<   2008年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ご馳走  (^^_ 。・

この寒さのなか敢えて北国へ出掛けて、観光もせずトンボ帰りしたのだが。
向こうの知人が持たせてくれた手土産が、缶詰とレトルトパックであった。

たまたまメシ時に まてちゃ が出掛けていたので、コッソリ空けてみる。
地味な外見に似合わず実に良い香り。見た目も粉々ではなく大ぶりなのだ。
a0005487_20103931.jpg

宮城県立水産高校の錨章祭(文化祭)で、開門前から並んで買ったという。
あとで調べてみると、缶詰目当てに開門時に並んだ人数は、何と200人。
これほどのものとは思わず、もっとちゃんとお礼を言うべきだったと反省。

a0005487_2018720.jpg

さてお味のほうは。塩味を最低限にしながら味が濃くマグロの香りも良い。
手に入るものであれば、ぜひまた食してみたいと思うほど美味かったのだ。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-01-29 20:19 | とにかく!満腹 | Comments(7)

それは吹雪じゃないから(0^~^0)

週末から東北へ出かけてきた。
大寒の最中だし、この時期の東北へは久しぶり。
何より、関東に住んでいる身にとっては、雪の東北道なんて、目の前に立ちはだかる「難関」以外の何者でもない。

いっぷくには事前にチェーン装着訓練をやってもらい、出発前から、道路状況の情報をウォッチしていた。予想では、雪が降るとしたら、福島の山間部。ここは雪・あるいは道路の凍結が見込まれる。
「どうか、雪にみまわれませんように」「事故を起こしませんように」祈りに似た願いだった。

さて、吹雪とはwikiによるとこう書かれていた。

吹雪(ふぶき)は、降雪中の雪や積雪した雪が強風によって空中に舞い上げられて視界が損なわれている気象状態のこと。


ところで、今回の旅行は、友人夫妻が同伴していた。
別のところに住んでいるのと、別の場所も回るので、私達より先に出発し、逐一、高速の道路状況を報告してくれていた。ありがたいことです。

More
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-01-27 17:27 | 喜怒哀楽 | Comments(4)

あたちの野望(0^~^0)

飼い主である私の野望は「世界征服!」なので、それに影響されたかどうだか。

あたち(マオ)が下克上を狙っている。
危うし!猫屋敷。


ひなたぼっこをするオルカの前にあたち登場。
a0005487_22395692.jpg

マオ「専務!庶務担当のおばさんが呼んでいたよ!」

More
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-01-22 21:31 | 猫たちのこと | Comments(4)

冬の陽射し・猫は光合成で育つ(0^~^0)

大寒の只中。
雪が降るとか、この季節一番の寒さだとか。
オルカは2階のベランダで「玉座」と言われる場所で日光浴をする。
猫は光合成で育つのだよ。知ってた?

a0005487_2384071.jpg

オルカにとっては厳しい寒さだ。
去年もおととしも、この体調不良の季節に腎不全がわかったり、MRIの撮影に行ったり、難関を乗り越えてきた。
今年も余命宣告から這い上がってきた。

お正月に持ち直した体調は一時、悪くなった。一回100ccの輸液を一日2回づつやっていて、大分身体に未吸収で残ったので、医師と相談して一日1回にした。
確かに浮腫の心配はなくなったが、とたんに食べなくなり、貧血になり、脱水が始まった。
それから、輸液を50ccを2回にし、とにかく、食べなければ、強制給餌とし、また持ち直した。

また、1回だけだったが、翼状針を刺す場所を誤り、痛がり、輸液を中止したことがある。
それはまるで、カバ丸様の最期の「痙攣」のような症状で、痛がり、転げ廻り、あぉーーんと鳴くオルカのそれが止まるまで、二人で固唾を飲むしかなかった。
時間にして、1分程度だったか。
獣医師曰く、多分、神経をひっかけたか何かだそうで、ほっとした。まだ尿毒症が出るほどは悪化していないという。

また、早朝に、胃液を吐くこと。
最初は寒いせいかと思い、寒さ対策を色々とったが、どうもそうでないらしい。
丁度、私がやった「十二指腸潰瘍」のように空腹のピークに胃が絞られ、胃液を吐くような感じだ。
ならば、極端な空腹を作らない。寝る前にスキを見つけてはちょっとづつA/D缶を奥歯の脇からねじ込む。

今やっと一息ついたところだろうか。
なんだかんだ言っても、オルカ、もう春はすぐそこだよ。陽射しの中、少し体重が戻り、元気になったオルカをなでる。
また外に出せと主張するまで回復している。

ずっと一緒だから。大丈夫だから。だから、春になるまで家猫でがまんしよう。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-01-21 22:51 | 猫たちのこと | Comments(4)

紅梅・白梅・黒猫(0^~^0)

階段横の窓に以前は大きめの壷があって、よく花を投込みで活けていた。

が。

マオが来てからはおよそ花を活けるなど、できなくなった。

お正月が過ぎて思い出したので、屏風を一双、引っ張り出したら、このざま。
a0005487_14235190.jpg

まーいいか。

お雛様も今年は、出してやろうと思ったけれど、ダメなんだろーなー(0^~^0)
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-01-20 14:24 | 猫たちのこと | Comments(12)

カナエルコーン(0^~^0)

夢・希望・愛・思い・願い
a0005487_18255272.jpg

叶うといいね。
今年もセンター試験が始まった。

みんなの明日。
アカルイミライ。
流した汗。
眠れなかった思い。
頬をつたった涙。
費やした努力を全部、
つなげてください。

電車の中で見かけるあの子もこの子も。
制服のざわめきも。
走り過ぎていく学生時代を横目で見ながら、自分の青春時代と重ねながら、おばさんもこっそり応援しています。

みんな、がんばって、大人になってください。
そして、暖かな春を迎えてください。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-01-19 18:31 | かもん!別腹 | Comments(2)

混ぜる?混ぜない?(0^~^0)

同じ歳の従姉妹ヒロミちゃんと子供の頃一緒にカレーを食べたときのこと。

いただきます!!
ヒロミ「よいっしょ。よいしょ」
私  「何してるの?」
ヒロミ「何って混ぜてるの」
私  「何で?」
ヒロミ「だって、食べるから」   そういってヒロミちゃんはカレーのご飯とルーをせっせと混ぜる。
私  「そんなことしたらおいしくないでしょ?」
ヒロミ「混ぜたほうがおいしいよ。だって、口の中で混ぜるでしょ?最初から混ざっていれば、混ざった味がおいしいじゃん」
私  「えーー?カレーの味とご飯の味と混ざった味の3つわかったほうが得じゃん」

かくしてヒロミちゃんのお皿にはきれいに混ざったカレーとご飯が均一に収まった。

私は混ぜない派。
だって、せっかく別々に出てきてるんだから、別の味も味わいたい。欲張りかも。

友人で甘いもの仲間が居た。彼女はもっとすごい。
コーヒーをブラックと、ミルクのみと、砂糖濃い目で全部入りを一つのカップでこなす人だった。
「だって、得じゃない?」
私は、そこまではいけないけど。まぁ、どちらかと言うと欲張り派。色々な味を楽しみたいクチだ。

いっぷくと共通の友人夫妻が居る。一緒に出かけたとき、おでんの種は何が好きか?という話題になった。
友人の奥さんいわく。
「ゆで玉子を全部箸でつついて、おでんの汁で溶かして、味がついた種を食べるのが好き」

お汁の味まで変えちゃうんですか。すごい。けど、嫌だなー。

ここのところ寒いので3日連続おでんを食べている。
いい加減飽きたところで、いっぷくとその友人の奥さんの話題になった。
「そんなんだったら、おでんを全部ミキサーにかけて混ぜて流し込みゃいいんだ」といっぷくが憤慨している。

でも、そんないっぷくも今朝は納豆とご飯を全部きれいに混ぜてから食べていた。
私なら、納豆は納豆。ご飯はご飯の味。納豆がかかったご飯の味。と3種類で楽しむ。

混ぜる?混ぜない?

ちなみにオルカは病院支給の総合栄養缶とオカカとポリポリが乗ったお皿からご飯を食べる。
ペースト状の栄養食とオカカのさくさくした食感をそれぞれ楽しみ、たまに、ペーストにからんだポリポリを楽しんでいる。単品だけじゃ飽きるらしい。

ぶっちさんは断然、単品派。ポリポリに湿り気が移るのが嫌らしい。
マオは何でも食べる。あれば食べる。

オルカは私に似ているかもしれない。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-01-18 13:38 | 喜怒哀楽 | Comments(4)

左利き(0^~^0)

時々、いっぷくと手の動きが右左逆だと知らされる。

元々、左利きだったのを子供の頃に右利きに直したので、気がつかずに・左手が先に出るらしい。

火傷をしたのが右手だったので、
「ついでに左利きになっちゃえば?」と甘い誘惑があったのだが、やっぱりダメ。
普通に右手かな。どちらかと言えば右利きです。

トランプを切るときが左手かな。
おにぎりを作るとき左が上。
販売機でお金を入れるとき左手で入れてる。

・・・・それ位かな。

たいした左利きじゃないかも(笑)。
zwei linke Hände・・・・・二本の左手。ぶきっちょですね。


ちなみにオルカはトイレのご不浄の後、左でやってます。
ぶっちさんは左右。
マオは全部使って・・・・・・・。猫トイレ前には掃除機を待機させています。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-01-17 13:19 | 喜怒哀楽 | Comments(7)

いい天気  (^^_ 。・

a0005487_1415681.jpg

きょうはよく晴れて暖かい春のような天気。となればまず洗濯と布団干しである。
1階で洗濯機がピーピー鳴ると、庭だの2階のベランダだのと2人で言いながら、
クリーニング屋から来たハンガーやら破れ傘風の物干しやらが家の中を往来する。

手早く干すタイプの まてちゃ が、ホイホイと小分けに洗濯物を手渡すので、
全部干し終えて一気に運ぶタイプの いっぷく は運んで竿に掛けるだけだが、
きのう買った新しくて長い竿がベランダで待っているので、そう悪い気はしない。

写真は まてちゃ がハンガーに掛けたもので、明らかに いっぷく とは違う。
タネあかしをすると、ハンガーのフックが右を向いているのですぐにわかるのだ。

ハンガーを手にした時から、物干し竿に干すのと同じようにフックを左に向けて、
洗濯物の正面と向き合ったまま、右手でハンガーを差し込むのが いっぷく 流。

いっぷく は右利きだから、ということになっているが、皆さんはいかがですか?
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-01-15 14:39 | 田舎暮らし | Comments(4)

人は老いるもの・人は病むもの・死すもの(0^~^0)

うちははっきり言って「べたべた夫婦」です。
いい歳して、たいがいどこへ行くのも一緒。何でも二人でやるようにしています。

理由は、もう二人とも若くないから。あと、50年この生活が続くとは思いません。
あと、二人ともずっと仕事をし通しで、普段は離れているから。

タイトルの言葉は「仏教の教え」から。
何年か前、出張したとき、身内でトラブル発生!えーーー?今かよ?で、私巻き込まれるの?出張から帰ってからじゃだめ??という事件が発生しました。

と、そんなとき、泊まったホテルに「仏教の教え」なる本がありました。
断っておきますが、私は宗教には、はまらない性質です。仏教も神道もキリスト教もほどほどの知識程度の関わりしか持っていません。
イスラームには興味がありますが、あくまで学問としての対象です。
もっと言えば、「魚の卵食べちゃいけない教」の教祖ですから、特定の宗教とは何の縁もありません。

ギンギンに眠れなくなった私はお風呂に浸かりながら、「仏教の教え」を読みましたですよ。
仏教って長い。諸派が多くて解釈が多様で他宗教の神様の取入れが多い、相手にできない。。。というのが今までの感想でした。
でも、最初のシャカ王子の出家の段で、当たり前の事を思い知りました。

有名な「人は老いるもの」「人は病むもの」「人は死ぬもの」
ここで、シャカ王子は後にブッダになるべく北門で僧に出会うのですが、そんなのは、まーどうでもいい(うちの実家は確か曹洞宗だったが)のです。

ぐちゃぐちゃなときに出会う言葉というのは妙に重いものです。
そうか。なんだかんだ言ってももう、老いも・病むことも・死すことも先が見えている。
ならば、せっかく好きで一緒に居るのだからせめて伴侶とは仲良くやろう。できるだけ一緒に居よう。
いつか、望んでも一緒に居られないときが来るのだから。そう思いましたね。
身内のトラブルは散々だったけど。まあ、それでも命あってのものだねだから。などと。

だからうちは年中ベタベタしています。この3連休もほぼずっと一緒に過ごしました。
どうせ仕事が始まったら、仕事していない時間から睡眠時間を差し引いた時間しか一緒に居られない。これがあと、寿命が尽きるまで、あとどれ位?

まだ、いっぷくに見せていない景色がある。まだ知ってもらいたい感動がある。まだ、食べてもらいたいものがある。まだまだ・・・。
いつか死が二人を分かつまで。それまでは、一緒に居たいと思っています。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-01-14 12:52 | 喜怒哀楽 | Comments(8)