<   2007年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

出るってか、居るんだ

二人で都内で仕事で遅くなった帰り、駅前から、自宅まで車を走らせた。
周りは水田ばかり。

少し奥には、小山がある。その奥には、埼玉で有名な山系が尾根を連ねる。

さて、水田の間の道、ライトが路面を走る。
光のスジが、今、まさに道路を渡りきる、動物の姿を捉えた。

「あ!」
犬とは違う、猫より大きい、もさもさした動き、短い四肢。もこもこした背中、ぶっといシッポ。
灰色と茶色の中間の毛・・・。

タヌキ。

居るんだ。猫とは違い、もさもさと道路を横切る。
いつもはすっとばす道をタマタマゆっくり走っていた。

「居たね」
「タヌキだったね」

居るんだ。私、動物園以外で、動いている生タヌキ見たのは生まれてはじめてです。

こやつも、かつてタヌキと呼ばれました・・
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-05-30 22:46 | 田舎暮らし

やっぱり出るんかい  (^^_ 。・

a0005487_929682.jpg

先週末ご近所のAちゃん(9)おススメの公園へ出掛けた。
素晴らしい見晴らしの展望台がウリなのだが、出るらしい。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-05-30 09:34 | 田舎暮らし

哀しいあかなめ  (^^_ 。・

ここ数日オルカの左目が腫れていて件の目ヤニが出始めたので獣医さんへ行った。

新居へ引っ越す前、かかりつけの獣医さんに新居付近の獣医さんを紹介してもらい、
場所や診察時間は何度となく確認してあったのだか、やはり不安は拭えない。

持病持ちというだけでなく初診ということもあって、まず話し合いが始まった。
まてちゃ が持参した膨大な検査結果と処方を見て獣医さんが唸る。

以前の院長さんは女医さんで、若い女医さんや女性スタッフを何人も抱え、
ペットホテルやペットショップもある大きな建物だったのだが、
今度は若いくせに鼻髭を蓄えたチビデブメガネの獣医さんである。

ただ、以前どこかで呑みながら盛り上がった記憶があり、憎めない感じもある。
当然ながら一通り検査しましょうということで、1日入院が決まった。
怖がり屋さんなので、リラックスした数値を取るために麻酔をかけるそうだ。

夜になって約束の時間にお迎えに行くと、結構混んでいて待たされた。
その間にも、腰の曲がった常連さんらしき老婆が猫を紙袋に入れてきて、
「明日死んでも明後日死んでもいいから注射して。可愛そうで見てられない。」
と小さな身体で落ち着かない様子である。

やがて名前を呼ばれて診察室に入る。
まてちゃ が「あちらを先に」と申し出るが、獣医さんは嫌々という。

結果である。尿に潜血反応があり症状から腎臓からの出血と推測される。
細かな数値をひとつひとつ意味や標準値などを交えた説明を受ける。
立て板に水、びっしり書き込んだレポートの裏にさらに図を描く。

FIPだったらこんなに長く生きられない。
今まですべての獣医さんが首を捻っていた謎を切り捨てる。さらに、
飼い主さんが決めることだが原因追求より幸せな人生を、などと言いつつ、
水をたくさん飲むから維持できているのかもしれない、
月に一度ほど点滴で透析するのが望ましい、と締め括った。

近所の某スーパーで無料で提供している「純水」がいいだろうが、
無理強いして飲まなくなるより、好きなように飲ませたほうがいい。
という獣医さんの言葉で「あかなめ」は公認されることになった。

とこで会ったか思い出せないまま、まあ信頼できそうだと思い、
まだ麻酔の醒めきらないオルカとご対面、そそくさと引き取る。
とりあえず目薬をもらったが、検査費がかさんで何と3万円オーバー。
しかもこっそり1万円値引きしてくれた上でだが、仕方がない。

帰り道、車の中でオルカがやっとニャーと啼いた。
まてちゃ がそっと「先に注射してあげればよかったね」と言う。
やはり道のりは長いようである。好きなだけ「あかなめ」していいよ。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-05-27 07:48 | 猫たちのこと

アウトドアあかなめ  (^^_ 。・

a0005487_21122376.jpg

爽快なアウトドアの季節到来。池を掘って まてちゃ 念願の睡蓮も仲間入りして、、お前かっ!。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-05-24 21:16 | 猫たちのこと

小心者なアテクシ(0^~^0)

4月の末の連休に、職場ですったもんだあった。
挙句、残業が続き、休日出勤もした。
先週は週末に仕事の電話がかかり、その場に居ないで電話ですました私の対応を非難する奴が現れた。
今週の土日は休みだったにも関わらず、ずっと心が休まらない。
また、電話がかかってきて、折り返しに時間がかかったら、マズイ・・・おかげで電話のチェックをずっとしている。身体は休まったのだけれど、心が休まらない。頭が仕事から抜けていない。

なんとかなるさ!って言えない小心者な自分が居る。
いっぷく氏と近所の広大なぶどう園まで散歩に行ったり、広々とした田園風景を見に行ったりしたのだが、ちっとも、頭が休まない。
久しぶりの土日休み、天気がいいのに、空を見て、空を見ていない。

まだまだだわ。あさましい仕事人から抜けきっていないらしい。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-05-20 15:47 | 喜怒哀楽

オルカでよかったかも(0^~^0)

夕食後のこと。ダイニングに、なにやら、灰色の塊を見つけた。

まてちゃ「あーー!テーブルのところに何か居る!」
オルカ「あぁーーん?なにかにゃー??」くんくんくん・・・

絶叫にいっぷくが駆け寄る。見れば、小スズメ。
手にとり上げて、どうしようかと顔を見合わせる二人。

まてちゃ「ダメ。ムリ。一度落ちちゃった雛はどこを打っているか分からないから、育てられない」
いっぷく「でも、このままってわけにもいかないでしょう」
まてちゃ「スズメって何食べるんだっけか?」

オルカ「???オレ、関係ないもん」
その後、外に出るとすぐに小スズメは手のひらから、ひょろろろろぉーーーっと飛んで行ってしまいました。
あー、飛べるんだ。夜になっちゃったから、あんまり高くは飛ばないけれど。
てっきり、オルカが外から咥えて捕ってきたものと思ったら、開けていた窓から、家の中に入っちゃっただけみたい。
その後、オルカは大して騒ぎもせず、鳥が居たところを匂いを嗅ぐでもなく、いたって落ち着いていた。

ま「ミルクだったら、きっと、大騒ぎだね」
い「カバ丸様が、この土地で生きていたら、毎日大変だよ、いろんなの捕りに行って・・・」
ま「カバ丸様はアオサギを狙いに行くと思う」
い「毎日、狩りでヘトヘトになってると思う」
ま「マーブルなら、捕ってきたものを家で離しちゃうな・・」
などと、歴代の猫たちの狩りの能力と獲物への執着について色々話した。

この豊かな自然環境・・・・・オルカでよかったかもしれない。

オルカa0005487_23151853.jpg
オレ?オレはさー、にゃーにゃーにゃー
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-05-14 22:35 | 猫たちのこと

余裕でセーフ  (^^_ 。・

a0005487_1373793.jpg

地元の植木市は期待外れな規模だったものの、いつも まてちゃ は挫けない。
高価でもなく、重くもなく、セダンに載らないほどノッポでもない、山査子である。
実を食し花はふつう白らしいが、これまたバラ科で花言葉は「唯一の恋」(*^^)
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-05-10 13:25 | 庭の花たち

雨のあかなめ  (^^_ 。・

a0005487_12534659.jpg

花の話題が続いたので まてちゃ 渾身の一撮を。場所は2階ベランダの手摺りである。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-05-10 12:56 | 猫たちのこと

マリリン・モナリザ 美女の競演(0^~^0)

peteandfluffyさんから、送っていただいたチューリップが咲いた。
マリリン。白い姿にピンクの可憐なラインが入った愛らしい星型。
a0005487_2221155.jpg



a0005487_222141100.jpg

優しい黄色に甘いピンクが入った穏やかな色合いのモナリザ。なぜか、茎が横に流れてしまい、下のほうで咲いていますが。

さぁ、あなたの好みはどちら?
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-05-06 22:13 | 庭の花たち

花盛り  (^^_ 。・

a0005487_21325667.jpg

花モリではなく花ザカリです。明日は地元のお祭りで植木市。何だか一抹の不安が。。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-05-04 21:34 | 庭の花たち