | 田舎暮らし | Comments(4)

設計図追加:夢の加算とオタク部屋(0^~^0)

費用の工面とは別に、不動産屋さんで、大将と話しあうたびに、夢が図面に載っていく。
階段は広めに。
風呂は大きめ。
トイレは広めに。
全ての戸は引き戸に。
床下にすのこ車の収納の手配。
あそこに収納。
ここにも収納。
押入れでも寝られるってのは・・。
出窓に机を。
ぶどう棚も。
・・・・・・・・・・・・・・・・・枚挙にいとまがない。

そして、後で掲載されることになる、「猫屋敷スペシャル」な仕組みも。

基本からどんどん追加機能が載っていく設計図。

今のところね。要らないと言ったのは、天袋の間接照明くらい。
障子は随分早い段階から、『これでお願いします』と言っていた。

ほとんど普通の障子の横桟を1つだけにしたもの。
狭い部屋が広く見えるだろうという算段と、掃除が楽そうな障子。

あと、玄関の飾り格子。これは別料金で請求された。
手間が掛かる上に、仕上がりの出来を要求される仕事。仕方ないか。

そうこうしているうちにたった、2部屋しかない部屋のうち、一つは『オタク部屋』と称されるようになった。普通、書斎とか、ご主人の部屋とか言われるものだが、どうも利用者のいっぷくの風体から、命名されたらしい。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2006-11-20 16:51 | 田舎暮らし | Comments(2)

不動産屋さんにローンを頼む:味方(0^~^0)

単独で銀行とやりあうのを諦めた私たちは
「私がやれば、たいてい審査は通るから」と豪語する不動産屋の社長さんに住宅ローンを頼むこととした。
(☆KEIさんの言うとおりです)
源泉徴収表と、納税証明書を取り寄せて額を見て・・・あれ?納税額が合わない。
そんなことがあるんか?きっと謝金の分がおかしいんだ・・・。なんて心配をしていた。
「大丈夫ですか?(合わないんですけどぉ・・・)」
「大丈夫よ」とニッコリ笑う社長さん。

帰り際にNさんに私が本当に心配することを聞いた。
「以前、女性だと、7がけとか8がけとか言われたんですよ」

「前はねー。そんな事言いいましたよ。私も以前、お客さんが女性で、8割しか貸さないと言ったから、私、怒って、『私だって、女性だ。どこが悪いんだ!』と言って満額引き出しました。今はそんな事、銀行も言いませんよ。大丈夫」と武勇伝を聞かせてくれた。
ダメなら全額引き上げるぞと、銀行におどしをかけた事もあったそうだ。

任せよう。この人たちだって、
「このお客に家を建ててほしい」と判断してくれたのだから。
社長とNさん、頼もしい味方になった。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2006-11-18 21:45 | 田舎暮らし | Comments(4)

クリスマスがやってくる   (^^_ 。・

クリスマスまであと6週間を切りました。今年も スタンバイOK らしいです。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2006-11-18 07:37 | お祭り | Comments(2)