タグ:銀行見聞記 ( 3 ) タグの人気記事

銀行見聞記 その3 (^^_ 。


前回ちらっと書きました銀行ATMのドジっ子ぶりです。

ドラマのモデルにもなった真っ赤な看板の都市銀行の
山手線の某駅前にあるキャッシュ・コーナーでのこと。

サラリーマンだったオイラは昼休みの時間を使って
口座Aから10万円を引き出して口座Bへ入れました。

キャッシュカードを入れボタンを押すと
ガーーダバダバダバという音がしてお札が出てきました。

このダバという音は機械がお札を一枚数える音で
ダバが10回聞こえればお札が10枚出ることになります。

ただ、10枚の一万円札の束は一枚ずつ数えなくても
手で持った感じで何となーくわかりますけどね。

そのあと、別のキャッシュカードを入れてボタンを押し
お札をバサッと投入口へ入れて再びボタンを押しました。

よりにもよって、このタイミングでトラブル発生です。
キャッシュカードも戻らず投入口も閉じたまま
画面にはインターホンで連絡しろと表示されました。

ちょうど給料日なこともあって後ろは大行列です。
インターホンの受話器を取ってもなかなか繋がりません。
ようやく繋がると「係の者」が40分後に来るそうで。


昼休みが終わる時刻になり人もまばらになりました。
キャッシュ・コーナーでイライラしているオイラを
あとから来た人が睨みつけながら用を済ませて帰ります。

50分後、ジャンパーにウエストポーチ姿のオジサンが
落ち着かない様子でオイラの氏名と生年月日を確認し
バックヤードに入って何やらゴソゴソし始めました。

やがてATMがウイーンウイーンと動きだして
キャッシュカードが無事に戻ってきました。

そしてバックヤードから戻ったオジサンが言うには
ATMの機械の中には9枚しかなかった、の一点張りで
その9枚をオイラに押しつけて帰ろうとしました。

ちょ、ちょい待てよ!あと1枚は?
さすがにキレ気味にオジサンに訊ねると
名刺を交換して後日連絡をもらうことになりました。


翌日、担当の若い男性から確認の電話がありました。

「間違いなく10万円引き出したんですか?
 10枚というのは確認したんですよね?」

イラッとしたオイラは思わず剣呑に言い放ちました。

「数えなきゃいけないモンなんですか?
 引き出しじゃなくて預け入れの故障ですよ?
 バックヤードは普通の人は入れない密室なんだし
 密室全体のお金の出入りを確認できないんですか?」

さらに翌日、同じ担当から電話がありました。

「○○様のおっしゃる方法でチェックしましたところ
 機械の裏側に1枚落ちていたそうですので
 ご入金の口座残高を変更しておきました。」


いいのか?そんなんで。
だいたい昼休みプラス1時間半を犠牲にしてまで
オジサンのいい加減な仕事に付き合わされるなんて。

何だかグチっぽくなってきてしまったので
銀行ネタはこれでオシマイにします(汗)。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2013-10-04 22:47 | 喜怒哀楽 | Comments(2)

銀行見聞記 その2 (^^_ 。


前回に続いて「格好より本音」なクチの悪い課長です。
「8ケタの電卓なんか銀行に持って来るな」とか
「小遣いは女房にもらうんじゃなく麻雀で稼げ」とか
文字だと凶悪なことをニコニコ楽しそうに言います。

ただ、一部の職業の方と同様に目だけは鋭かったです。
一瞬で相手の強みや嘘を見抜いてしまいそうな感じのする
警察官とか○○○とか、そういった方とよく似た目でした。

お客様なので敬語を使うと「時間のロスだ」と怒ったり
「○なの×なの?どーしたいの?」と書類を投げたり
それでもニコニコ笑顔を絶やさず本当に楽しそうでした。

たまたま課長と二人きりで昼食に行った時のことです。
前々から不思議に思っていたことを質問してみました。
まだ当時はなかったコンビニATMに関することです。

どこの馬の骨ともわからん知識のないバイトなんかに
お客様の大切なお金を扱わせるわけないでしょ。
機械は正しいかもしれないけど合わなかったらどうすんの。

その数年後コンビニATMが一気に普及しました。
ところが必ずしも機械が正しいとは限りません。
滅多にあることではないものの、とんでもないことをします。
このお話はまた次回書くことにして。。

学業成績さえ良ければ銀行員になれるとは限らないようで
例えば某人気ドラマの主人公の奥さんは元銀行員。
一瞬しか放映されなくても実家はかなりの資産家のようでした。

実際に女子行員の皆さんは、裕福な実家から毎日通勤していて
JRの新しい駅から1里四方は○○ちゃんのパパの土地
などという、スーパーお嬢サマがいたりしました。
銀行員としての責任を負うだけの資格、ということでしょうか。

今年の夏にアルバイト店員の非常識写真が話題になりました。
さすがにコンビニATMは警備会社が厳重に管理しているので
投稿ネタとして使われることはない、と思いたいところです。
某国向けATMみたいに自爆装置が必要になると物騒ですから。

それと、都市伝説だと思っていた、名字でなく名前の表記。
確かに金・富・宝・夢などという字はあまり見かけませんでした。
まあ、こちらはキラキラ・ネームな子たちが就職する頃には
すっかり事情も変わっているでしょうけれど。

士農工商の上に金融がくる、といわれたのがバブル時代でした。
そのようなカースト制度が大して長続きしなかったのは
良かったのか悪かったのか、神のみぞ知る、ですね。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2013-10-03 00:12 | 喜怒哀楽 | Comments(0)

銀行見聞記 その1 (^^_ 。


某ドラマの大ヒットで銀行員という職業が注目されていますね。
昔々、仕事で数年ほど政府系の某銀行へ通ったことがあります。
それもドラマと同じく本店の融資に関係した部署でしたが、
もうその銀行もなくなっているので思い出話ということで。。

我々業者と行員半々の混成チーム長は一流国立大出の課長で
「××銀行」と同じ名前の「××不動産」という会社が販売した
高級分譲地にお住まいの、細身で鋭い感じの男性でした。

朝8時から夜11時まで机を並べて仕事をしていて
IDカードの色以外は大体のところ平等に扱ってもらえたし
家族より長く一緒にいるせいか皆すぐに仲良くなりました。

そしてある日「格好より本音」が身上の課長が愚痴ったのは
奥さん同士が元同期だという左隣の家のダンナはまだ支店勤務で
ダンナ同士が大学から同期の右隣の家は奥さんが出て行ってしまい
休日に家にいても落ち着かないという、超がつく職住接近なお話。

当時の大企業では当たり前のことでしたが、行員の皆さんは
エレベーターホール脇の行員用ATMでお金をおろしたり
本店の地下にあるクリーニング屋さんや床屋さんへ行ったり
仮眠室やシャワー室で休憩してもノー・プロブレムでした。

とはいえ、夜11時には一旦ぜんぶの照明が切れたり
朝6時には全員が建物の外に出されたりしていました。
今思えば警備の都合というかセキュリティ対策だったようですが、
当時はこんな怪談がまことしやかに囁かれていました。

朝当番の女子行員が出勤したところ居室の照明が点けっぱなし。
とある机が散らかっているので不審に思って近づいてみると
そこには冷たくなった同僚の遺体が。。。

当時の企業戦士はそういう存在だったので不思議ではありませんが
今のご時世なら過労死は大問題ですよね。
しかもクチの悪い課長が言うには「中途半端に倒れるなら死ね」

この課長、次回も炸裂します。
[PR]
by nekoyasiki_ippuku | 2013-10-01 11:33 | 喜怒哀楽 | Comments(0)