<   2007年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

まだ梅雨?!   (^^_ 。・

a0005487_15234584.jpg

あまりに暑いし良い天気なのでカメラ片手に散歩してきました。で、つい。。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-07-31 15:24 | 乗り物 | Comments(6)

夕陽   (^^_ 。・

a0005487_115787.jpg

週末に、我々ふたりにとってとても嬉しい出来事が、いくつも重なって訪れた。
こんな風に暮らしたい、と日頃から心掛けて努力したことへのご褒美なのか、
古くからこの土地に暮らしておられるお宅のうち、ご近所2軒とのことである。

1軒めは「浅間山が噴火した時に過去帳が焼けちゃって」と苦笑するFさん宅。
このあたりで浅間山の噴火といえば、群馬県の誇る奇勝 鬼押し出し を作り、
東北地方で10万人以上が死んだ「天明の大飢饉」をもたらしたという天災だ。

そのFさんご一家の旅土産(詳しくは次の記事で)をいただいたばかりでなく、
ご当主と若旦那お二人から、きちんとした家、とお褒めの言葉をいただいた。

2軒めは、南北朝以前から字(あざな)が残っているご一族、Hさん宅である。
Fさんがおっしゃるには、60年前にも30軒のHさんご一族がおられたそうで、
現在でも「××叔父の」とか「○○ちゃんの」と呼び合うようなご一族なのだ。

そのご一族の本家のご当主が、丹精こめた茗荷や玉葱やジャガ芋など一箱、
それもさっきまで植わっていたものを、何の前触れもなく届けて下さったのだ。

応対に出た まてちゃ は驚きのあまりに いっぷく に声を掛けるのを忘れ、
反省することしきりなのは、きちんとした身なりに着替えていらしたからである。

日曜日の夜の凄まじい雷雨の中、明かりをすべて消して、ふたりで乾杯した。
引っ越してきて半年足らずの新参者への過分すぎる心遣いに心から感謝を。

ロウソクの灯りで 懐かしいボトル を傾けると、グラスに夕陽が沈んでいた。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-07-31 13:22 | 田舎暮らし | Comments(4)

静かすぎる   (^^_ 。・

前にも書いたが、ふだん いっぷく は猫屋敷の2階で仕事をしている。

そして、オルカ お気に入りの場所を全制覇しようと企てる ぶっち が、
いっぷく のかたわらで、おとなしく寝ていたり身繕いをしたりしている。

1階は まてちゃ が忙しく立ち働いている時とはうってかわった静けさ。
庭側の窓もカーテンも締め切ってしまい、誰一人いない時間が続くのだ。

ぶっち が気に障るのか、外が気になるのか、オルカ は出掛けたまま。
時々帰ってきては餌だ水だと甘えると、また外へ出かけて行ってしまう。

夏休みに入った近所の子供たちも叩きつける陽射しの下には出てこない。
セミ時雨、ときおり通る飛行機のかすかな音、そして風が梢をわたる音。

ふと思い立ち、階下のトイレへ降りるついでに居間を覗いてみると。。。

こんな置き土産が
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-07-27 11:46 | 猫たちのこと | Comments(4)

あと10cm欲しかった(0^~^0)

今から10年近く前、日立系のクレジット会社の営業支援システムを組んでいた。
いわゆる請負作業だったが、もろ社内のシステムに関わるので、作業は全てクレジット会社内で作ることとなった。

新橋のとあるビルに毎日通っていたのだが、大きな窓と、広々としたトイレだったのをよく覚えている。
さて、私のことを書くのは恥ずかしいのだけれど、私の身長は158cmである。
実はもうちょっと欲しかった。小学生のとき「太陽にほえろ」を見て婦人警官になりたいと思った。(他にもなりたいものはたくさんあったのだけれど)
誰かが、「婦人警官になるには、背が高くなきゃ。160cmはなきゃ」と言ったのを覚えている。
実際のところ、155cm程度でいいはずだったが、小学生だった私はなんとか背を伸ばしたいと本気で思っていた。
今でも思っている。あと10cm身長が高かったら、満員電車でもどれだけ楽だろうか?
あと10cm。きっと違った人生を歩んでいただろう。

めちゃめちゃ混雑した地下鉄と山手線で通勤しながら、7cmハイヒール+10cmだと175cmになれるなー。そもそも、それだけ身長があったら、ヒールは5cmでも十分だなーなんて思いつつ、ちょっと背伸びして吊革に捕まったりしていた。

その日、トイレの個室に入ると後から、ざわざわと女性が来た様子。
ゆっくり手を洗おうと用意していたタオルを持って、個室を出た。
すると。

目の前に壁!!えっと!?よく見ると、いや、見上げると、紺色のベスト・スカートにピンクのブラウスの制服女子3人。視界のほとんどがその背中で占められた。
洗面台で手を洗いながら談笑している。
へ?ゆうに180cmを超える女性三人の背中。でかい。天井が低く見えるくらい。鏡にほぼいっぱいに映っている。ふつうにきれいなお姉さんばかり。
三人は私に気づくとさっさと話しながらトイレを後にした。

えっと。あーそうか。当時、ニュースで廃部になったとか、どうとか言っていた。
名門日立女子バレー部。きっと、バレー選手だった人達。
あれは、鉄の壁なんて言われたに違いない、名選手達の後ろ姿だった。

才能に恵まれた人っていいなー。でも、迫力あったわ。あの人達の見る世界はどんなだろうか?うらやましく思いながら、158cmの私は汗っぽいおっさんの背中に押されて通勤電車に乗り込む。

あと10cmあったら。今でも思う。背伸びをしてみていっぷくにそう言うと
「あんまり高いと一緒に居るとき、ハイヒールがはけないじゃないか」と笑う。
ま、身の丈にあうとはこのことか。

でも、他にも色々ある。あと○キロ減らせたら、あと○cm細ければ、あと○%少なければ、あと○cm大きかったら(ご想像にお任せしますが)、、、、、。
あげつらってみたら、私って人間はなんて欲深いのだろうか。反省。

人間以外の生き物は現状に不満を言わず、あるがままを受け入れている。立派だな。
でも、あと10cm。あったら、いいな。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-07-26 22:48 | 喜怒哀楽 | Comments(4)

猫のゴスロリ?!   (^^_ 。・

a0005487_23133157.jpg
a0005487_23135794.jpg

日曜朝9時からフジ系列でOA中の某番組の1シーンから。 CM もよろしくね。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-07-25 23:18 | 猫たちのこと | Comments(2)

デブっち ぶっち   (^^_ 。・

a0005487_21154699.jpg

E655 をひと目見たい いっぷく 。でも、それどころじゃない緊急事態が。

予防注射と避妊手術を済ませてから猫屋敷にやってきた「ぶっち」だが、
身繕いが熱心すぎるのか、縫合した傷口を開けて化膿させてしまい、
薬を塗ったあとの傷口を舐めないように、特製の「洋服」を着ることに。

ちなみに体重はすでに4キロ超え。まあいいさ、体力つけて頑張ってね。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-07-25 21:28 | 猫たちのこと | Comments(5)

知らなんだ  (^^_ 。・

a0005487_214311.jpg

鹿児島へ行った時に宿のロビーで身内の集合写真を撮ることになり、
フロント係に頼んで持参したカメラのシャッターを押してもらった。
結局うまく写せたのだが、フロント係のオジサン結構詳しいらしく、
ストロボ強制発光がうまくいかない、と首をひねっていたのである。

家に帰ってからいじってみると、あるダイヤルがまったく機能せず、
一体いつから壊れていたのか、まったく記憶がないことに気付いて、
さっそく池袋にあるメーカーのサポート窓口へ持ち込んで修理した。
保証期間後なので結構な金額になったが、その場で直るのは有難い。

今日は久々に太陽が顔を出し、夜になっても月がキレイだったので、
まてちゃ と夜の食後のお散歩に出かけるついでに一枚撮ってみた。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-07-24 21:55 | その他 | Comments(7)

スイカフリーク(0^~^0)

スイカ好き。
大好き。
ほうっておくと丸々1個食べてしまうくらい好き。

子供のころ、
「そんなに食べたら、鈴虫が気の毒」と言われたくらい好き。
種だって出さない。盲腸は中学生の頃切ったから、大丈夫さ。

農協で買ったスイカ。
1個1,000円なり。
a0005487_23172393.jpg

最近はバーコードで管理されているらしく、
「おいしくなかったら、バーコードをお持ちください。返金します」とレジに書いてあった。
スイカも無責任ではいられないらしい。
大丈夫さ、そんなちょい甘のスイカも私のところへおいで。
a0005487_23191936.jpg

多少甘みが足りなければ、塩を一つまみふりかけて食べてしまうから。
いつか、食べ過ぎてスイカお化けになりはしないかと心配していると・・・・。

スイカの季節はすぐに終わってしまう。この季節の間にたくさん食べなきゃ・・・。
秋になると、『残念、今年もスイカお化けになり損ねた・・・・』と後悔する。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-07-23 23:25 | とにかく!満腹 | Comments(4)

いいかんじの疲れ(0^~^0)

水泳教室二回目。

今日のいっぷくのテーマはカエルさん。
足の感じを教える。

一度、プールの壁を蹴ってけのびをしてもらい、そんな感じのキックを「壁があるつもり」で続けてもらう。
足の裏で水を蹴る感覚がつかめればいい。
最後に足をきれいに伸ばしきることだけをアドバイスすると上手に出来た。

よくできたので、手をつける。
なるべく伸びる時間が長くなるよう。胸の前の水をひじを立てて集めて、ハート型を作って軽く前に押し出して伸ばす。

「失敗したキックは捨てていい」下手だったキックのフォローはしなくていい。すぐに立って、また次を蹴ればいい。
息継ぎもしなくていい。苦しければ立てばいいから。

今日の目標は軽くクリア。
さあ、次回は息継ぎに挑戦。

食後にお散歩をする。いい感じに軽く疲れている。

また、来週がんばろう。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-07-22 20:04 | 喜怒哀楽 | Comments(8)

一緒に泳ごう(0^~^0)

田舎暮らしをはじめてから、2回しか泳いでいない。やばいなー。

でも、本気でやばいのは、いっぷく。なんとか、体重増加を止めないと病気になってしまう。
食べてすぐに寝るクセは止められそうにないから、何か動くしかない。

少しでも長い時間、一緒に居たいから、泳ぎをすすめる。
本当はクロールでゆっくり泳ぐのもいいけれど、クロールで動きを大きくするには、ある程度泳ぎこんだ後でないと難しい。
まずはゆっくりめに見える 平泳ぎから。

先週、第一回の水泳教室を開催した。
まずは手でかくことから。

いっぷくは、理科の人だから物理学的に道理を理解すれば、きっと泳げるはず。
そう信じてがんばろうと思っています。

今度の週末は第二回。カエルは足を縮めている時間より、足を伸ばしている時間のほうが長い。平泳ぎはキックだけでもいけることを理解してもらおう。

是非、応援してください。

いっぷく、私の身体が動くうちに、青い海で一緒に泳ごう。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2007-07-20 23:12 | 喜怒哀楽 | Comments(6)