<   2008年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

君の名は「キオビエダシャクガ」(0^~^0)

自然
いっぷく家の墓参りをしてきた。
桜島を正面に見据えたすばらしいところだった。

墓地のそばの花やさんでこの蝶がひらひらとせわしく飛んでいた。
黒い地にオレンジのライン。羽を開くと鮮やかなブルーグリーン。
「あら、きれいな蝶!」
「これは蝶じゃなく、外来の蛾よ」と花やのおかみさんが教えてくれた。
へぇーー。きれいなのにねー。と感心していると世にもおそろしい話が始まった。

「一つ葉(樹の名前)にたくさんね、こないだもびっしりつくのよ。毛虫が。一年に何度も付くのよ」
げ。あ、蛾だもんね。
「しまいに樹が枯れるほどだから、払うんだけど、毛虫が真っ赤なオレンジ(?)の頭をこうして・・いっせいにフリフリして向かってくるのよさ。もう、気持ちが悪くて、悪くて」
え?頭を振る??
「あのね、葉をゆすると、身体半分もたげていっせいに・・・・こう・・・」
花やのおかみさんが上半身をラジオ体操のようにフリフリ・・。

「毛虫がオレンジの頭で何千と・・・」
ひぃぇーーー!!もうお願いだから止めてください!!想像してしまう。

そのとき名前を聴きそびれた。オレンジの頭をもたげる何千の毛虫でもう、ごめんなさい。


それから県庁の植え込みで再会した。

a0005487_0325131.jpg携帯電話を構えるも、せわしく動くので上手く撮れない。
あ、そっか、携帯電話ってレンズを向ければ撮れるんだから、こうやって・・。
「自分撮り風に向けちゃうのか、さっすが!」といっぷく氏が感心する。

あ、撮ったけどさ、上手く撮れていなかったようだ。ごめん。
a0005487_0352711.jpg


ちなみに鹿児島県のホームページに「キオビエダシャクガ」の詳細が出ていた。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-10-31 00:44 | 喜怒哀楽 | Comments(2)

郷里帰り その2 (^^_ 。・

早めに座席を確保しようと飛行機を予約した時には全く知らなかったのだが、
ちょうど鹿児島市内は ねんりんピック (俗称:年寄りんぴっく)の最中。

都道府県名の入った揃いのジャージ姿のジジババ集団がそこいら中にあふれ、
大声でお国言葉を喋りながら、そこのけそこのけと闊歩しまくっているのだ。
空港しかり、ホテルのレストランしかり、天文館の目抜き通りしかりである。

しかも、オイラの郷里の近くにとったホテルは、なんとメイン会場のすぐ隣。
懐かしいということもないのだが、せっかくの鹿児島弁を堪能できなかった。
ちなみに今年の大会のマスコット・キャラクターである↓「さくらじまん」。

a0005487_1658672.jpg


どうせなら大噴火して灰の雨を降らせてくれれば、、、、でもまあいっかー。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-10-30 16:59 | お祭り | Comments(2)

郷里帰り その1 (^^_ 。・

人形になっちゃったけどオルカも一緒。桜島をバックに「はいフレーメン」
a0005487_1919156.jpg

[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-10-27 19:22 | 喜怒哀楽 | Comments(2)

いつもお世話になっています(0^~^0)

Excite Bit 投稿コネタ 最新お題投稿!
ジョイ君の「よっしゃ!任しとき!」という返事が好きです。なんか台所に立っていて独りじゃないって思えます。
ジョイ君は台所洗剤が関西弁の男の子になったキャラクター。
a0005487_14543920.jpg

いつもはオレンジのジョイだけれど、先日は近所のホームセンターで正統派ジョイ君を見つけました。

「いつもお世話になっています。写真撮らせてください」
・・・コクコク。
寡黙なのね。
あのかわいい声は出ないんだろうなー(クスッ)
手を握らせてもらおうとしたけれど、シャイなのか、疲れているのか、あまり強く結べていません。向こうの好みでなかったかも。
ありがとうね。また今夜もよろしく。

[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-10-24 14:55 | きゃわゆい | Comments(4)

逃亡者:殿(0^~^0)


いっぷくが風呂場で
「ぶっちが外に居る」というので覗いてみた。
「ややや!ぶっちじゃなくって殿だ!

a0005487_1402390.jpg
【逃亡者:殿】

「え?いつ出たの?どこから?」
言われて家中を探すも2Fのベランダで布団干し用に開けてあった窓以外は全部閉まっている。
風呂場で裸で殿を呼ぶいっぷく。
いやー、まさか、裸で坪庭には出られないでしょうから。まだお昼前だし。

仕方ないので外から私が回って無事回収。
初めての外に興奮したのか、帰宅するとぐったり寝ている殿。幸い、ケガをしている様子はない。やっぱり2Fから出たのかなー??

「若殿のお忍び市中廻り?って?」

[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-10-20 01:43 | カモン!ベイビー | Comments(6)

アニメと原作は違う(0^~^0)

喰霊見ました。
最近、夜は3時位から寝ています。ダメ人間のようですが、ちゃんと6時には起きて昼間は仕事しています。


原作にどれだけ忠実かを謳った作品の多い中、これは度肝を抜かれました。
1話目で主人公の部隊壊滅。ほぼ全員死亡。
EDは無音。スタッフロールが淡々と流れる。

やってくれました。
何でも「「マンガのキャラがアニメになって動きました」以上の、付加価値がなくなる」という理由で世界観以外は原作を辿らないストーリーになるそうです。

はっきり言って『外伝』?
でも、アニメと原作に同じものを求めてがっかりしたものはたくさんあります。
また、反対にアニメにしたがために原作を越えたものもたくさんあります。
昔、高橋るみ子が
「アニメにした時点でそれはもう私の作品ではないから」と書いていたのを思いだします。

アニメと原作は違う。小説や映画やドラマにも言えることですが。

今後の展開を見るのが、夜中ボソボソと起きているものの楽しみのひとつとなりました。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-10-15 16:23 | メディア | Comments(4)

ねずみ男先生!暴漢に襲われる(0^~^0)

Excite エキサイト : 社会ニュース

かの人生の師であるねずみ男先生を切りつけるとは!
鬼太郎博物館のねずみ男先生のコーナーを見たまへ!
あんなに立派な人生訓が掲げられているではないか!

卑劣な暴漢に告ぐ。ねずみ色の頭巾を被り、世界平和を祈るねずみ男先生への冒涜は
万死に値する。
ねずみ男先生の看板の修理が終わるまで、代わりに汚い尻でも出してわび続けたまへ!!
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-10-13 18:25 | 鬼太郎 | Comments(6)

秋祭り(0^~^0)

近所でお祭りがありました。
ささら舞というそうです。
a0005487_219579.jpg


獅子のタテガミが舞うと落ちるのですが、これを家に持って帰って無病息災のお守りにするそうです。

a0005487_2211141.jpg

我慢できずに取っていく子もありました。
幸せは待っていないで自分で取るものなんですかね。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-10-13 02:22 | お祭り | Comments(8)

陽だまりのぶっちさん(0^~^0)

日向ぼっこが嬉しいこの季節。
2階の床は国産・桜材の白。丈夫で足ざわりのいい優しい素材の上で猫がくつろぐ。
絵になるねー。

あら、ぶっちさんじゃない。
a0005487_1513163.jpg


決して頭の悪い子じゃないけれど、一年前来たばかりのころは愛情の独り占めがしたくて、オルカに散々いぢわるをした。
まだ子猫だったマオがうちに居つくときも、不機嫌でずいぶん威嚇をしまくった。
今もちびちび達が視界に入るともう不機嫌でシャーシャー怒る。
もっとも・・ちびちび達も一番重い子でもう2kgに達し、骨も筋肉も一人前になりつつある。
いつまでも叩かれている子達でもない。反撃に出たら、大人の猫だってただじゃすまない。
家の中の特等席もちびちび達が進出している。家中でもう、『子猫だから』手が届かない場所はなくなった。

さぁ、どうする?ぶっちさん。もう高飛車な態度をとっても通用しなくなるよ。
あたしは大丈夫。
a0005487_1534128.jpg
チビになんか負けないもん!
a0005487_1545486.jpg


・・・顔力で勝つおつもりですか?
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-10-13 02:06 | 猫たちのこと | Comments(0)

奇譚その2 菜箸が伸びる話   (^^_ 。・

ここ半月ほど仕事が立て込んでいて、記事も書かず大変申し訳ありませんでした。
おかげさまで風邪も治り仕事もひと段落して、とてもいい休日を過ごしています。

クタクタになるまで仕事してはバタンと寝て、ハッと目覚めてはまた仕事の日々。
おマケに肝心な時に風邪をひき、すわインフルエンザか?と案じたがこれはシロ。

すべての時間を仕事に費やした末に勝手に熱を出したなどと、子供以下なのだが、
自分も忙しいのに、不平も言わず、きちんと看病してくれた家人に感謝している。

皆さんにはあまりご興味ないと思うが、今度の仕事のお客さまは都内の信用金庫。
担当者がめでたく産休に入るので、後任の新人でも支障がないよう引き継ぐのだ。

ご賢察のとおり、仕事の相手は妊婦さんで、インフルエンザなどとんでもない話。
ワケのわからんセキュリティに振り回され手間取っても、期日は絶対延ばせない。

とはいえ、家にいるからには、洗濯もするし、時々は台所の洗い物ぐらいはする。
特に、へとへとになって帰ってきた家人が腕を揮ってくれた楽しい夕餉の後など、
気分転換も兼ねて台所に立つように心がけていたのだが、どうも妙なことがある。

木製で手元が真っ赤に塗ってあり、その上に緑や黄色の輪が巡る柄の菜箸がある。
限られた二人の時間なので、水の音に邪魔されつつ大声で喋りながら洗うのだが、
その菜箸のちょっと焦げた方が、日々少しづつ長くなっているように思えるのだ。

箸など必ずしもペアで洗わなければならないわけではないのだが、そこには拘る。
何かこびりついていたり、塗りがヒビ割れていないか、一応は確かめたりもする。
ただ、菜箸となると、揚げ物の衣が固まっていたりするので、そこは適当なのだ。

だが、ペアで洗っていれば、たとえヨソ見していても、長さの違いぐらいは解る。
しかも片方には塗りの部分に焦げたあとがあって、見間違えるはずなどないのだ。
気にして日々見比べていると、わずかづつではあるが焦げた方が確かに長くなる。

ある日の深夜のこと。すっかり煮詰まってしまった頭の中をすっきりさせようと、
水を飲みに階下へ降りていった。白状すると、我慢していたトイレも限界だった。
シンクの前に立って水を飲み終えると、脇の水切りカゴのあたりから物音がする。

普段ならば、行儀の悪い仔猫が上がろうものなら大声で叱られる禁断の聖地だが、
人間が寝静まって人目がなくなり、人間が寝静まって面白いことがなくなったら、
まあ当然こっそり上がってみるだろう、と音のほうに目をやってわが目を疑った。

黒い子である。大人しいムサピーである可能性は低いので、カジ郎かニャマトだ。
可愛いクリクリの丸い目で見返しているのだが、口に咥えているのはなんと菜箸。
「こらー!」と怒鳴るには夜も更けていたので一瞬躊躇すると、その隙に逃げた。

拾い上げて見れば焦げていないほう。箸先のギザギザが減っていた。お前らか!。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2008-10-12 08:50 | カモン!ベイビー | Comments(1)