<   2012年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

お誕生日ぃ~ (^^_ 。・


新潟から帰って数日後クルマ屋さんから電話がありました。
翌21日、仕事の帰りに立ち寄ってみると、おお~イイじゃないですか!

週末は まてちゃ の誕生日なので新しいクルマでドライブデート。
どうしてピカピカのセダンには自然が似合うんでしょうね。

a0005487_2034121.jpg

今年は仕事のお客さんが、わが奥様にお誕生日ディナーをご馳走してくれました。

バブル絶頂期にTV東京でやっていた深夜1時からの30分番組「テレビ予備校」で
オープニングのシーンが撮影されたレモン画翠のレストランです。

ナターシャセブンの「今、風の中」が流れるなかテーブルで向かい合う若い男女。
こんなキャンパスライフにあこがれて頑張った受験生もいたのかもねー。

当時は画材屋さんだったので店先でティータイムなんてあり得ませんでしたが、
今は改装したので店内は禁煙。そのかわり店先のテーブルではタバコが吸えます。

話が逸れました。なにはともあれ一緒に誕生日を迎えられることに感謝です。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-11-27 21:02 | 乗り物

新潟 その7  (^^_ 。・


新潟最後の夜、近くのコンビニへ買い出しに行って部屋呑みビール大会をしました。

左は全国第一号地ビール醸造所 エチゴビール の期間限定黒ビール↓「ブラウンポーター」 。
ビールといえば夏ですが、秋のガッツリした黒ビールもなかなかです。

右は地ビールじゃないけど、やっぱり買っちゃった 「水曜日のネコ」 ↓はホワイトエール。

18世紀イギリスで人気を博したブラウンポーターとベルギー発祥のホワイトエール、
ハーフ&ハーフにすると立派なカクテルに! 外道だけど美味しけりゃイイじゃんさー(酔)

a0005487_10162529.jpg

左は↓またまたベルジャンの「白濁」(しろにごり)これも地ビールではありません。
グラスに入れると確かに麦の甘酒、缶をひっくり返して注ぐだけのことはあります。

↓右はサッポロビールの新潟限定「風味爽快ニシテ」。

ドイツで醸造技術を学んだ初の日本人が開いた醸造所が後のサッポロビールだそうで、
その日本人、中川清兵衛が現長岡市出身だそうで。 まぁどうでもイイじゃん(酔酔)

a0005487_10153471.jpg


さて新潟最終日、電車で少し移動することに(嬉)。
クモハE127-11以下2連↓に乗り越後線を下ります。もちろん単線ワンマンです。

a0005487_10164256.jpg

車両の内外にあるボタン↓でドアを開閉するのは、まぁ見慣れているものの、、、

a0005487_10172852.jpg

途中の駅で入れ違った(単線ですから)クハ115のドアの下にこんな↓注意書きが。

a0005487_10174781.jpg

内野駅から送迎バスで約30分、角田浜近くのワイナリー カーブドッチ にやってきました。
↓1万坪のイングリッシュガーデンの中に洋風の建物が点在しています。

a0005487_1018081.jpg

メインのワイナリーでは、ワインリストから好きな銘柄を100円で1種類試飲できたり、
他にも食材のお店があったり、そんなお店で日用雑貨を売っていたりもします。

その中の一軒「薪小屋」↓にたどりつきました。そろそろお腹も減ったし喉も渇いたし。

a0005487_10183852.jpg

なのでビールとソーセージを頼むことにしました。もちろんウマウマー。
ジョッキに描かれているのは、ここで最初に飼ったワンコ 「フジコちゃん」だそうです。

a0005487_10191823.jpg


いよいよ新潟を去る時間になりました。新幹線の楽しみは酒と駅弁。
人気の高い数量限定「えび千両ちらし」を買ってみました。

a0005487_10194732.jpg

パッと見「1200円なのに厚焼玉子だけ?」と思いきや、
その下には↓ウナギやコハダ、イカさんエビさんたちが。

a0005487_10195673.jpg

こんなに↓色々入っていて、とーっても美味しかったです。

a0005487_14403094.png

さあおウチへ帰ろう。ニャンコたちが待ってる。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-11-25 10:20 | 乗り物

新潟 その6  (^^_ 。・


ホントはもう家に帰ってきているのですが、新潟の記事はまだまだ続きます。

市内で一番高い建物「日航ホテル」の31階にある展望台へ行きました。
隣には「朱鷺メッセ」というコンベンションセンターがあります。

a0005487_12134182.jpg

ヘンな名前の理由はというと。。

スーパーなどでおなじみ「ばかうけ」を作っている栗山米菓が
2009年に命名権を取得したからだそうで。

31階といっても周囲に高いビルがないので、こーんなに↓見晴らしが良いです。

a0005487_12135274.jpg

展望室からは水平線にうっすらと佐渡が見えます↓。
(見にくかったのでワザと暗くして撮影しています)

a0005487_12142274.jpg

さて、新潟といえば米どころ酒どころ。酒蔵を見学しに行ってきました↓。

a0005487_12143132.jpg

精米の度合いが高いほど雑味が減るのは知っていましたが↓こんなに小さくなるんですねー。
これじゃあ機械で米が洗えないのも当然です。

a0005487_1214596.jpg

江戸時代に建てられた蔵の二階にひっそり置かれた金看板↓。
映画の撮影に使ったニセモノで発砲スチロール製だそうです。

a0005487_1215863.jpg

酒を発酵させる大きな樽や、本物の金看板(縦長の写真)などなど
作れる職人さんがいなくなってしまった物がたくさんありました。

そうそう。説明して下さったお話の中で、いかに税務署が細かい事を言うか、
酒蔵ならではの苦労話も大変面白かったです。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-11-19 12:34 | その他

新潟 その5  (^^_ 。・


旅先で「あー、遠くに来たんだなぁ」と思うことの一つに、
朝ホテルで見る地元ローカル局の天気予報があります。

どこがどこだかさっぱりで、正しく読めないこともあったりします。

a0005487_1933652.jpg

さて今回は「新潟で食べた美味いもの編」です。

まずは↓食用菊「かきのもと」のお浸し。
香りが良くエグ味もないのでスプラウトみたいな感じです。

a0005487_1941162.jpg

次は高級魚 ノドグロ の切り身↓。 スーパーなどでアカウオと称して売っていたりします。
ちなみに、天童よしみちゃんがCMしている ノド飴 とは別モノです。

a0005487_1941929.jpg

そしてシメ↓は「のっぺ汁」(左手前)と「わっぱ飯」(わっぱめし)です。

新潟の「のっぺ汁」はキリッと冷たいのが特徴で夏でも食べるそうです。
なので、定食に付いている暖かい味噌汁も一緒に出てくるという事態に。。

さらに上越では、里芋のぬめりが出ないように煮て葛でとろみをつけるそうで。
見た目は単なる野菜の煮汁とはいえ、なかなか奥が深いご馳走でした。

a0005487_194544.jpg

「わっぱ飯」は、薄口のダシで炊いたごはんに具材をのせて蒸したもの。
今回は「穴子のわっぱ飯」を頼みました。ごちそうさまー。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-11-18 20:23 | とにかく!満腹

新潟 その4  (^^_ 。・


二人が新潟旅行を満喫しているその頃、猫屋敷では監視カメラがとんでもないメに。。

a0005487_2338167.jpg

↑姫ちゃんがカメラに気付きました。
スマホからカメラをリモコンできるものの、まだ何もしていません。

a0005487_23383719.jpg

↑それなのにカメラの向きが変わっちゃったのはナゼ??

a0005487_23385677.jpg

↑姫ちゃん、その目つき怖いよ~。
カメラが部屋を見下ろしていることにご注目ください。そして次の瞬間↓。

a0005487_23391857.jpg

↑カメラが床の上にワープしました。何が起きたか大体想像がつきます。

a0005487_23393812.jpg

↑ハ~イ。いつものカワイイ姫ちゃんで~す。てへペロ。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-11-17 23:42 | 猫たちのこと

新潟 その3  (^^_ 。・


さらに燕喜館の続きです。外に出ると案の定、雨の夕暮れ時です。
↓まるで雪が積もったように苔蒸した灯篭が美しいです。でも何かヘン。

a0005487_10581526.jpg

そばに寄って見ると、苔ではなく灯篭自体が焼き物!
釉薬が白濁して苔のように見えたんですね。そういえば庭の灯篭も白かったなー。

a0005487_1058522.jpg

↓境内に戻ってみると、もう明かりが灯っていました。

a0005487_10591572.jpg

北風の中、家路を急ぐサラリーマンたちと一緒にバスで駅へ。
駅前の 須坂屋 で へぎそば を食べてホテルに戻りました。

こちらでは宴席の締めに へぎそば と天ぷらを食べるそうで閉店が深夜1時だとか。
深夜1時、、、とっくに夢の中でした (汗) 。


>>>まだまだ続く
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-11-15 07:14 | お祭り

新潟 その2  (^^_ 。・


前回に続いて燕喜館です。 ↓北国らしく縁側なのに屋内なのが実にイイ感じ。

a0005487_1033845.jpg

↓正面の奥には公園の池があって、池の傍にはあずま屋も控えています。

a0005487_1034618.jpg

↓見上げると見慣れないカラクリが。 あー、ダイニングのペンダント灯によくあるヤツですね。

a0005487_104836.jpg

↓古びているものの実に趣き深い細工です。 天井が高いぶん配慮をしてあるのでしょうか。

a0005487_1041926.jpg

↓庭のほうへ目を向けると、少し暗くなってきました。そろそろ宿へ帰りましょうか。。

a0005487_1044871.jpg

↑なにやら立ち去り難げな まてちゃ です。


>>>つづく
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-11-14 10:18 | お祭り

新潟 その1  (^^_ 。・


唐突ですが新潟へやって来ました。
まだ夕食には早いので、まてちゃ の薦めで 白山神社 へ詣でることに。

日本海側ならではの分厚い雲と、時折激しく降る雨の中、
今まっさかりの紅葉の何と見事に映えること。

a0005487_2093157.jpg

総鎮守を名乗る古社だけあってさすがに立派なお社です。
そしてこの時期の神社といえば、、、巫女さん、、、じゃなくて、、、そう七五三です。

a0005487_20113179.jpg

ここで七五三をするとハローキティの絵馬がもらえるそうですが、
うーん興味ないなぁ。。 マオの子供たちも、もうじき5歳なんですけどね。

a0005487_20125526.jpg

境内を散策していると何やら立派な建物が目に入りました。
明治40年代頃に建てられた燕喜館(えんきかん)という建物を移築したそうです。

a0005487_20234270.jpg

玄関を訪ねて見学を申し出ると何と無料。天井が高く広々としていて豪華です。
最初の部屋のシャンデリアも豪華でありながら品があります。


>>>次回へつづく
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-11-13 20:29 | お祭り

縁 その2  (^^_ 。・


新しいクルマを見てきました。が、その前に。。。

前のクルマは廃車なので、クルマ屋さんの社長さんがおっしゃるに
「大事な荷物は降ろして下さい。それとお別れも言ってあげて下さいね。」

百里航空祭からの帰りに高速道路でホワイトスモークを吐いておシャカになった
トヨタの白いカムリ 1.8Ci LUMERE から乗り換えたのが96年12月8日。

なんと16年間も頑張ってくれた日産ブルーバード 1.8FEサルーンSV です。
発売から数えると何と21歳。よく仕えてくれました。

a0005487_10513678.jpg

車内は↓こんな感じです。まてちゃ と二人で泣いたり怒ったり笑ったりしました。

a0005487_10515562.jpg


片付けが終わって事務所で書類の打ち合わせをしました。
ところが。。。。

a0005487_1115040.jpg

社長さんの膝に乗ってきた彼女、何とも言えず偉そうです。
そのうち社長さんと話してるんだか彼女と話してるんだか、わからなくなってきました。

聞けば何度もクルマにぶつかって大ケガをしたのに構わず出歩くそうで、
さすがはクルマ屋さんの社長、、、じゃなくて飼い猫だなぁと思いました。

いよいよ新しいクルマとのご対面。同じブルーバードの今度は白です。
欲しくて買おうと思いつつ却下されたナビも今度は標準で装備しています。

イイねイイねー、を連発しつつあれこれ見て、そろそろおいとますることに。
ハラヘッタねー、と立ち寄ったメシ屋の駐車場で見たものは。。。。

a0005487_11274272.jpg

よく晴れた秋の午後でした。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-11-12 11:08 | 乗り物

縁  (^^_ 。・


車検の見積りが出ました。なんと18万円越え。

長年苦楽を共にしたクルマとはいえ
4月にキャブレータが詰まってオーバーヒート、
8月にはブレーキオイルのマスターからオイル漏れ、
10月にはガソリンタンクを満タンにするとガソリン漏れ、
助手席のシートベルトもベロベロに伸びきりました。

日産車特有のゴムホースを2個の金具で固定する方式が、
結果としてゴムホースを痛めていて、あちこちボロボロです。

思ったとおりに走ってくれて最も信頼できるクルマとはいえ、
走行距離も16万キロ直前。金額は別にしてももう限界のようです。

で、まてちゃ と相談して乗り替えることにしました。
クルマ屋さんのお勧めと我々の好みが一致したのが同じ日産のセダン。

クルマ屋さんからのメールで「コレならいいね」と決めましたが、
まてちゃ が思い出したのは、N女史と同じクルマだということ。

この土地を買う時に、あちこち案内してくれた営業担当のNサン。
Nサンとのご縁は土地や家、そしてブッチもNサンが連れてきました。

クールでダンディなクルマ屋さんの社長サンが電話をくれました。
「オークションでイイのが出ているのでコレでいいですか?」

数時間後、珍しく興奮した様子で社長さんがおっしゃるには
「手に入れました。付くモノは全部付いてます。タイヤもバリモン履いてますし。」

明後日どんなクルマか見てきます。
ついでに前のクルマの写真も撮ってきます。

みるくやオルカやブッチを乗せて走り回ったクルマでした。
本当に長い間ご苦労さまでした。

今回は、きっとブッチと いっぷく の父が取り持ったご縁でしょう。
猫好きだった親父にブッチが色々報告したんだしょうね。きっと。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2012-11-02 21:22 | 乗り物