人気ブログランキング |

庭石菖

a0005487_112053.jpg

以前「まてちゃ」に好きな花を訊ねられ、あれこれと思い浮かべて、
ヒマワリ、オオイヌノフグリに続いて答えたのが、ニワゼキショウ。
もちろん庭だけでなく玄関先にも愛らしく咲いているので、パチリ。

「まてちゃ」はご幼少の砌、お母さんから「マメショウブ」と教わって、
「いっぷく」と知り合う以前まで、ずっとそう呼んでいたそうなのだが、
今では、野花にありがちな方言や別名の類、ということにしてある。

ナンキンアヤメ・ヒヨドリバナ・ヒメショウブ・コゴメバナ等とも呼び、
細い葉がセキショウ(サトイモ科)に似ているために付いたそうで、
直径2~3ミリほどの真ん丸い蕾は、確かに豆を連想させられる。

小花ながらスッと伸び、暑い陽射しや強い風に凛として顔を上げ、
控えめながら色美しく、心がなごむのは「まてちゃ」に通じるかも。


いっぷく
by nekoyasiki_ippuku | 2004-05-27 11:22 | 庭の花たち


<< 合図(0^~^0) 108つの煩悩(0^~^0) >>