<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

絵画を読み解く:その2(0^〜^0)

上野の森がいろいろ話題だけど、先週末は国立美術館でベルリン美術館展を見てきた。

あいにくの雨と出かけたのが午後7時だったせいで案外空いていました。

さて。
絵画を読み解く。
a0005487_019149.jpg


これは、ダビデ王が人妻バテシバの水浴シーンを盗み見て、惚れてしまうという旧約聖書の物語の一コマ。
今回の暗ーーーい、重ーーーい、人物ちっさ、絵が固い!という展覧会の中で唯一、明るい日差しと美しい裸体と衣の光具合、というものでした。

看板のフェルメールの真珠の首飾りも愛らしかったのだけれど、私はビタミンCが欲しかった。
この一枚はまさに今回のビタミンCでした。目にも体にも良さそうな絵でした。

北ヨーロッパの作家の展示が多い中、ベネツィア派で大きい作品だったので特に目を惹きました。

セバスティアーノ・リッチって作家は、「セザンヌと長老」「ヴィーナスとサテュロスとキューピッド」という、裸体女性と盗み見る男どもという同じ(?)題材で絵を描いています。
いつの世も男は輝く女性の裸体に弱いっていうか、スケベなんだと、言いたいんでしょうね(笑



a0005487_020512.jpg


こっちは別にスケベってわけじゃないけど、猫屋敷の日常の一コマです。

寛いでいる女(マオ)を塔から盗み見る(ぶっちの)図は正に、ダビデとバテシバの構図です。

この後、マオにどんな災難が降りかかるのでしょうか?
それとも、言われているように、実は家臣の妻から玉の輿で王の妻になり、のちに息子ソロモンをまんまと次代の王に座らせる陰謀を企んだ計算高い女なのでしょうか?

か弱いように見えて、女ってしたたかなのかも。

マオちゃん、本当は何考えてます??
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-07-12 00:20 | 猫たちのこと

ジップロックで梅干し1(0^〜^0)

えへへ。
梅買っちゃた。

a0005487_11132326.jpg

だって、黄色くていい香りがして、おいしそうなんだもん(笑)

今年は止めておこう、まだ去年の食べきってないし。

きっと土用の日あたりは忙しいし。

てな言い訳をたくさん考えていて、今年の梅干しは漬けないことと決めていました。

でも、八百屋さんで、芳香を放つ梅の姿に目が留って、こらえきれずに買ってしまいました。

ほらほら、大粒でしょう?

a0005487_1114712.jpg



a0005487_11144711.jpg


隅々まで黄色く熟して、おいしそう。

ホワイトリカーで洗って。
a0005487_11154289.jpg


今年は1キロしかないんで横着してジップロックで漬けちゃいます。

a0005487_11162694.jpg


塩入れて、ホワイトリカーも入れて。
a0005487_1117475.jpg


相手がビニールなんで、もしものことを考えて、二重にします。
a0005487_11174334.jpg


甘いいい匂いがうちの中に広がります。
さて、続きはまたね。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-07-10 11:19 | 田舎暮らし

塩はしょっぱい(0^〜^0)

ボーナス出た?

いいね、たくさん出るところは。

うちなんかね、随分儲かっている会社なのに、全然従業員に還元する気がないのだよ。

おかげで、雀の涙ほどの賞与は全部行き先が決まっていて、入ってすぐにわずかばかりの端数だけ残して出て行った。

何も買えないね。



さて。

ボーナスたくさん出た会社の人は、あれでしょ?

ボーナスで何を買うか、楽しい計画を立てるんでしょ?

私には、関係ないけどね・・関係ないけどね・・・・・・・以下∞回・・・・・・・。



入社3-4年目くらいのサラリーマンの二人連れが、いつもの弁当屋の列の私の後ろに並んだらしい。

※古代ローマでは給与として塩が支払われていたという。ラテン語で塩はサル(sal)という。


らしいというのは、私の背後に立ったので、顔や様子は見ることができなかったらだ。

でも、まぁ、話し方や声でなんとなくわかる。内容からも、決して、ケチくさい会社にお勤めでないことがわかる。

私には、関係ないけどね・・・・・関係ないけどね・・・・・以下自粛。



男性A「でね、iPadか、ノーパソか悩むんだよね」

男性B「うちはもう1台のテレビだな」

男性A「あれ?買うの?」

男性B「そうなんだよ。俺の部屋のはもう兄貴に返そうかと思うんだ。60インチ考えてるんだ。案外、ボーナス多かったしな。」

男性A「そうそう。意外だったね。で、いいノーパソ買おうかと」

男性B「買うの?パソコン」
Bが、驚いて返す。

男性A「うん。モバイルがいいよね」

男性B「買わなくても、いいよ。おれのところにたくさん部品があるよ」

男性A「いや、買うって」

男性B「パソコンはさ、手組みに限るよ」



※念のために書くね。手組みパソコンとは、部品を持ち寄って、組み立てるパソコンのこと。
流行ったのは、15年前位のこと。
それ用の部品はもちろんのこと、ケースも別売りしていた。もちろん、デスクトップ機のことね。


男性Bは機械に強いオタク系男子らしい。Aはちがうらしいけど。

男性A「いや、金はあるんだよ?そんなの組まなくっても。iPadも考えてるしさ」
男性B「そこらへんのボードに好きなチップ買ってきてさ・・・・」

この人、聞いていない。
ほら、相手、黙っちゃったじゃん。

やや、間があった。

男性B「絶対、買う必要ないって。金要らないって」

男性A「いや、お前さ。おれ、モバイル欲しいって言ってるんだよ。今更、手組みでもないだろ?お前ができるのはわかったからさ」

男性B「大丈夫。俺に任せておけよ。高校の時からやってるんだから、信用していいよ」


男性A「お前さ。聞いていい?」
男性B「おう。なんでも聞いてくれよ」

男性A「その、お前が作った?作ってくれるやつ?パソコンってさ。持ち運べるの?」


男性B「・・・・・・・・・・ああ、持てる・・・と思うよ。たぶん。抱えれば」

抱えれば?
確かに持ち運べるけどさ。
大変だよね。実際。

男性A「お前、しょっぱいな」

※しょっぱいとは、「情けない・恥ずかしい」を意味する俗語。


その後、二人はずっと黙ったままだった。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-07-07 23:19 | PCなど

被害甚大 (^^_ 。



。。。。しくしく。
買ったばかりのブルーレイ・レコーダが使えなくなりました。



仔猫たちの誕生日を過ぎたある夜、生後まもない頃のDVDを見ました。

「ぐちゃぐちゃ真っ黒~」「姫ちゃん可愛い」「耳が真横についてる~」
そして「マオちゃん偉かったねー」「もう一回見ようか」ということに。

、、、そのまま寝てしまい、翌朝。



リモコンを置いたはずの枕元を見るとリモコンの上に少量のゲ●と毛玉が。

グチグチ言いつつキレイに拭き取ってボタンを押して、、動きません。
ドライヤーで注意深く乾かしてもダメ。

まてちゃ が「しばらく乾かせば直るよー」となだめてくれましたが、
仕事から帰ってきても動かないので、仕方なく分解掃除にとりかかりました。



ケースを開けて、さすが実にシンプルと感動!
中には、基板が1枚・ボタンが並んだゴムシート・カーソル用の丸いリングの3つだけです。

なんと、ちょうどゲ●が掛かったあたりに唯一のICがありました。
5mm角ほどの上下左右にアリさんの足よろしく端子が。イヤ~な予感。

アルコール・ティッシュで念入りに拭き取って乾かして、
もとどおりに組立ててボタンを押したものの、押したボタンと違う動作をします。



ワケがわからないので携帯電話のカメラで見てみると、
ボタンを押した時だけ光るはずの発光部が光りっぱなしです。

ゴムシートが粘ってるのか?ボタンがケースに引っかかるのか?
それぞれ水洗いしたあとエアスプレーで水を飛ばしましたがダメ。

チップの足に集中して色々試してもダメ。
最近の家電はリモコンがないとただの箱。困りました。。



ふと思いついたのは洗面台の蛇口です。レバーを回すとシャワーになるやつ。
このシャワーときたら角度が広すぎるうえに細くて水圧の高い水が飛び散ります。

基板を90度ずつ回転させながらチップの足めがけて水を当てます。
念入りにシューして水を飛ばして元通りに組立てると、、やったーーー!!直った!!



恐るべし!姫ちゃんの(だろ?)ゲ●!
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-07-06 05:28 | 猫たちのこと

ジャガイモの日々 (^^_ 。


今日は まてちゃ が出掛けているので、とっても  ヒ  マ  でーーーーす。
さて、お米はちゃんと買ってきたのに(買えないワケじゃないのに)ジャガイモづくしの毎日。

いつも良くしていただいているお向かいの農家のお婆さんから、
6個づつ縄で縛った新タマネギとジャガイモを5kg以上いただきました。

タマネギは、直射日光のあたらない風通しの良い場所に下げておくと甘味が増すらしく、
納屋のない猫屋敷としては2階の いっぷく の作業部屋が良かろうということに。

a0005487_12182358.jpg

雨の降る日に時々物干し場としても使われてしまう12畳ほどの小部屋には、
作業部屋として最低限のものは一応あります。皆さんおなじみ↓無線LANとか。。

a0005487_12273324.jpg

プリンタとかハブとか↓。写真には映っていませんがパソコンも何台かあります。
作り付けの本棚も少し整理しないと「ねこのきもち」に征服されそうですが。。。

a0005487_12365665.jpg

話がそれました。あの手この手で まてちゃ が料理してくれるジャガイモですが、
普通のお宅の食卓ではフツーなのに猫屋敷では出ないジャガイモ料理が2つあります。


ひとつは「おでん」。下の写真は鹿児島で食べた「さつまおでん」です。
白熊の名店と同じ名前なのに何の関係もないという美味くて楽しいお店です。

a0005487_1271968.jpg

つゆの味が独特で、ブタ油たっぷりな醤油ベースの出汁に黒糖が入っています。
露光オーバー気味に撮らないと真っ黒で意味不明です(笑)ウチの猫たちもですが。

例えばこのような「おでん」にジャガイモを入れたら、、、おわかりいただけますよね?。
ジャガイモに罪はなくても煮崩れて糊のようになった「おでん」のつゆ。苦手です。


もうひとつは「カレー」です。まてちゃ は市販のルーは使いません。
オイラも、せっかくスパイスで辛くしたのなら芋や根菜で甘くしない、という主義です。

a0005487_12591649.jpg

市販のルーは普通↑こんな感じで売られていますよね。本でいう平積み↓みたいに。

a0005487_1323831.jpg

限られた売り場スペースなのにどうしてなんだろ?書架みたいに並べればいいのに。
と思っていたら、某デパートの地下食品売り場では立てて売っていました。がっくり。

a0005487_13152496.jpg

本といえばオイラが高校生の頃に読んでいたSFシリーズがまだ続いていました。
そろそろ猫の話をしろって?では姫ちゃんの不思議な寝姿でオシマイにしましょう。

a0005487_13181340.jpg

きのうは4歳のお誕生日でした。スペシャルディナーのモンプチ、美味しかった??
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-07-01 13:19 | 田舎暮らし