<   2009年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

忙しい週末 その3  (^^_ 。・

金曜日も午後になってから仕事の依頼の電話が次々と入った。不景気なのに有難いことである。
ただ問題なのはどの仕事も月曜朝までの特急なのだ。疲れてはいるものの稼げる時に稼がねば。
そう自分に言い聞かせたものの、ずっと不満げだった まてちゃ に言った一言が気にかかる。

「はーいハニー?」 まてちゃ からの電話に応えると、メールを送ったから見てくれという。
今朝 まてちゃ に言ったばかりなのに、早々と描き終えたにしては、ウマく描けた似顔絵だ。

ミャオ君が1日100m移動するならば、10日弱だから半径1Kmの円内にいるハズである。
もちろんクルマに轢かれたり他の動物に喰われたりする可能性もあるが、それでもこの範囲だ。
地図で見たところでは、半径1Km圏内の世帯数はざっくり150~200軒ありそうである。

もし まてちゃ が頑張ってミャオ君の似顔絵を描くのなら、この一軒一軒にチラシを配ろう。
金曜日の朝、仕事に出かける まてちゃ にそう約束したのである。これはもうやるしかない。

土曜。10時半からローラー作戦にかかる。一軒一軒が遠く離れている農家のお屋敷もあれば、
クルマを駐車してから二人で配る集落もあるし、聞ける話は丁寧に聞き取らなければならない。
幸いなことに、我々を追い払うような家は一軒もなく、同情されたり励まされたり有難い限り。

1週間前に話を伺った蕎麦屋で昼食を取り、造成地のダンプの運ちゃんにも声を掛けてまわる。
「もし亡くなってても構いませんから」と念を押すと「大変だね、解ったよ」と答えてくれる。
歩くのもおぼつかない老婆が、曲がった腰で手押し車を押しながら自宅の周囲を捜してくれる。

目撃情報をもとに、まてちゃ がポイントポイントにミャオ君宅から失敬した土を撒いてゆく。
今日の目撃情報を総合すると、どうやらミャオ君は自宅の方角へ移動を試みているようである。
しかし、自宅に帰り着くためには、大きな川を2本も渡らなければならず、橋の交通量も多い。

a0005487_23504024.jpg


16時。半径1Km圏内とプラス・アルファの180軒にチラシを配り終えて、帰路についた。
帰宅してから、地図に目撃情報と日付・距離を書き加え、今ミャオ君がいるはずの円を描いた。
その円は、今日チラシを配った範囲の中にすっぽり納まり、あまつさえ充分な余裕すらあった。

地形的には、山の間を流れる川沿いに田畑ができ、県道と鉄道が通って集落ができた地形だが、
山あいの農家をまわった まてちゃ は、坂道の登り下りを小走りで10Kmは走ったはずだ。

できることはすべてやったし、地元の皆さんも暖かく見守ってくれる。ミャオ君!頑張ってね。
あ゛ー。オイラは、あまりに感動したせいか鼻水が止まりません。てか、仕事どうすんだ仕事。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-02-28 23:11 | 猫たちのこと | Comments(3)

飼い主の選択(0^~^0)

昨日は、朝にいっぷくがミャオ君の家に行ってくれた。
くだりは、前の記事とおり。

夜には私が行ってきた。

・トイレの砂
・普段食べていたごはん
・同居猫の体毛

これらを夜のうちにいただいておいて、朝5時ころあの場所に行こうと思っていた。

日曜はよく晴れた。月曜は一日雨だった。
去勢したオス猫は一日100m移動するという。普段から外出していた子はもっと移動する。
それが昨日は雨が足止めしたはず。雨で地面が洗われて、これらを持っていけば匂いは際立つはず。

雨が上がって早朝、きっと出てくるはずだ。
マーブルの失踪時、早朝を狙って探して回った。
火曜は時間が取れるので、行くつもりだった。

結果は「惨敗」何ももらえなかった。

飼い主さんは、
「あれのニャン生だから。」と言う。

でも、藪の境目の家では土曜に猫の騒動を聞いたというし、
新しい男の子が来れば、出入りがにぎやかになるはず。
やってみる価値があるかもしれない。

「おとなしくて優しい子だから、きっと誰かの家でご飯をもらえる。それはそれで、幸せかもしれない」
飼い主さんはそう腹をくくった。

奥さんは、じっと眼を見開いて話を聞いている。

帰宅してから、いっぷくと話をしたが、飼い主さんが決めたこと以上のことはできない。
あとはとにかく、ミャオ君の幸せを祈るしかない。

絶対にまた会おう。待ってるよ。みんなで。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-02-24 07:32 | 猫たちのこと | Comments(4)

忙しい週末 その2  (^^_ 。・


朝から町内美化清掃に参加すると、ご近所のN氏が「あとでパソコンを診てくれ」と言う。

回覧板順では隣家にあたるN氏だが、無職ながらも趣味のレースバトで生計を立てている。
独り暮らしでトッツキにくくクチも悪いものの、喋ると止まらない少し弱気で陽気な人だ。

さすがに蓄えも底をつきそうなので要らないハトを売って食い繋ぎたい、と考えたそうで、
インターネットをやりたい、と相談を受けたのがキッカケで親しくさせて戴いているのだ。

昨年11月、N氏の鳩小屋に小動物が侵入しハト一匹を食べて以来、N氏はおカンムリで、
周囲の古くから猫を飼っている農家に「今度入ったら処分する」と宣戦布告していたのだ。

お邪魔して作業するかたわらでN氏の世間話やら近況報告やら今後の予定などの話を聞く。
そして聞き捨てならない話が出た。ワナに掛かった猫を山に捨ててきた、というのである。

詳しく訊ねると、当家の向かいの お婆さん が飼っているオルカ似の ミャオ君 らしいのだ。
作業を終えて帰宅して まてちゃ に話すと、 まてちゃ はすぐに場所を聞き出してきた。

まてちゃ の慌てた様子にN氏は心から深く反省していて、詳しく教えてくれたらしいが、
齢80のお婆さんに伝えるのは酷だと思い、当主のご子息の帰宅を待って詳しくお話した。

今朝、お届け物があったのでお向かいのお屋敷へ伺うと、お婆さんが応対に出ていらした。
ひとしきりご丁寧な礼をおっしゃると、皺の奥の小さな目をキラキラ潤ませてこう訊ねた。
「アレももう11歳だし広い所だし。でも見つかりますでしょうか?」返す言葉がなかった。

ワナにかかったのは先週木曜、雪の降った夜で、今朝は冷たい雨。吉と出るか凶と出るか。

※続き※ がんばれ ミャオ君
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-02-23 11:25 | 猫たちのこと | Comments(4)

忙しい週末 その1  (^^_ 。・


よく晴れた土曜日。溜まっていた家事を何とか片付け終え、やっと一息ついたところへ。

旧宅のご近所さんから久々に電話があって、今年も「文旦」が届いたとのことであった。
無農薬で育てるために手に入りにくく、毎年お願いして特別に取り置いていただくのだ。
すぐにクルマで旧宅のあたりへ出掛けると、ご近所さんもお元気そうでとても安心した。

昨年「文旦」を取りに伺った時 は、オルカを亡くしたばかりで気付く余裕もなかったが、
退去が迫っているものの、団地はとりあえず昔のたたずまいを残し、懐かしくもあった。
まてちゃ が言うには、顔馴染みの三毛猫の尻尾が見えたという。見まがうはずはない。

腹が減ったので馴染みだった店でたらふく食べ、食べ過ぎたので食後の散歩をしてみた。
引っ越す前の暮らしぶりそのままだったが、街は我々の懸念どおりに悪く変わっていた。

「さあ、おうちへ帰ろう。」そうクルマの中で言うと、猫たちの待つ我が家へと急いだ。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-02-23 09:59 | 喜怒哀楽 | Comments(0)

ずっと一緒だからね(0^~^0)

知恵のみるく 力のオルカ
何度でも言う。
最高のコンビだった。
a0005487_1323436.jpg

秋が来る度に。
冬が訪れる度に。
春の兆しの中で。
初夏の木陰を見る度に。
暑い盛りを過ごす度に。

最高でかけがえのない存在だった。
a0005487_1383255.jpg



そこから見えるかい。ずっと一緒だからね。
a0005487_13243814.jpg
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-02-20 13:25 | 猫たちのこと | Comments(4)

2月14日の大和(0^~^0)

若いっていいなー。

この日に見たレントゲンフィルムは、大和の骨が盛上がって、しっかりしてきた画が写っていた。

前回の同じ箇所より確実に石灰化が進んでいます。ここまでくればもう安心。
ご心配をおかけしました。

大和はボルト外しのための2回目の手術が決まりました。

3月3日です。

それまで、引き続きケージ生活なのですが、たまにタオルやトイレを交換するときに脱走します。
そのときはすごいです。
あんたは、ホーネットか?というくらいの高軌道でマニューバをやらかしてくれます。
ええ、ええ、床上から天井なんてひとっとびです。

猫・・というより、むささびかなんか飼ってたか?と錯覚するくらいです。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-02-18 16:55 | 猫たちのこと | Comments(4)

オルカ  (^^_ 。・

仕事に追われていた先週の二人は、電車の窓から見える富士山の姿に押し黙っていた。
春の兆しと競うように輝く夕富士を オルカ と一緒に見たのは、亡くなる前日だった。

あの日の三人は、まるでそれが特効薬かのように必死で春の足音に耳を澄ませていて、
あと少しで暖かくなる元気になると言っていたのに、残された時間もあと少しだった。

一年祭の夜、庭にたくさんの蝋燭を灯して オルカ のビデオを見ながら話しつづけた。
画面に向かって「オル?にゃーん?」と呼び掛けると画面の中から オルカ が応える。
a0005487_17354160.jpg

驚いたのは オルカ を知らない仔猫たち。上を下への大騒ぎのあげく、このありさま。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-02-16 17:43 | 猫たちのこと | Comments(2)

大和 浮上す  (^^_ 。・

沈没地点を大雑把に言うと、鹿児島から上海へ向かって3分の1のあたりらしい。

どれだけ啼こうが騒ごうがケージから出さずにいたのに、また脱走してしまった。
まてちゃ がケージを掃除しようとした時なのだが、その後急におとなしくなり、
すぐ獣医さんへと思ったが、前日に診察を受けたばかりなので様子をみることに。

きのう叱られるのを覚悟で獣医さんへ行くと、先生は渋い顔をして触診を始めた。
長い。あちこちそっと触っては別の角度からまた触り、渋い顔のまま唸っている。
レントゲン撮影を待つ間がとても長く感じ、悪い想像ばかりしては溜め息をつく。

やがて奥から先生が。あ・よくなってるんだ。この先生は声だけで機嫌がわかる。
レントゲンを見ると、白い部分が拡がり、黒い溝が埋まってきている。よかった。
鬼瓦みたいな先生がニッコリして「順調ですね、んー。まあ順調です。」と笑う。

会計を済ませクルマに乗り込むと、ふたりで「今になって胃が痛いね」と笑った。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-02-08 21:12 | カモン!ベイビー | Comments(6)

そんなに悪いか  (^^_ 。・

いっぷく はセブンスター党だが、2月からセブンスター・ブラックが発売された。
ちょうど新発売キャンペーン中で、1箱300円で携帯灰皿がオマケについてくる。
喫味はけっしてウマくはなく、15年ほど前のフィルター変更以上に不味くなった。
a0005487_22355828.jpg

この新発売キャンペーン、同封のシリアルコードでWEBから応募することができ、
当たればライターがもらえるが、JTのサイトを見るには成人専用のIDが必要で、
このIDを取得するためには、JTへ電話を掛けて宣誓をし承認される必要がある。
a0005487_22362084.jpg

富国強兵が叫ばれ、税収を伸ばそうと大蔵省専売局が喫煙を奨励した時代があった。
こんなアダルトサイトまがいの商売をしている現実を、先人はどう見るのだろうか。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-02-05 22:44 | 喜怒哀楽 | Comments(5)

春  (^^_ 。・

肥やしのためにワザと残すのかな?と まてちゃ と話したのですが、
冬の美味「大根」も盛りを過ぎて、近所の畑にも数本が残るのみです。

a0005487_858458.jpg


お向かいのお婆さんから「ふきのとう」を袋いっぱいいただきました。
「大根食べるかい?」とおっしゃるので、喜んで畑にお邪魔しました。

写真上の3本は遅蒔きの立派なもの、下が普通蒔きの巨大サイズ。
よく「大根足」といいますが、冗談抜きに いっぷく の太腿ぐらい。
たくさん水を吸っているので、煮物やオロシ大根にも最適だそうです。

このお婆さんが、昨年秋には「この冬は暖かくなる」と断言していて、
普通蒔きでも首がダメにならない、と、ヤッと抜いてくださいました。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-02-05 09:53 | 田舎暮らし | Comments(5)