<   2009年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

そんなコト言えない  (^^_ 。・

新婚(!?)だからというワケではないが、男女とはなかなか難しいものらしい。
我々二人が傍目に夫婦円満そうに見えるからといって、悩みがないワケでもない。

もちろん国を憂いたり悲しい思いをしたり金欠を嘆いたりすることもあるのだが、
それはそれで共通の問題としてキチンと話し合い理解しあうように心掛けている。

話は今年のはじめに遡る。猫たちの憧れの的の「社長の椅子」が壊れてしまった。
猫屋敷を新築した時に、新たな家財と一緒に まてちゃ に買ってもらったのだ。

レバーを動かすと座面が高くなり、体重を掛けると沈んで、レバーで固定するが、
このレバーがバカになった上に、体重を支えているクッション部分が壊れたのだ。

結果、座面はとことんまで下がり、クッションも効かず、石のような座り心地に。
ニト○で特価だったので修理しても高くつく。まあ石の上にも3年などと言うし。

3月のある日。トイレに腰掛けて「さあゆけ!」と念じた瞬間に、激痛が走った。
現代かなづかいでは滅多にお目にかからないが「ち」に「゛」と書くアレである。
立ち上がると、顔から血の気が失せるのがわかり、振り向けば見事な花園である。

それ以来、トイレではノズルの達人の域に到達し、日に何度もシャワーを浴びた。
時にはTVCMでおなじみの・・を買い、やっとここしばらくは痛みも緩和した。

そして昨日。シャワーを浴びつつ思いついた。毛を剃れば衛生的で傷にいいかも。
ブログとはいえ人様には語れないようなアクロバティックな闘いは無事終わった。

ところがである。夕方になってからヒリヒリと痛むのだ。それもモノスゴく痛い。
このままでは眠れないかもと思い、我慢できずに まてちゃ にオネダリをした。

給料日前に大変申し訳ないのだが。使いかけのベビーパウダー、アレくれないか?
「どうしたの?」「いや、まあちょっと」怪訝そうに眉を顰めてじっと見ている。

きっと色々なことを想像しているに違いないが、どこまで真相を見抜いているか。
もしかすると真相以上のことまで想像して、感染症対策室に監禁してしまえとか、
バイオハザードの映画みたいに脳髄を撃とうとか、そこまで考えたかもしれない。

きっと、オイラの脇の下や股間から黄緑色をした宇宙生物が触手を伸ばしていて、
その先から悪臭ふんぷんたるドロドロした汁をピュッピュと放射していたりして。

永遠とも思える数秒が過ぎて「ちゃんと言わないと一緒にお風呂入らないからね」
そう言い残して風呂へ入ってしまった。かくして、わが人生最大の危機は去った。

ホッとしたやら何やらで、オイラは風呂にも入らず、そのまま眠ってしまったが、
正直に白状すべきなのか、これで良かったのか、書いてはみたもののあとが恐い。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-04-24 11:21 | 喜怒哀楽 | Comments(2)

1階デビュー(0^~^0)

フーコはケージから出るようになりました。

金曜の夜、ケージにマオが入ったりしましたが、すぐに出てしまい、ケージの扉は開け放しとなりました。
フーコはケージから出ると、まずは押入れの奥へ移動。
お雛様の入ったダンボールの上で香箱を作っていました。
一度、マオと一緒に階下に下りたのですが、姫が洗面所で待ち構えており、思いっきり威嚇され、すごすごと2階に戻りました。

土曜の早朝には、フーコがマオに呼びかけ、マオが応える形でドゴッと床に寝そべるようになりました。
姫ちゃんはフーコにシャーシャー威嚇をしています。
小次郎が遠巻きにウゥーと低くうなります。
フーコは仲良くなったと思ったマオに盛んに呼びかけますが、積極的には近づきません。

土曜の夜にフーコは3階(2階にあるロフト)に上ったりしていました。
子猫達は次々に2階に訪れては、フーコ参りをしていきます。
緊張からか、びくびくしているのを独り、マオだけが優しく語りかける。

日曜。
開けっ放しの押入れの前でマオとフーコが居たりしますが、人が来るとフーコはすぐに押入れに隠れます。
でも、マオをはじめ人も階下に降りてしまうと、さびしいのかフーコがなきます。
マオを呼んでいるのか、人を呼んでいるのか。
家の中で子猫は妙に興奮してドタバタと走り回り、何か家の中が落ち着かない様子。

a0005487_21494647.jpg

夕飯前、階段を下りてきたところを撮りました。

a0005487_21503582.jpg

今回も姫がうなり、威嚇し、すごすごと元に戻っていきました。
人間に懐いたわけでもなく、家の生活に納得したわけでもありませんが、少なくともマオにだけは心を許しているようです。

まー、もうちょっとお待ちなさいな。いずれゴロニャンしてもらいましょう。

マオの作戦
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-04-19 22:04 | 猫たちのこと | Comments(4)

アジアンランチとプリンシェイク(0^~^0)


昼は移動販売の「アジアンランチ」を食べてます。

基本的には「アジアンランチ」が好き。
辛いだけではなく、こくがあったり、珍しい野菜を使っていたり、玄米100%を堪能できるのも魅力的ですが、
時々、辛いのに疲れることがあります。

そんなときはこれ。甘いもの。普段はこーいうのお昼に買わないのだけれど、ピリピリに辛そうな真っ赤なチキンを見ていて、つい、コンビニで買ってしまいました。何やらハイグレードなコピーが並びます。
a0005487_15332936.jpg

よぉーく冷やして飲んだのですが、天板に入れる前のプリンの原液?って感じです。
やわらかプリン系も、認めるわたしですが、こりゃーないよ。でも、どこかで飲んだ味。
ビンの後を見て納得。
「ポッカ」ですもん。昔、秋葉原の自販機で売ってましたよ。「プリンシェイク」。おしること一緒に。全然気づかなかったけれど、あのプリンシェイクの最新バージョンだったのね。

ちょっと不満はありますが、辛さも中和できるし、案外いけるかも。
やみつきな辛カラランチですが、プリンシェイクもやみつきになるのかなー?
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-04-16 15:40 | とにかく!満腹 | Comments(4)

寄居北条祭り2(0^~^0)

寄居北条祭りの続き。

今年は晴天続きで川の水が少なめです。普段は釣り人やら、河原遊びの人が居ますが、こうやって船で渡っていきます。
a0005487_016584.jpg


豊臣方の援軍が続々「ご到着ぅ~~」。盛り上がります。
a0005487_0171029.jpg


坊主頭の方がさぞ名のある豪傑。誰か教えてください。かっこよかったです。中村獅童みたい。
a0005487_018097.jpg


お疲れ様です。
a0005487_0182696.jpg


また来年も楽しみにしております。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-04-15 00:24 | お祭り | Comments(4)

寄居北条祭り(0^~^0)

寄居北条祭り行ってきました。


数年前、映画「ラストサムライ」ブームの時に北条祭りを知り、1回見て以来、機会があればまた見たいと思っていました。先週の日曜はお天気も良く、また見ることができました。

合戦前の武者行列です。映画の撮影みたいでしょ?国際隊もあり、外国の方も甲冑姿を楽しんでいました。
a0005487_63627100.jpg


立派な鎧兜です。暑いだろーなー。
a0005487_637115.jpg


修験者さん。錫杖の音が涼しげでした。
a0005487_6373653.jpg


お姫様。
a0005487_638125.jpg


薙刀隊。かっこいい!
a0005487_6382621.jpg


北条氏邦の隊。右手前は多分、東国丸君。その後が氏邦さんかなぁ?
a0005487_6381243.jpg



合戦は鉢形城の前の河原で豊臣方、北条方に別れて行います。
川向うは北条方。撮影は遠くからなんで、あんまりよくわかりませんが、河原で合戦は迫力ありました。
a0005487_6374862.jpg


前に見たときより、大筒と合戦が派手でした。以前は確か、白馬が居たのですが、今回は馬はなし。
鳴り渡る大筒の音に見物のお子さん達がぎゃぴー!ふぎゃー!とある意味で迫力ありました。

後で載せますが、この合戦で活躍した豪傑が居て(歴史上有名な人)、こん棒みたいなのを振回し、
すばらしい戦いを繰広げていました。

また、来年も天気だったら見に行こうと思っています。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-04-14 06:40 | お祭り | Comments(4)

初夏の日差し(0^~^0)

暑かったです。
a0005487_23161530.jpg



毛が長いのは辛いです。
ひっくり返っても、ながながしても暑いものは暑い。

ブラッシングしてやろうとしますが、なかなかやらせてくれません。

今日は初夏の日差しでした。暑い日がきますね。覚悟しなきゃ。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-04-11 23:22 | 猫たちのこと | Comments(2)

忙しい週末 命名「フーコ」  (^^_ 。・

先週末。保護して2週間、飼える程度に懐いたかどうかを見極める期限が来てしまった。
多少改善は見られたものの、未だに人間に対してシャーと威嚇したり唸ったりしている。

どうやら まてちゃ にはかなり気を許してはいるが、 いっぷく は恐いようである。
まてちゃ が甲斐甲斐しく世話をするので、ブッチがヤキモチを焼き気色悪い声で騒ぐ。

マオは相変わらず「なんで泣いてるの?」と声を掛ける。最初は震えながらであったが、
横ざまに寝そべってみせたり、恐々遠巻きにする子供たちを舐めてなだめたりしている。

問題をややこしくする事実が見つかった。乳首の様子から察するに妊娠しているらしい。
じっくり見せてくれるワケではないのだが、どうやら初めての妊娠のような感じである。

こう考えることにした。非常に残酷な選択だが、仔猫はすべて諦めて、親猫は避妊する。
優先すべきは今ここにいる猫の健康と幸福、それすら確保できずに仔猫どころではない。

親猫を飼う場合、親猫が人間嫌いな状態で、産んで育てて人間と暮らすことは難しいし、
元の土地に帰す場合は、子育てはさらに過酷だ。ならば出産のリスクを冒す必要はない。

それに、もしも親猫が白血病やエイズなどに罹っていれば、これはもう問答無用である。
獣医さんへ電話で状況を説明した上で、最短で手術可能な日に避妊と検査の予約をした。

水曜日。上を下への大騒ぎの末、キャリーバッグに入れることに成功して、獣医さんへ。
手順などを細かく打合せてから帰宅して、キッチンハイターで2階を消毒してまわった。

仔猫を弔う(嫌なら見ないでね)
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-04-08 15:39 | 不思議なフーコ | Comments(3)

忙しい週末 答えは出ない(0^~^0)

猫の幸せ。

ご飯に不自由なく、自由を謳歌して、恋をして、にゃん生を全うする。昔からそう考えていた。

本当はご飯に不自由さえしなければ、人間と一緒に暮らすことなんか考えなくていいはずである。
人間と一緒に暮らすことを考えるがゆえに、自由も恋も制限されることがある。
それを手放すのは不幸なことかもしれない。

保護なんかしてもらわなくても、いいのかもしれない。

狂おしくケージから自由を願う子を見ていて、この子の本当の幸せって何だろう?と考えてしまう。

約束の2週間が過ぎた。
一応、ご飯やトイレの片付けくらいはさせてくれている。

マオの呼びかけにも応じているように見える。
a0005487_23262616.jpg


でもでも・・・・
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-04-05 23:34 | 猫たちのこと | Comments(7)

echika池袋(0^~^0)

会社帰りに歩いてきました。
a0005487_23425050.jpg


オープンから一週間近く経っているんで少しは人出が減ったかと思ったのですが。
お店には、列ができ、通路の果てで「ここが最後尾でぇーーす」と札を持った店員が叫び、
警備員さんが、「左側通行でお願いします!」と言うので仕方なく、行きは壁際を歩き、
ちょっといいかなーと思った店はお姉さんでごった返し。
噂のパウダールームも長蛇の人だかり。

春休みだったこともあり、外国人観光客も多い季節で、仕方ないのだけれど、人大杉です。
echikaの印象は博多や神戸の小さい版の地下街って感じです。
大手町のほうがお店は多いかも。

もうちょっと人が空いてから探訪することとします。

間が悪いことに大雨が降り出し、帰りの電車のホームは始発なのに3本後の電車にもたくさんの人が
並び、ホームは大混乱に。
びっちりに詰込まれた急行に捕まるつり革がなく電車の連結部で、1時間、ぐるんぐるんに揺さぶられてしまいました。
・・・電車に酔ってしまった・・・。
おかげで夕飯はマックフルーリーの抹茶オレオになってしまいました。
ごめん、もうくたくた。家事はお休みさせてくらはい。   m(..)m
echika、行くんじゃなかった。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2009-04-01 23:57 | メディア | Comments(2)