<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

羊毛布団を手洗いしてみた (^^_ 。


※※ ご注意 ※※

 この方法は、捨てるしかない布団に対して素人が試してみたもので、
 もしかすると布団を痛めてしまうようなキケンな方法かもしれません。
 この記事をご覧になって「ウチもやってみようかな」とお考えの方は、
 下のご注意をよくお読みいただき、すべて自己責任でお願いします。

・風呂場で洗剤を使う際には足元が滑りますので転倒しないよう充分にご注意ください。
・濡れた布団は想像以上に重いので、干す場所や用具には事前に確認が必要です。
 特に、ランドリー・スタンドや木製・プラスチック製の柵や塀などに干さないでください。
 重さに耐え切れずに壊れたり、壊れた破片や重い布団が落下してケガをしたりします。
・ベランダなどに干す場合も下を通る人などに当たらないようシッカリ固定してください。



【1:バカ猫のバカ尿】

6年ほど前にニト○で買った厚さ5cmほどの羊毛布団です。

バカ猫のオシッコで十数カ所も汚れてしまい
部分洗い&天日干し&ファブリ○ズでゴマカしていましたが、
蒸し暑い夜などニオイが蘇ってしまって眠れやしません。

ある寝苦しい夜、こともあろうに マイ・ハニー が熟睡しているところへ
またもショォオオーっとやらかしやがりました。

マイ・ハニー もさすがに声を荒げて飛び起きて
風呂場で部分洗いした布団はとりあえずそのままにして
床でコロンと眠りに戻りました。

大きな声で言います。
マットレスは2枚とも捨てざるを得ませんでした。
2枚しかない敷布団のうちの1枚がこのザマ。
残るはたった1枚だけ。。。。まるで学生アパートです。

翌日「布団丸洗いOK」なコインランドリーに行ってみたら
化繊や羽毛は洗えるけど羊毛はダメ、と書いてあります。
あーそーなの。ふーんだ。


【2:捨てるのも大変】

家に帰ると、風呂場からすさまじいニオイがします。
バカ尿のニオイと濡れた羊毛のニオイが入り混じって
まるで動物園のオリの中にいるようなニオイです。

布団を干したところでニオイが完全に消えるわけもなく
そのニオイがすればトイレだと勘違いするバカ猫もいます。
決めました。もう捨てちゃおう。(もちろん布団のほうです)

ところが地元では布団は粗大ゴミの扱いです。
こんなものに名前を貼って集積所に置いたら大ヒンシュクだし、
クルマで清掃センターに持ち込むにしてもクルマが可愛そすぎます。

かといって、また干すのもねぇ。。。


【3:とにかく洗う】

最近の洗濯用洗剤は、すすいだあとも成分が残っていて
汚れがつきにくくしたり、こするといいニオイがしたりするようになっています。
ということは、完全にすすがなくても身体に有害ということはなさそうです。

また、びっしょり濡れた布団の重さは大人ひとり分ぐらいありますが
憎らしいヤツの胸ぐらをつかみあげる要領で、風呂場の床に引きずり倒します。

あちこち水溜りができるくらいまでたっぷりシャワーを掛けて
2度ほど水洗いしてから洗剤を掛けて洗い、すすぎに2度ほど水洗いします。

洗い方のコツは、中央から端へ水を押し出すようにし、放射状に繰り返します。
もちろん、雑巾がけのように両手を使っても、立ったままで足踏みしてもかまいません。
a0005487_1915290.png

【4:水分を減らす】

最後に徹底的に水分を押し出して、布団を持ち運べる程度まで軽くします。
生地が破れないように注意しながら4ッ折りくらいにたたんで
体重をかけて水をしぼり出します。

このあと、濡れた布団を風呂場から物干しやベランダまで運ぶので
途中の部屋の床にタオルなどを敷き詰めたり、
濡れてもかまわない服装に着替えておくと気が楽です。


【5:干す】

a0005487_1924058.png

当たり前ですが、水分は日があたる場所や上のほうから乾いていくので
裏表や縦横を入れ替えながら、まんべんなく乾かしていきます。

上の図で水色に塗ってある濡れた部分を上に持ち上げて
布団をW字型に4ッ折りにした状態でヒモ等で留めておくのも効果的でした。

結局、今の季節でもウチのベランダだと2昼夜ほどかかりましたので
夜のあいだ干しっぱなしにもできず、家の中の干し場所に苦労しました。


【6:結果】

何とかうまく洗えたようです。生地も無事だし、洗剤とお日様のいいニオイがします。

細かいことを言えば、最後まで水分が残った四隅にギザギザの洗いジミが残ったことと、
全体がなんとなーくユルーくデコボコしているような感じがすることでしょうか。

洗いジミは布団カバーで隠せるし、デコボコも人が寝押しすれば直るでしょう。
何よりも一円もお金を使わなかったのが嬉しいですねー。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2013-07-24 19:04 | その他

マオ母さんの悩み (^^_ 。


大和の主砲、バカ尿の破壊力はとどまるところを知らず、
一日に5~6箇所、一晩に2度も人間様を砲撃するようになりました。

いっぷく が嫌な顔をするので まてちゃ が夜中コッソリ洗濯して大和を庇うのですが、
部分洗いした洗濯物が風呂場で臭っていれば、寝起き最悪な いっぷく でも気付きます。

悪臭や日に3度の洗濯、家中の防尿対策は飼い主の責任なので仕方ありませんが、
問題なのは、その臭いに他の猫もさすがに苛立ってみんなで大和を総攻撃することです。

ビビった大和は他の猫のお気に入りの場所まで砲撃し、また総攻撃に合うという悪循環。
マオお気に入りの洗濯機の上のカゴもタオルを洗濯したぐらいでは臭いがとれません。
それにファブリ○ズをシュッシュしたくらいじゃ猫の嗅覚はゴマカせないようです。

a0005487_828595.jpg

まあ、洗面所は冬場お湯を使った余熱目当てにマオが入ることは希にあるので、
夏はホーローが冷たくて快適でしょうけれど、せっかく居間はクーラーが効いてるのに。

先週の月曜日の夜、まてちゃ が2度も砲撃されました。
夜中に部分洗いしたらしい濡れた羊毛布団のケモノ臭が家中プ~ンと漂っていました。

火曜日、仕事から帰ってみると閉めきって出掛けたせいか
家中にモワ~ツーンとくるバカ尿の臭いと布団のケモノ臭、さらに兄弟ゲンカの形跡が。

まるでTVドラマの犯罪者が潜伏している部屋のようでした。
まてちゃ と相談して、とにかくメディカル・チェックを受けることにしました。

ゴールデン・ウィークに偶然採れたバカ尿を掛かりつけの獣医さんに持ち込んで
検査してまっシロだったのですが、今度は沈静下で腎・肝・生化学の検査を頼みました。
結果はやはりまっシロ。獣医さんも状況を理解してくれて色々と相談した結果。。

可哀相ですが、しばらくケージで別荘暮らしをしてもらうことにしました。
週末に洗えるものはすべて洗ったら他の猫もそれなりに落ちつきました。
風呂に入る前に着替えを置いておいても布団を敷いてから入っても大丈夫です。

ところが。大和自身は兄弟が怖いらしく餌を少し食べるとケージのある2階へ逃げます。
水のある風呂場や猫トイレに連れていこうとすると嫌がります。
特にオシッコは48時間以上していないので生命の危機なのですが。。

昨夜 まてちゃ が寝ずに撫でてやった甲斐あってようやくウンチが出ました。
オシッコは、どうやらケージの中のタオルにしたものが、
自分で内側に隠したら乾いてしまっていたようなので、まずはひと安心です。

a0005487_952176.jpg

今朝のマオ母さんです。風呂と引き戸の間で寝ていました。
顔向けできなくて穴があったら入りたいのでしょうか?それとも涼しいから?
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2013-07-23 09:07 | 猫たちのこと

夏本番 (^^_ 。


a0005487_2112719.jpg

更新をサボっているうちに梅雨が明けて、さらに1週間が経ちました。
そして判明した衝撃の事実。

以前からウチをパトロールのコースに勝手に入れてやがるコです。

耳のうしろに茶色があるのでミケ子だと思っていたのですが、
茶色い部分は毛ではなく地肌だったらしく今はもう見当たりません。

a0005487_21123444.jpg

どうりでサカリにしては長く続きすぎるワケです。

ウチのコたちがコイツが来るたびに大騒ぎしていたのは、
ムフフな意味ではなく反撃だったんですね。

さて、ウチの畑では梅雨明けと同時にジャガイモを掘り上げました。
その畑の一部分、ナスのコーナーです。

a0005487_2112594.jpg

毎年支柱の構造は工夫しているのですが、
何といっても まてちゃ がコツコツと世話をしたおかげです。

ご近所でも畑を始めた方がいました。
ただその手袋、中指立てるのはマズいんじゃ?

a0005487_21132846.jpg

ところでウチのコたちといえば。

大和クンのバカ尿が大発展、ついに いっぷく の仕事カバンにも。
お客さんから預かった書類にまで浸みてしまいました。

激怒した いっぷく に閉め出された大和クン、
一度は帰ってきたものの兄弟たちの総攻撃にあい帰宅できず。

a0005487_21135344.jpg

兄弟たちが食事に気をとられているスキに帰宅できましたとさ。
その後バカ尿はしてないようですが、、、信用できませんねー。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2013-07-14 21:14 | 田舎暮らし