<   2007年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

別れる事はつらいけど(0^~^0)

a0005487_1341231.gif仕方がないんんーーだ、うちのたぁめー♪
別れに星影のワルツを歌おう♪


うちが引越すことは、去年の団地建替のための住民話しあいで宣言してある。
「年内には探すんで」
なぁーーんて、ご近所の手前言っていたが、引っ越す気はもう6年前から決意していた。
でも、手ごろな物件もないし、いい条件もないし・・・でぐずぐずしていた。

新居の場所は昨年9月から決めていた。

それでも、一応、ご近所には遠慮して、「なかなか良いところが無くって・・」と煙にまいていた
なので、引っ越す引っ越すと言いながら、なかなか動かない猫屋敷一式にご近所は、「どうすんの?」てな目を投げかけていた。
転居の場合の条件が9月末に決まると、うちの変人のほうの隣人は逃げるように引っ越してしまった。

古いお付き合いのご近所さんが、1月にうちにいらしたときに、引越しの具体的な日程を告げた。
70を越えた、いい声の上品な老婦人の方だ。昔からよくお世話になっていた(本人は少し忘れているところもあるけれど)方だ。
「まぁ、そうやって、『住み続けられなくなった』 仲間が居なくなるのは、寂しいことだわ」と玄関先で涙ぐまれてしまった
引越しは残念だが、新居には、幸せいっぱい、陽がいっぱいなのだが、それを言っては残る人に失礼にあたる。皆さん、もうご高齢なのだ。また、ご高齢ゆえに、高齢者特別待遇で建替え後の団地に生涯、半額の家賃で居住できる特権も持ち合わせている。
20年間の家賃特別減額処置を選択することができる私なのだが、20年経ったときには、この人達と同様の待遇はない。収入はない、年金はない・・の状態でいきなり通常家賃に跳ね上がる仕組みになっている。建替えは今働ける人たちで、将来、高い家賃を払えない人を追い出す処置でもあった。

いつぞやは、気のいいご近所のおばちゃんも、
「寂しくなるわ」とスーパーの前で涙を流してくれた。泣く人なんかじゃないのに。

昨日も庭先でいっぷくが、親切なお隣の奥さん
「せっかくいい人とお隣同士だったのに」と嘆かれてしまった

ご近所さん、長いこと仲良くしてくれてありがとう。そして、さようなら。
星影のワルツの3番だけを引用
さよならなんて どうしても
言えないだろうな 泣くだろうな
別れに星影の ワルツを歌おう
遠くで祈ろう 倖せを
遠くで祈ろう 倖せを
今夜も星が 降るようだ

[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-02-27 13:41 | 田舎暮らし | Comments(0)

キャットウォーク  (^^_ 。・

お願いしてもいないのに棟梁がタダで作ってくれた、オルカへのプレゼントである。
釘一本抜けば取り外せるよう工夫して下さったのだが、はてさてどうなることやら。

a0005487_143292.jpg

[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-02-25 01:05 | 田舎暮らし | Comments(5)

本当に嬉しかった:(0^~^0)

a0005487_2325735.jpg

家が完成するまでの間、毎週、新居のある田舎まで往復した。半年の間、ほぼ毎週、二人で見に行った。
営業のNさんも、不動産屋の社長さんも、監督さんも、現場でがんばってくださった大工の棟梁さんと息子さんも、他、色々携わってくださった方々も、本当にありがとうございました。

何よりも私たちが嬉しかったのは、週末に見るたびに、みるみる出来上がっていく家があったこと。
いっぷくも私も仕事に忙殺されながらも家の数々の打ち合わせに参加し、くたくたになりながらも、先週よりも確実に完成に近づく家を見てほっとした。

週末に成長した姿を見せる家は、その後ろに、大工さんや多くの人々が手をかけ、汗を流した結果である。
週の中で、仕事をしながら諍いがあったり、ふてくされたり、疲れてへとへとになった、どの時間かはわからないのだけれど、その同じ時間、誰かがこの家のために仕事をしてくれていたこと。寒い中、盛んにハナをすすりながら、がんばってくれた棟梁かもしれない。軽口をたたいていた、塗装屋さんかもしれない。家の中にゲンノウや、電動ノコや、掛け声、にぎやかな音が行き交い、生き生きとしていた時間があったこと。
その成果が、こうやって完成につながっていく。
ふてくされて、へこたれて、打ちひしがれた、心と身体にふっと息を入れてくれるようで嬉しかった。
だから、どんなに疲れても忙しくても、私たちはこの現場に通い続けた。力を分けてもらいに。疲れた心と身体を癒してもらうために。この家を見にくることが私たちの週末の楽しみだった。

引渡しが終わった後、障子の一部の桟が、少し当たることに気づいた。いっぷくが気づき、私が、監督にクレームを入れることとしていたが、仕事に忙殺されたまま、連絡しないでいた。
次の週、障子の近くに小さな カンナクズを見つけた。試してみると、障子は当たることなく、スルスルと動く。誰か職人さんが気づいて、カンナをかけてくれた。
もう引渡しが終わり、誰も手をかけないと思っていたこの家の小さな不具合を気にかけてくれていた。この一週間のどの時間だろう?思い返すとまた、むずがゆいように嬉しかった。慌てて、クレームの電話を入れなかったこと、結果オーライとした。

22日に、新居に出向くと、その日に玄関脇の飾り格子の取り付けと階段の飾り棚のアクリル窓のために馴染みの棟梁と監督、職人さんが新居に来てくれた。
久しぶりに活気のある現場が帰ってきたような気がした。皆がこの家のことを気にかけてくれた日がよみがえった。嬉しかった。
私たちもこの家にほれ込んでいるが、それ以上に職人さんたちがこの家を気に入ってくれている。本当に嬉しかった。ありがとう。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-02-23 22:21 | 田舎暮らし | Comments(4)

にゃんにゃんにゃんの日のお祓い:(0^~^0)

a0005487_2323551.jpg

にゃんにゃんにゃんの今日の善き日に、猫屋敷は新居お祓いを済ませました。

「神棚を設えるので、まず引越し前に新居のお祓いを済ませてから」
というラインを引いたのはいっぷく氏自身。
ところが、どうもせっかちなこの御仁は、部屋の片付けを済ますたびに
「新居に荷物を運び込みたい」と騒ぐのである。

そもそも、新居完成予定は2月~末くらいという話しであった。
ところが、大工さんのがんばりで家の引渡しが2月頭にあった。そのときすでに、引越し業者さんとの間で引越し実行日は3月頭と決めてあった。
それから、まず、新居に最初に置く荷物は何か?ということになり、田舎ものの私は「何でもいいじゃん」と言っていた。

でも、水周りがまず鬼門にあることから、「荒神様だけは置きたい」と言っていた。
それから、「荒神様だけあって、神棚がないのは変」とかいっぷくの実家が神道ということもあり、神棚を設えることとなった。
当然、他の荷物はともかく、最初に家に置くものは「神棚」である。
「神棚」はやはり、神職の方に立ち会って設えたい。
と、決めたとき、2月の善き日は、11(日)、17(土)、22(木)、28(水)しか残っていなかった。
11は私が仕事。17は神職の方の都合がつかない。
で、にゃんにゃんにゃんの今日の日に、お祓いをしていただくこととなった。
ついでに、大工さんが来て、玄関の飾り格子の設えやら、階段の飾り棚のアクリル枠の取り付けやらをしてくれることとなった。

で、肝心の荷物は、思い出のものを数点運び入れた。
これで、引越しは名目上スタート。
さて、引越し本番までは2週間を切りました。ますます忙しくなります。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-02-22 13:43 | 田舎暮らし | Comments(4)

財布も冷蔵庫も:(0^~^0)

引越しをひかえて、なるべく買い物をしないようにしている。冷蔵庫には何もない。
と、いうか、給料日前でからっ欠。

住宅ローン以外にも、案外色々なところで細かくお金を使う。
先週は、駅前に新しく駐車場を借りるために、敷金を支払ってきた。他にも色々なところでお金を使う。
労力をお金で買っているのだから仕方ないのだけれど、その前は新居のための火災保険。
明日は、神事を行う。玉串料だってかかる。

カーテンだって、ストーブ(ガスの種類が違う)だって、布団も新調、セコムも入ったり、電話も移動費がかかる、ネット環境も入り直し、TVもそうだ。あ、TVも買うんだっけか・・・

家を買うとなると、つい、土地と建物の価格ばかり気になるが、実はその周囲のお金もバカにならない。それが、あらかじめわかっているのなら、いいのだが、ノンキなわが家は、必要だとわかってから、用意するので、もう、大変(^^;

今日はいっぷくと二人で猫砂と神事に使う日本酒を買ってきた。
「私まだ、お札がある」
「おいら、お客さんのところへ行く交通費とっておかなきゃ」
「あ、明日の昼飯、どうしよう?・・・ロッカーの中に豆乳スープの素があるから、あれを濃い目に溶いて、安いパンを買ってくれば、なんとか飢えをしのげる」
などと、高校生みたいな事で笑う。
「将来、こんな事があったと笑えるといいね」
「もっと、ひどくなってるかも。小麦粉溶いて、鉄板の上で焼いてるかも」
本当にね。
ま、たまには、空きっ腹を抱えるのもいいかもしれない。でも、どうしようか?
「あ、いい事考えた。この前パン作った(近所の方の集まりにアンパンとクッキーを焼きました)ときに、クッキーの切れ端を冷凍庫に入れといたのさ。あれを焼こう。冷凍庫も掃除できるし、カロリーメイト買うより安い」

カロリーメイト買うより安い・・・。おー!貧乏だなー(笑)カロリーメイトっていくらだっけ?
帰宅すると、TVで「銭金」を放映していた。田舎暮らしにビンボー。まさにこれからの私たちだわ(笑)
畑でもやろうかなー?冷蔵庫に入っていない野菜・・・。魅力的かもしれない。

と、いうわけで、給料日が待ち遠しい。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-02-21 22:50 | 田舎暮らし | Comments(0)

今年のチョコレートケーキ:(0^~^0)

今年は一個ももらえなかった
と、いっぷく氏が泣くんで、ケーキを焼くこととなりました。

a0005487_2216485.jpg
いつものやつです。焼いた当日より、日を追ったほうが、どんどん落ち着いておいしくなるケーキ。今朝、早速食べたけれど、やっぱりまだ若い。
「まだまだ、小娘」などとセクハラ発言連発しながら、朝食代わりに食べました。
来年はもっとていねいに焼きたいなーーーっと。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-02-15 22:17 | かもん!別腹 | Comments(8)

梅満開   (^^_ 。・

a0005487_7155153.jpg

[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-02-14 07:16 | 猫たちのこと | Comments(5)

ねずみのしっぽ→ライオンのしっぽ:(0^~^0)

外出禁止のオルカは、たいくつでたいくつで・・・・。仕方ないので、ときどき、かーちゃんに遊んでもらっています。でも、かーちゃんはドンくさいので、まだまだ、有り余っております。
a0005487_011294.jpg

あーでも、今はおとなしく寝ていますねー。いい子や。
a0005487_031049.jpg


六カ国協議の結果など、興味深いニュースを聞きながら、TVの上で寝ているのですが(まだ猫が寝られる厚みのあるTVです)。しっぽが??しっぽをむしった?
a0005487_05298.jpg


ストレスでしっぽの毛をむしるので、長くてしなやかな自慢のしっぽが、細くなって、まるでねずみのしっぽ。台無し。
みっともないなー。そんなに外がいいかしら?これ以上むしると、ライオンのしっぽになっちゃうよ。
なんとかやめさせなくちゃ・・です。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-02-09 00:07 | 猫たちのこと | Comments(9)

おから・フルーツクッキー:(0^~^0)

お引越しも近いので、お菓子材料の在庫を片付けていかなければなりません。
そ・こ・で・・・・
a0005487_20193179.jpg

これでとりあえず、薄力粉の在庫ははけました。
ドライフルーツも入っているので砂糖は控えめです。
おからクッキーなので、お約束の食物繊維いっぱい。

写真はピンボケですが、味はしっかり、後引き。でも、甘さ控えめ。
ダイエット中の方にもおすすめです。

More レシピはこちら
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-02-04 20:19 | かもん!別腹 | Comments(6)