人気ブログランキング |

空からもお祝い:地鎮祭(0^~^0)

前回の契約で、もう終わったのかと思いきや、実は金消があった。
金消を無事終えて、土地の権利登録も行った。

地鎮祭を行い、家を建てることを土地の神様に届け出ることに。
宮司さんがいらして、よく通る声で祝詞をあげてもらう。

ローンを組んだ人=施主になるので、途中で私の名前が読み上げられる。
こういうときってなんか照れくさい。
玉ぐしをささげながら、ニヤニヤしてしまった。
祝詞を上げている最中に、C-1やら、C-130(ともに輸送機)、T-4(訓練機)などが秋晴れの空に派手に舞い、まるでお祝いに駆けつけたよう。

地鎮祭の御饌には、立派なお頭付きの鯛がつき、その日の夕飯は鯛の塩焼きとあいなりました。鯛丸ごと一尾なんて、何年ぶりだろうか?

土地の神様、よろしく。

実は、この土地を訪れた3回目のときに、決めるかどうか考えあぐねていた。
そのとき、米軍機であろうC-130がこの土地の上で思いっきり旋回し、背中を見せるほどのバンクをかました。
古い知り合いにカメさんという人がいる。バリバリのバイク兄さんで会うたびに職場や、昔の武勇伝を聞かされる。べらんめぇの人だが、気さくないい人である。
どうしようか?と悩んでいる時に、このC-130が気合十分のバンクをかました。
まるで、カメさんに
「なぁに、やってんだよ!おら!来いよ!」と言われた気がした。
「悩んでる場合じゃねーだろ。俺はいつでも見にきてやるよ!」空からそう言われた気がした。
この土地に決めた理由の1つは、この日のC-130の旋回飛行である。
(他の人に言ったら笑われそうな理由でもあるが)
地鎮祭の時も
「おらぁ、めでてぇなー!」と言いにきたような気がした。
念のためだが、カメさんはバリバリにお仕事中のはず。


空の仲間、やっほー!!
by nekoyasiki_ippuku | 2006-12-03 21:55 | 田舎暮らし


<< ライブ感   (^^_ 。・ 女性が好きよ:無事借金者になる... >>